FC2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

世界史のミラルクワールドー日本とソ連に学んだ軍人・蔣介石③

ダウンロード 
蔣介石

 北伐の完成後、蔣介石は「中華民国」の中心にあって独裁的な権力を振るい、アメリカ・イギリスの支援と浙江財閥の援助によって中国共産党との戦いを進めていく。

  1931年、満州事変が起こり日本の中国侵略が開始されてもそれとの対決を避け、共産党勢力との戦いを優先(「安内攘外」策という)し、日本軍と塘沽【タンクー】停戦協定を締結した。

ダウンロード 
長征

 一方で共産党への攻勢を強めて、1934年には瑞金の共産党政府を西遷(長征)させ、延安に追いやった。

 翌1935年には蔣介石は支持基盤である浙江財閥の財力を背景に、懸案の通貨統一(幣制改革)を行い、中国の経済的統一を図った。

張学良 
張学良

 かつて父の張作霖を日本軍の謀略である張作霖爆殺事件で殺されていた張学良は拠点の満州を日本軍に奪われ、東北軍を率いて易幟【えきし】を行って国民党政府とともに戦うことを表明したが、肝心の蔣介石が共産党との内戦を優先させて日本軍との戦いを極力避けていることに不満を持っていた。

 1935年8月、共産党は八・一宣言をを出して、内戦停止・抗日民族統一戦線結成を呼びかけた。当時西安にいて、長征を終えて陝北に着いた共産党討伐を命ぜられていた張学良は、これに感動し、抗日のための共同行動を共産党と密かに相談するようになっていた。

西安の蒋介石(左)と張学良(左) 1936年12月 
西安の蔣介石と張学良

 1936年12月4日、共産党の討伐が進まないことに業を煮やした蔣介石が、国民党軍を督励するために西安に乗り込んで来た。

 張学良は十七路軍の楊虎城とともに内戦停止を訴えたが容れられず、12月12日、兵を動かして蔣介石を監禁し、内戦を停止すること、南京政府を改組し諸党派共同しての救国にあたること、政治犯の釈放、民衆愛国運動の解禁など8項目を要求した。


ダウンロード 
周恩来

 蔣介石は当初拒絶したが、張学良の要請で西安に来た共産党の周恩来(かつて黄埔軍官学校で蔣介石の部下だった)らが説得、蔣介石夫人の宋美齢も上海から飛行機で駆けつけて夫を説得し、8項目に合意し釈放された。

 張学良は「兵諌」(兵を勝手に動かし、上官に諌言したこと)の責任を負って軍法会議にかけられることを望み、蔣介石に同行し、以後国民党の監視下に置かれる。この張学良が身を挺して蔣介石に内戦停止を迫ったことが、中国を勝利に導く大きな転換点となった。

 ちなみに、張学良は戦後も国民政府と共に台湾に移って軟禁状態で生涯を送り、2001年に100歳で死去している。

ダウンロード 
カイロ会談

 1937年に日中戦争が始まると毛沢東の指導する共産党との第2次国共合作に合意、抗日戦争を指導した。日本軍の攻勢を避け、重慶に政府を移し、援蔣ルートによるアメリカ・イギリス・ソ連の支援を受けて抵抗を続けた。

 1941年に第二次世界大戦に拡大すると連合国の一員となり、19433年11月にはカイロ会談に参加して英米首脳と対日戦後処理を話し合った。1945年7月のポツダム宣言には署名で加わった。

ダウンロード (1) 
重慶会談で祝杯をあげる蔣介石(右)と毛沢東(左)

 1945年の日本軍降伏後も、両軍は一触即発であったが、とりあえず軍事解決を棚上げして、8月末に蔣介石と毛沢東による重慶会談を開催し、ようやく10月に「双十協定」を締結して、「政治協商会議」を開催して統一の道筋を探ることとなった。
 
 
1946年1月、国共両党および他の党派の代表が集まり、政治協商会議が開催され、統一政府の設立では合意が成立したが、それぞれの軍事力の統合では利害の対立が明確になった。

ダウンロード 
ジョージ=マーシャル

 共産党はその支配下の解放区で、「減租減息」(小作料と利息の減額)を実施して民衆の支持を広げていった。アメリカも国共内戦の勃発を恐れ、マーシャル特使を派遣して斡旋を試みた。

