FC2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カトマンズ④ ボダナート


3月2日(日)

ボダナート4 

 午前9時20分、ヒマラヤ遊覧飛行で天空を征したような気分になって、こんどは心を浄めるためボダナートへ。 カトマンズ渓谷にある高さ36メートルのネパール最大のストゥーパ(仏塔)だ。

2008_03022008インド・ネパール0184

 このストゥーパはマンダラの構造をしている。4層の台座は地、直径27メートルの半円球のドームは水、西方を見据えるブッダの智慧の目が描かれた部分と13層の尖塔は火、その上の円形の傘は風、先端の小尖塔は空という、宇宙を構成する5大エネルギーを象徴しているんだって。地・水・火・風・空を「五大」とか「五輪」と言うんだけど、五輪と言ったってオリンピックじゃない。五輪と言ったら宮本武蔵の『五輪書』を思い浮かべる人もいると思うけど、その五輪だよ。

2008_03022008インド・ネパール0181  2008_03022008インド・ネパール0194
 もともとこのあたりはタマン族と呼ばれた人々が住む静かな農村だった。かつてカトマンズとラサを結ぶヒマラヤ越えの交易が盛んだったころは、チベットからの商人や巡礼者は必ずこここに立ち寄って、無事にヒマラヤ越えが出来たことを感謝し、帰りには再び寄って旅の安全を祈ったそうだ。

P1000438.jpg  
 ところが、1960年ころから多くのチベット人がこのあたりに住みつくようになる。なぜかって?1951年、人民解放軍がチベットに侵攻、「チベットは昔から中国の領土だった」という理由でチベットを制圧してしまう。このあと多くのチベット人が大量虐殺されていったんだけど、1959年に堪りかねたチベット人がついに蜂起する。しかし、中国はこれを徹底的に弾圧したため、ダライ=ラマ14世がインドに亡命した。この時に多くのチベット人がインドやネパールに亡命、ボダナートの周りにも多くのチベット人が集まって来て、だんだん賑わいを見せるようになった。だから、ボダナートの周りにはゴンパと呼ばれる僧院や土産物屋・喫茶店・宿屋などが軒を連ねている。ちょっとボダナートの周りを歩いてみよう。あっ、分かっていると思うけど、必ず右周りだよ。

2008_03022008インド・ネパール0180 

2008_03022008インド・ネパール0187 

2008_03022008インド・ネパール0196 2008_03022008インド・ネパール0182

2008_03022008インド・ネパール0189 

 屋根の上に法輪と「金色臥鹿」が金色に輝いているから、ゴンパ(僧院)だね。ちょっとチベット仏教の勉強してみようか。チベット仏教は昔ラマ教なんて呼ばれ、なんか怪しい宗教みたいに言われていた時代もあったけど、7世紀にインドから直輸入された正真正銘の正統派仏教。8世紀にインドから来た パドマサンバヴァ(グル・リンポチェ)が伝えたのがニンマ派(紅帽派)。13世紀にはサキャ派という派が力を持って、モンゴル帝国を懐柔することに成功。座主のパスパがフビライに国師として迎えられ、パスパ文字を作ったというのは世界史で勉強したよね。14世紀になると堕落したニンマ派にかわり、ツォンカパが戒律の厳しいゲルク派(黄帽派)を開いた。これが現在チベット仏教で一番大きな勢力となっていて、ダライ=ラマはゲルク派の座主なんだ。ボダナートの周りにはこのゲルク派・ニンマ派・サキャ派に加えカギュ派のゴンパもあって、チベット仏教の博覧会みたいになっている。時間があれば、1軒1軒ま覗いてみたいけどね。

ボダナート3


ボダナート1 

 マニ車があったので、廻してみる。マニ車については「チベット紀行」に詳しく書いたので、そっちを読んでね。

ボダナート5 

ボダナート6 

2008_03022008インド・ネパール0191 

ボダナート2 

 観光客が餌をやるから、やたらに鳩がいる。僕たちも餌を買って、鳩にあげる。これも功徳だよ。

 紙幣1

紙幣2 

 両替商がいたので、5ルピー紙幣を200枚買った。買ったという表現はおかしいけど、正規のレートよりも高く手に入れたから、やっぱお金でお金を買ったんだよね。全部新券。何に使うかって?僕に教えられた生徒ならみんな分かってるよね。定期試験の成績優秀者にあげるご褒美だよ。これ貰った優秀な子は、これ読んでるかな。(つづく)

【 2014/02/22 17:18 】

インド・ネパール  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

カトマンズ⑤ パシュパティナート

 3月2日(日)

kathmandu_26_2.jpg 

 午前10時30分、今回の旅の最後の目的地パシュパティナートへ。パシュパティナートはネパール最大のヒンドゥー教寺院であるばかりでなく、インド亜大陸にある4大シヴァ寺院のひとつ。シヴァ神については「ベナレスー祈りと怒り!!!!」で書いたので、そっちを読んでね。中に入ってみたいのはやまやまだけど、ヒンドゥー教徒以外は立ち入り禁止なんで諦めるしかない。今日だけ一日ヒンドゥー教徒になってもいいんだけど、僕をヒンドゥー教徒だと誰も信じてくれないだろうしね。