 しかし最終的な合意に至らず、ガラス細工のような国共協調路線も、ついに破綻を迎え、1946年6月26日、本格的な国共内戦が再び勃発した。

ダウンロード  
人民解放軍に占領された南京の総統府
 
 当初は国民党が圧倒的に優位で(兵力は国民党430万、共産党120万、支配地域の人口は国民党約3億3900万、共産党約1億3600万)、おおむね共産党から見れば1対3であり、状況は厳しかった。1947年6月には共産党の拠点延安も陥落した。

 しかし、共産党はソ連が支配している東北地方に勢力を移して反抗の準備を強化した。こうして1949年9月から有名な、遼瀋戦役・淮海戦役・平津戦役の三大戦役で人民解放軍が勝利し、1949年1月31日、国民党の北京守備隊は自らの判断で降伏、共産党人民解放軍が無血入城した。

 さらに人民解放軍は、国民政府の首都南京に4月24日に入城、国民党首脳は広州、さらに重慶に逃れて抵抗したが、12月までにほぼ国民党軍を降伏させた。
 
20090126113600.jpg 
 台湾中正紀念堂の蒋介石像

 この間、毛沢東は1949年10月1日、北京で中華人民共和国の樹立を宣言、一方の蔣介石は重慶などを経て、12月に成都から、息子の蔣経国とともに飛び立ち、台湾に逃れた。

 蔣介石は1950年3月1日、台北で総統に復帰し中華民国を存続させ、1975年に死去するまで独裁権力を誇った。

ダウンロード (1) 
台北の国立故宮博物院

 蔣介石は紫禁城(故宮)の所蔵品を戦火から守るべく重要文物を南方へ疎開させ、1933年2月から5月までの間に1万3,427箱と64包に及ぶ所蔵品が、上海を経て南京に運ばれた。 

 1937年に日本軍が南京に向けて進軍してきたために、所蔵品は再び運び出されて80箱が四川省の巴県に、9,331箱が楽山に、約7,287箱が峨眉の計3カ所に避難させられた。

ダウンロード (2) 
国立故宮博物院の名品・翡翠白菜

 第二次世界大戦後、運び出された所蔵品は重慶を経て再び南京・北京に戻されたが、国共内戦が激化するにつれて、蔣介石の形勢が不利になったため、1948年秋より中華民国政府は北京の故宮博物院から第一級の所蔵品を精選し、5,525箱の文物が3回に分けて台湾に運び出された。

 したがって、故宮博物院の所蔵品は、中華人民共和国北京市と中華民国台北市の2カ所に別れて展示されている。これとは別に所蔵品の一部は、国共内戦後の中華人民共和国建国後の混乱のため、北京市に戻すことができず、現在も南京博物院の管轄下で南京市に保管されている。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2021/05/04 05:08 】

中国近現代史  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

世界史のミラルクワールドー日本とソ連に学んだ軍人・蔣介石②

ダウンロード  

 北伐の過程で、1927年3月24日に南京事件、4月3日に漢口事件が起こって、日本人の生命財産が侵害された。同じく租界を攻撃されたイギリス初め各国の公使は会議を開き、守備兵力の倍増がフランス公使によって提議された。

 この時、日本の政権は憲政会の第1次若槻内閣であり、幣原喜重郎外務大臣は不干渉主義を保持していた。

ダウンロード 
田中義一

 4月20日、若槻内閣に代わり立憲政友会の田中義一内閣が誕生した(外相は田中が兼任)。

 国民革命軍が山東省に接近すると、5月27日、政府は山東省の日本権益と2万人の日本人居留民の保護及び治安維持のため、山東省への陸軍の出兵に踏み切った。日本軍が山東省に進出して牽制したために、国民党の北伐は一時中止された。

 翌1928年4月、北伐が再開され、国民革命軍が山東地域に迫ってくると、田中内閣は第2次山東出兵を実行した。5月には、日本軍の一部は済南まで進出し、国民革命軍と軍事衝突し済南事件が起こった。日本側は23名、中国側は1000名の死者を出した。

ダウンロード (1) 
破壊された済南城南門

 山東出兵で派兵された日本軍は最終的には約10万にふくれあがり、中国側死傷者は約5000人を超えた。中国兵及び中国の民衆は日本兵・日本人に対する憎しみを募らせ、居留民保護どころか、在留邦人がしばしば襲撃され、それを受けて日本軍が増強されるという悪循環を重ねた。

 中国民衆は憤激したが、蔣介石は日本軍との全面衝突を避け、本隊は済南を迂回させ、北京を目指すこととし、1928年6月8日、北京に入城した。ところが、その4日前の6月4日に満州某重大事件が起きる。

ダウンロード 
張作霖

 張作霖は祖父の代に奉天近くに移住してきた漢人で、貧しい農民として生まれ、若くして馬賊に加わり、勇気と行動力でその頭目にのし上がった。馬賊とは満州の平野を騎馬で疾走する武装盗賊団のことだが、彼らは単なる盗賊ではなく、有力者に雇われて縄張り内の貨物や人員の輸送の護衛を請け負い、「保険隊」ともいわれた。

 張作霖はさらに有力者の娘と略奪婚で結婚し、質屋や油屋も営んで財を設け、配下を増やしたという。彼は義和団事件以後ロシアの満州進出に備えて清朝が馬賊を正規軍に編入した時に帰順し、次第に奉天を中心とした大勢力となり、辛亥革命後はたびたび北京進出をねらい関内に入った。はじめ直隷派と結んで安徽派段祺瑞政権を倒し、ついで直隷派と争って1924年には北京の実権を握り、27年には大元帥となった。

ダウンロード 
 炎上する張作霖の乗った列車

 1928年6月4日、北伐軍に追われ北京を撤退し、奉天(現在の瀋陽)に戻る途中の張作霖が列車ごと爆破され殺された。当時の日本では事件の詳細は報道されず「満州某重大事件」または「奉天事件」といわれただけで、その真相を国民が知ることはなかった。

 その事実が判明したのは第二次世界大戦が終わった後のことであった。

ダウンロード 
河本大作

 戦後の東京裁判などの過程で、この事件は日本の関東軍(南満州鉄道の保護などを目的に設置された日本の軍隊)の河本大作参謀が中心になって実行された犯行であったことが明らかになった。
 当時日本の関東軍は、満州で最も有力であった奉天派の軍閥・張作霖を利用して満州における支配権を強めようと画策していたが、張作霖は日本に非協力的であり、役に立たないと判断し、その張作霖が蔣介石に北京を追われ、満州に戻ってくる機会に一挙に葬って満州の実権を握ろうとしたのであった。この謀略を、関東軍の河本大佐らは政府や陸軍上層の許可を取らずに単独で実行した。

 
しかし国際的には日本の謀略であることが疑われ、政府・陸軍も河本大佐の単独犯行であると認めざるを得なくなり、ひそかに河本を退役させた。しかし、日本の不利益になるとして軍法会議にかけることはしなかった。

 田中義一内閣の処置に不満を持った昭和天皇が直接首相を難詰したため、田中首相は総辞職するという結果となった。


張学良 
張学良

 張作霖の後を継いだ息子の張学良は、親の恨みがあるから、日本の言うことを聞くはずがなかった。彼は日本の執拗な妨害・恫喝に屈することなく、歳も押し詰まった12月29日、「易幟【えきし】」を行った。

ダウンロード 
五色旗(左)と青天白日満地紅旗(右)

 易幟とは、旧来の北京政府時代の国旗「五色旗」に代えて、南京国民政府の新しい国旗「青天白日満地紅旗」を掲げることである。つまり張学良は南京政府を中国の中央政権と認め、その東北地方の支配者として行動する、との意志表示をしたわけである。ここに北伐が終わり、南京政府による中国統一が完成した。

 このように関東軍の謀略は何の効果もなく、かえって満州情勢を不利なものにする結果を招いた。関東軍はそのような状況の悪化を一気に覆すため、高級参謀の土肥原賢二や石原莞爾などが新たな謀略を進め、1931年に満州事変を引き起こし、中国への侵略を開始することとなる。(つづく)


↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
続きを読む ⇒

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2021/04/30 05:04 】

中国近現代史  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

世界史のミラクルワールドー日本とソ連に学んだ軍人・蔣介石①

ダウンロード (1) 
日本留学時の蔣介石

 蔣介石は1887年10月31日、塩や酒を扱う商人の子として浙江省で生まれた。母親が教育熱心であったことから、蔣介石は6歳から私塾や家庭教師に習い、中国の古典を学んでいった。実家は裕福であったが、父は蔣が9歳のときに亡くなり、以後は母の手によって育てられた。当時の中国の封建的な社会において、母子家庭の暮らしは厳しいものであった。