パシュパティナート  
 パシュパティというのは「獣の王」という意味なんだけど、シヴァ神の化身のひとつ。シヴァ神はこのあたり一帯のムルガスタリ森をこよなく愛し、金の角を持つ鹿パシュパティとなってこの地に遊んだそうな。ムルガスタリって「鹿の住みか」という意味だそうだけど、お釈迦さまが最初に説法されたサールナートも鹿野苑【ろくやおん】だから、鹿の住むところが修行の場として適してるんだろうな。だから、今でもムルガスタリ森の中でサドゥーと呼ばれる修行者が修行しているんだって。『地球の歩き方』にも、「修行中のサドゥーに出会うこともあるので、時間が許せばぜひ一週してみたい」と書いてある。


2008_03022008インド・ネパール0209 

 ほら、出会った。

2008_03022008インド・ネパール0208 

 
 ほら、ここにも。派手な顔して。でも、どうも胡散臭いな~。だって、カメラ向けたら、しっかりポーズして、その上チップくれと手を出しよった。あんたら偽サドゥーだろ。シヴァ神の罰あたらんのかい。

2008_03022008インド・ネパール0202 

 寺院の中に入れないんで、裏手に回ってみる。裏手にはガンジス川の支流のバクマティ川が流れている。まあ、今は乾季なんで、流れているとはお世辞にも言えないような状態だけどね。丸い石の台座の上で何かやってるけど、何してるんだろう?ご祈祷、占い、人生相談?

2008_03022008インド・ネパール0212 

 こっちでもやってる。どう見ても、右側の坊主頭がバラモンだと思うんだけどね。紐みたいな袈裟らしきものも着けてるしね。ところが、左手の帽子被ってるのが取り仕切ってるみたいだし、何なんだろう。現地ガイドに聞いときゃ良かった。

火葬1 

このパシュパティナートで最大の見物はバクマティ川に臨むアルエガートで行われる火葬の儀式。見物といったら語弊があるけど、ここの火葬の様子は写真に撮ってもいいんだ。インドのベナレスでは絶対撮影禁止だったけどね。同じヒンドゥー教なのに、インドとネパールじゃ考え方が違うのかな~。まあ、めったに見られるものじゃないし、手を合わせながら(手を合わせたら写真撮れんけどね)、撮影させていただいた。ガートには火葬台が4台あって、この日はフル稼働だった。だから、異臭を帯びた煙があたり一面にたなびいている。まず、ご遺体がガートに運ばれて来る。

2008_03022008インド・ネパール0213 

 ガートに降ろされた遺体。

2008_03022008インド・ネパール0215 2008_03022008インド・ネパール0214

 ご遺体の一部をバクマティ川に浸す。

2008_03022008インド・ネパール0216 
 
 日本でいったら喪主にあたる人物は髪の一部を剃り落とす。髪がちゃんと元に戻るまで、忘れることなく肉親の供養をするためだろうね、きっと。日本じゃ最近ろくに法事もしない人が増えてるけど、見習って欲しいもんだ。

2008_03022008インド・ネパール0204  

2008_03022008インド・ネパール0205 


2008_03022008インド・ネパール0206  

  薪を積んだ周りを1回右回りに回る。

2008_03022008インド・ネパール0207

 その後、ご遺体の上にも薪を積んで、さらに藁を積んで火をつける。

2008_03022008インド・ネパール0198  
  ヒンドゥー教徒は輪廻転生を信じているので、墓は造らない。遺灰はそのままバクマティ川に流される。と言っても、この流れでは流れて行かないんじゃない。でも、別にいいのか。魂が抜けた遺体には何の意味もないと考えてるからね。魂はそのうち何か別のものに生まれ変わり、永遠にこれが続く。あ~あ、しんど。という訳で、この永遠に続く生き死にの苦しみから解き放たれようと言うのが解脱なんだけど、宗教的な話はまた別の機会にね。

2008_03022008インド・ネパール0211 

 たくさんの鳩が寺院のまわりを飛び回っている。なんか、亡くなった人の魂を天空に運んでいるようにも見える。僕もいつかはこうやって煙になってしまうんだ、と考えたら、何となく切なくなってしまった。
 十分に火葬を楽しんで(この表現おかしいぞ)、空港へ。パタンに行っていた仲間と合流して、お昼は日本料理「田村」のお弁当をいただいたんだけど、これが昨日の昼飯と全く一緒。こら、手を抜くんじゃない。ちゃんと手配しろ。誰だ手配した奴は!!
 午後2時40分発のタイ航空320便(TG320)でバンコクへ。バンコクで午後11時発のタイ航空622便(TG622)に乗り換えて関空へ。関空に着いたのが3月3日の午前6時10分。無事に着きましたと言いたいんだけど、奥さんのスーツケースが待てど暮らせど出て来ない。どっか別の空港に行っちゃったみたいで、家に帰ってきたのが3日後。帰国してもお土産配れなくて奥さんイライラ。
 出発の時に僕のスーツケースは壊れるわ、奥さんのスーツケースはどっか行っちゃうわ、ベナレスで僕たちの飛行機の席は外人さんい行っちゃうわ、まあ散々な旅でした。お疲れさん。また、どっか行こう。(おわり)


【 2014/02/20 16:27 】

インド・ネパール  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
≪ 前ページ  | ホーム |