 10歳から16歳にかけて生地にあった毛鳳美の塾で学び、1902年には毛鳳美の娘の毛福梅と結婚。1904年からは浙江省に設けられた新制の教育機関である鳳麓学堂で英語や数学を学び、その後寧波の箭金学堂で西洋法律を学んだ。

 1907年に日本に留学し、陸軍士官学校の予備校として清朝が東京に設立した振武学堂を卒業、一年間にわたり新潟県高田の日本陸軍野砲兵連隊で士官候補生として入隊した。
ダウンロード 
辛亥革命(武昌蜂起)

 日本で孫文が結成した中国同盟会に加わり、1911年に辛亥革命が起こると直ちに帰国して軍事面で活躍した。一方で上海で株の取引に関わったり、秘密結社である青幇【チンバン】のリーダーの杜月笙【とげっしょう】らと交遊し、清濁併せ呑むタイプだった。その後、中国国民党の軍人として孫文に従い、1923年には国民党の訪ソ団に加わってソ連赤軍を視察し、トロツキーから赤軍の組織原理を学んだ。

 11月25日のコミンテルンの席上、蔣が国民党を代表して行った演説が公然と批判された。この演説で蔣は孫文の三民主義を語り中国革命の意義を説いたのだが、ソ連では孫文と三民主義に対する評価は決して高いものではなかったのである。

 蔣はロシア語を学び、『共産党宣言』や『マルクス学説概要』を読んだりしていたことから、「赤い将軍」や「中国のトロツキー」とまで呼ばれていたが、孫文が批判されたことに衝撃を受け、ソ連への不信と共産党に対する警戒感を強くして中国に帰国した。

ダウンロード 
軍官学校時代の蔣介石(右)と周恩来

 1924年5月、蔣介石は第1次国共合作で革命軍養成のために設立された黄埔軍官学校の初代校長に就任した。黄埔軍官学校はソ連の支援の下につくられたため、共産党員も教官となっており、後に西安事件で監禁された蔣介石を説得した周恩来は政治部副主任を勤めている。

 1925年3月12日、孫文が北京で客死。孫文死後、左右の対立が表面化したが、左派優位のもと、1925年7月、広州に汪兆銘を主席とする国民政府が誕生した。しかし、 1926年3月、蔣介石は中山艦事件を起こして汪兆銘を失脚させ、革命的左派分子を逮捕・追放して、軍・政両権を掌握した。

ダウンロード (1) 
五・三〇事件を風刺した当時の プロパガンダポスター

 一方、上海では1925年5月、日本人経営の在華紡の工場でのストライキ中に日本人監督が中国人組合指導者の一人を射殺するという事件が起きている。それに抗議した学生が抗議行動をおこなって多数が逮捕された。

 その裁判が行われた5月30日、青島でも日本資本の紡績工場で争議中の労働者が奉天派軍閥の保安隊によって射殺される事件が起き、抗議行動が一気に爆発し1万人の市民・労働者が集まった。上海南洋大学の学生を先頭にした「上海人の上海を」や「租界を回収せよ」と叫ぶデモ隊と上海租界のイギリス警官隊が衝突、警官隊の発砲によって13名の死者が出た。

 この事件(五・三〇事件)を契機に上海総工会(労働組合)ではゼネストを指令、イギリス・日本・アメリカ・イタリアの各租界当局が陸戦隊を上陸させ弾圧した。運動は香港にも広がり、ストライキを弾圧するイギリス・フランス軍により52名の労働者が殺害された。

 五・三〇運動と呼ばれるこの運動は、労働者・市民・学生が立ち上がった反帝国主義運動であり、世界に衝撃を与えた。

ダウンロード 

  蔣介石は1926年7月、北京を支配する軍閥政府の排除をめざし、「北伐」を開始。共産党員の指導する農民運動に支援されて軍閥打倒は順調に進み、1927年3月には上海・南京を占拠した。

 ダウンロード
宋靄齢(右は夫の孔祥熙)

 その頃、上海では五・三〇運動を指導した共産党が勢力を拡大し、北伐軍が到着する前、周恩来などに指導された労働者が武装蜂起、軍閥軍を撃退し臨時政府を樹立していた。

 3月26日、蔣介石が上海に入ると、資本家の団体である上海総商会は彼に早期の安定回復を求めた。特に浙江財閥を代表する宋家一族の長女、宋靄齢【あいれい】は蔣介石個人に財政援助を申し出るとともに、労働運動によって上海租界が回収され、貿易に支障をきたすことのないよう訴えた。

 共産党指導下の労働組合である上海総工会は、蔣介石に反対して大規模なストライキを計画していたという。

e4ea1543987c47d787e796133eef32d8.jpeg 
杜月笙

 また国民党内でも共産党の行動を「行き過ぎ」と批判する声が強まった。北京大学学長を辞任し国民党の元老となっていた蔡元培は非暴力の立場から、共産党が国民革命を破壊していると批判した。

 こうした内外の圧力を背景に、蔣介石は共産党との決別を決意した。4月12日、戒厳令を実施させると自らは上海を離れて、共産党弾圧の汚れ役は、杜月笙【とげっしょう】の率いる秘密結社青幇【チンバン】などに押しつけた。

ダウンロード
上海クーデタ時の共産党員たち

 国民党第26六軍は武装労働糾察隊を武装解除し、糾察隊員数十人を殺害した。13日、上海の労働者はこれに対しゼネストで抗議し、10余万人がデモに移った。蒋はこのデモ隊にも発砲し、閘北【こうほく】宝山路で100余人を殺した。こうして12日からわずか3日間で3000余人が殺され、5000人が行方不明となった。周恩来は脱出に成功したが、共産党は上海から排除されてしまう。

 クーデタから6日後の4月18日、蔣介石は南京に国民政府を樹立。汪兆銘が1927年1月に設立した武漢政府にはなおも共産党員が残ったが、同年7月には離脱し、第1次国共合作はこれによって瓦解した。

ダウンロード 
宋家の三姉妹

  上海クーデターで共産党を排除することに成功した蔣介石と、上海の資本家浙江財閥の結びつきは強まり、同年9月、蔣介石と宋靄齢の妹の宋美齢との結婚が成立した(最初の妻・毛福梅は1921年に死去。2度目の妻・陳潔如とは宋美齢との結婚のために離婚した)

 宋姉妹の次女宋慶齢は孫文夫人であったので、蔣介石は孫文の義理の弟ということになり、中華民国指導者としての正当性を獲得するという、絶大な政治的効果を生んだ。

 なお宋美齢は若い頃アメリカで育ち、英語が堪能なクリスチャンであった(その影響で蔣介石もクリスチャンになった)。西安事件で蔣介石が監禁されたときは自ら西安に飛び、共産党と交渉したり、日中戦争の時期はアメリカで盛んに中国支援を訴えた。2003年10月、ニューヨークにおいて103歳で亡くなっている。(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2021/04/27 05:10 】

中国近現代史  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

世界史のミラクルワールドー革命いまだならず・孫文②

 ダウンロード
袁世凱

 1912年1月1日、南京に中華民国の臨時革命政府が樹立された。

 他方、地方が雪崩をうって独立していく状況の中で、清朝に残された道は、当時下野していた最高実力者袁世凱に頼る以外にはなかった。

 総理大臣として再び政治の表舞台に登場した袁は、卓越した政治手腕を発揮して革命派と清朝の双方から譲歩を引き出しながら、自己の立場を強化していった。

 ダウンロード
宣統帝

 こうして袁世凱と革命派の間で妥協がはかられた結果、1912年2月12日に皇帝退位に関する三つの上諭が発せられ、清朝最後の皇帝であるばかりか中国の「ラストエンペラー」ともなった宣統帝が退位し、約270年に及ぶ清朝の歴史はその幕を閉じた。

ダウンロード (1) 
袁世凱が臨時大総統に就任

 ついで、孫文は臨時大総統を辞職し、3月10日に北京で新たに袁世凱が臨時大総統に就任したのである。

 袁世凱の野心を警戒していた孫文は、北京から南京に来て首都とすることを約束させていたが、袁世凱はそれを守らず、北京に居座って実質的な首都としてしまった。

 ダウンロード (2)
宋教仁

 孫文は袁世凱の独裁に抵抗するため、1912年8月に中国同盟会などの政治結社を統合して国民党を結成した。袁世凱も妥協して暫定憲法として議会制度を採り入れた臨時約法が制定され、1913年に初めての選挙が実施されると国民党が第一党に躍り出た。

 し
かし、この事態を恐れた袁世凱は実力で議会を解散させ、国民党の指導者宋教仁を暗殺した。国民党側では各地で武装蜂起して袁世凱政権と戦ったがいずれも弾圧されてしまった。この袁世凱独裁政権を倒す蜂起を第二革命と言っている。弾圧を逃れた孫文はやむなく1913年日本に亡命、東京で秘密結社として中華革命党を結成し、革命運動を継続した。

 
袁世凱は1913年10月には正式に大総統に就任。さらに翌年には臨時約法を廃止し、新たな憲法として中華民国約法を制定、独裁権力を強化した。

ダウンロード (3) 
段祺瑞

 1914年、第一次世界大戦が勃発すると袁世凱政権は中立を宣言したが、日本はドイツ基地のある青島を占領、さらに翌15年に袁世凱政府に対し「二十一カ条の要求」を提出した。5月、最後通牒を突きつけられた袁世凱政府はそれを受諾、激しい非難を受ける。袁世凱は帝政宣言を発して乗り切ろうとしたが、第三革命と言われる袁世凱帝政反対運動が起こり、日英露仏の列強も帝政に反対したためあきらめざるをえなかった。

 失意の内に袁世凱は1916年6月6日に死亡、北京政府は軍閥安徽派の段祺瑞【だんきずい】に継承され、軍閥の抗争が続くこととなる。

 孫文は1917年に広東軍政府を樹立し、大元帥となって北京の段祺瑞軍閥政府に対抗したが失敗し上海に逃れた。

ダウンロード 
北京大学生のデモ

 1919年1月の第一次世界大戦のパリ講和会議には、中国は北京政府・広東政府合同の代表を送った。国民はウィルソンの提示した「民族自決」の原則に期待し、代表団は不平等条約の撤廃、山東省の旧ドイツ権益の返還、二十一カ条の無効を訴えた。しかし、4月29日、イギリス・フランス・アメリカ・日本の四ヶ国会議で中国の主張は退けられ、日本の中国での権益はほぼ認められた。

 そのことが中国に伝えられると、5月4日、北京大学の学生3000人あまりがデモをおこない、パリ講和会議の山東に関する条項の承認を拒否し、売国奴を処罰することを政府に要求するとともに、彼ら自身で人民による処罰を実行したのである。

 趙家楼にある曹汝霖(交通総長)の邸宅が焼かれ、章宗祥(駐日公使)は大衆に殴打された。しかし30数名の学生がデモの途中で北京政府に逮捕された。

ダウンロード 
五・四運動

 北京市旧城内におけるこの日の行動は、ただちに全国にひろがり、これ以後、一連の行動が開始された。6月3日には学生は授業を放棄して街頭で山東の返還、日本製品ボイコットを口々に訴え、商店は一斉に抗議の店じまいをし、労働者はストライキによって呼応し、上海は都市機能がストップ、他の都市にも動きは広まった。
6月10日、北京政府はついに民衆の要求に屈し、売国奴とされた3人を罷免、28日にはヴェルサイユ条約の調印を拒否した。

 上海で五・四運動を目撃して、人民大衆のもつエネルギーを認識した孫文は、かつて東京亡命中の1914年に結成した中華革命党が秘密結社的であったのを反省し、三民主義を掲げながら、より大衆的な政党として、1919年10月10日に中国国民党を結成した。

 ダウンロード
ヨッフェ

 孫文はブルジョア民主主義の立場であったが、1921年コミンテルンの使節マーリンと会談し反軍閥・反帝国主義を掲げる中国共産党との共同戦線に傾いていった。

 1922年には上海で李大釗【りたいしょう】・陳独秀と接触、1921年1月にソ連代表ヨッフェとともに「中国にとって最も緊急の課題は民国の統一と完全な独立にあり、ソ連はそれに対して熱烈な共感をもって援助する」という共同声明を発表した。

 孫文は広東にソ連から政治顧問ボロディンらを迎え、共産党との連係を進める。共産党も1923年、コミンテルンの指示で国民党との「合作」を決定し、全共産党員が個人の資格で国民党に加入することにした。

ダウンロード 
第一次国共合作

 孫文は、1924年1月、中国国民党一全大会を広州で開催し、共産党員の加入を認める改組(国民党改組)を行い、「連ソ・容共・扶助工農」を加えた新三民主義を掲げて国共合作が成立した。この段階から中国革命は新たな国民国家の建設を掲げた、「国民革命」と言われるようになる。

ダウンロード 
軍官学校時代の蔣介石(右)と周恩来

 第1次国共合作は、国民党が共産党を吸収するという形で行われ、新たな国民党役員の中に共産党員が党籍を持ったまま加わった。中央委員24名中、李大釗ら3名、同候補17名中、毛沢東ら7名が共産党員であった。

 また国民革命の中核となる革命軍の幹部を養成するために黄埔軍官学校を設立、校長は国民党の蔣介石、政治部副主任に共産党の周恩来が就任した。

ダウンロード 
晩年の孫文(1924年)

 民族の独立と民衆の平等という国民革命の目的を実現するために、1924年11月10日「北上宣言」をおこない、12月4日に北京に到着、国民会議開催に着手した。

 この時、北京に入る前に日本に来た孫文は、神戸で有名な「大アジア主義講演」を行っている。日本に対して「西洋覇道の走狗となるのか、東洋王道の守護者となるのか」と問い、欧米の帝国主義にたいし東洋の王道・平和の思想を説き、日中の友好を訴えた。
 
ダウンロード 
中山陵

 この頃すでに孫文はガンに侵されており、有名な「革命未だならず、同志はすべからく三民主義の貫徹を期すべし」との一節を遺言に記し(実際には汪兆銘が起草した文案を孫文が了承したもの)、3月12日北京に客死した。享年58歳。

 霊枢を北京より南京城外の中山陵に移すにあたり、3月31日国民政府中央党部で告別式を行い、国賓の礼を以て中国に渡った犬養毅が祭文を朗読。 霊柩は犬養毅、頭山満の両名が先発して迎え、イタリア主席公使と蔣介石と共に廟後の墓の柩側に立った。

ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね! 

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2021/04/23 05:11 】

中国近現代史  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

世界史のミラクルワールドー革命いまだならず・孫文①

ダウンロード 
孫文

 孫文は1866年に広東省香山県の貧農の家に生まれ、9歳にして父を亡くした。1878年、14歳の時に移民として成功していた兄を頼ってハワイに渡った。同地の高校で学び西洋思想に目覚めたが、母や兄が西洋思想、特にキリスト教に傾倒する孫文を心配し、1883年、19歳の時に中国に戻された。

 孫文はアメリカの民主主義社会の空気を体験して広東に戻り、香港の医科専門学校を首席で卒業し、マカオで開業して繁盛した。しかし、清仏戦争の頃から、個人を救う医師よりも危機の中国を救う国医となるほうが大切だとして、政治問題に関心を持つようになり、1894年、再びハワイに渡り華僑を中心に興中会を組織して、清朝打倒に立ち上がった。

 1895年日本との講和に反対して広州で武装蜂起したが失敗し、日本・アメリカを経てロンドンに渡り、同地の清国公使館に一時拘禁された経験を『ロンドン被難記』で発表し注目された。

ダウンロード (1) 
宮崎滔天

 1897年、宮崎滔天【とうてん】の紹介によって政治団体玄洋社の頭山満と出会い、頭山を通じて平岡浩太郎から東京での活動費と生活費の援助を受けた。また、住居である早稲田鶴巻町の屋敷は犬養毅が斡旋した。

 1899年、義和団の乱が発生。翌年、孫文は恵州で再度挙兵するが失敗に終わった。以後、革命資金を集めるため世界中を回った。

 1905年にヨーロッパから帰国をする際にスエズ運河を通った際、現地の多くのエジプト人に喜びながら「お前は日本人か」と聞かれ、日露戦争での日本の勝利がアラブ人ら有色人種の意識向上になっていくのを目の当たりにしている。孫文の思想の根源に日露戦争における日本の勝利があると言われる。

ダウンロード (2) 
中国同盟会の結成

 1905年、ヨーロッパでの中国人留学生への運動を終えて日本に来た孫文は、同じく亡命中の華興会の黄興・宋教仁らと会談、革命勢力の大同団結を目指すことで一致した。

 7月30日、東京赤坂の黒竜会で約70名の中国人留学生に宮崎滔天や内田良平なども加わり、同盟会の準備会を開いた。清朝の打倒、共和政を目指すことでは直ちに一致したが、「平均地権」という孫文の提案は社会改革に及ぶ点なので同意を得るために時間がかかった。

 ついで8月20日、同じく赤坂の代議士坂本金弥宅で300名の代議員が集まり、正式な結成大会を開いた。孫文が総理、黄興は副総理格の庶務幹事となり、各省ごとの代表を置いた。正式には中国革命同盟会と称したが、「革命」という語が人々に恐怖心をあたえることを警戒して、対外的には単に中国同盟会と称した。

ダウンロード (3) 
『民報』創刊号

 機関誌『民報』は1905年11月26日、日本東京で創刊され、孫文は刊行にあたり初めて「民族の独立・民権の伸張・民政の安定」の三民主義を提案している。また、同盟会は綱領として「駆除韃虜・恢復中華・創立民国・平均地権」の四大綱領を掲げた。

ダウンロード (1) 


 1900年に義和団事件に際して清朝は列強と戦って敗れ、ついに政権内部でも立憲君主政への移行を模索する光緒新政といわれる動きが始まった。科挙の廃止や憲法大綱の制定など、一定の近代化を実現したが、清朝による満洲人の支配に対する漢民族の不満は解消されなかった。

 20世紀初頭、中国の民族資本家は利権回収運動を展開し、中国分割によって列強に奪われた鉄道敷設権や鉱山採掘権などの利権を中国人の手に回収しようとした。ところが、1911年に清朝政府が外国資本(四国借款団)を財源とした鉄道国有化政策を打ち出し、回収されたばかりの粤漢【えっかん】鉄道と川漢鉄道がターゲットになると、湖南、広東、湖北などの民族資本家や学生が中心となって国有化反対の運動が起こった。

 その中で最も激しい暴動が起こり、辛亥革命の発火点となったのが1911年8月の四川暴動であった。

 
ダウンロード 
武昌蜂起

 四川暴動を鎮圧するために、政府は武漢駐屯軍に出動命令を出したが、武漢軍の中核をなす新軍には革命支持派が多く、ついに10月10日に新軍が反旗を翻し、武昌を占領、指揮官黎元洪【れいげんこう】が満州人国家に代わる漢人国家として中華民国の成立を布告した(正式には中華民国軍政府湖北都督府)。

 この年が辛亥の年に当たっていたため、ここから始まった革命は辛亥革命といわれることになる。

ダウンロード 
中華民国軍政府湖北都督府の成立

 この報せは直ちに全国にもたらされ、各地で革命派が蜂起、翌月までに13の省が相次いで清朝からの独立を宣言した。

ダウンロード
袁世凱


 しかし、各省独立の実権を把握するものは多くは立憲派であり、革命派は実質的指導性をほとんど失っていたのが実情である。蜂起1カ月後の11月9日には、武昌で擁立された新軍指揮官黎元洪の名によって各省への呼びかけが行われたりした後、漢口において臨時政府組織大綱が定められ、袁世凱を大総統とする方向が決定された。

 一方、革命派は革命に際して上海・広東・安徽・四川などで指導的な地位を得るにとどまっていたが、情勢の変化から上海に各省代表を集めて南京に臨時政府の設立をはかり、謹厳実直で兵士に人気のあった黎元洪を軍政府都督に選出し、両者の対立と紛糾を招いた。


ダウンロード (1)  
中華民国臨時政府一次内閣の閣議 

 武昌蜂起に始まる侵害革命を孫文が知ったのはアメリカ滞在中のことであった。革命派に参加する省が増えるにつれて人事問題も再燃して難航したが、アメリカからロンドン経由で孫文が帰国したのは1911年12月25日で、翌日、総統選挙が行われ、17省のうち16省の票を孫文が獲得して当選した。

 孫文に対する革命派の期待は彼への人間的信望はもとよりであったが、彼が海外華僑からの資金を獲得するのに貢献するであろうとの期待があった。帰国した孫文には自らが総統になる気持ちもなく、財政問題については、確かに海外での募金活動も行ったが成果はなく、むしろ外交交渉に自らの役割を身い出していたから、彼に対する周囲の資金待望の空気をみて、「私には金はない。だが、革命精神だけは多すぎるくらいだ」と言い放っている。

 選挙結果は孫文にも予想外のことであったが、革命に賛同する民衆の希望が彼に集まったということであろう。こうして、1912年1月1日、孫文を臨時大総統とする中華民国が南京に成立し、アジア初の共和国の誕生をみたのである。(つづく)

ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2021/04/20 05:14 】

中国近現代史  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