fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

仏のはからい 法華証明鈔②

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

法華証明鈔ほっけしょうみょうしょう

 しかるにこの上野うえのの七郎次郎は末代の凡夫、武士の家に生れて悪人と

は申すべけれども、心は善人なり。ゆえは日蓮が法門をばかみ一人いちにん

下万民しもばんみんまで信じ給はざる上、たま球究信ずる人あれば、あるい所領しょりょう

田畠たはた等にわづらひをなし、結句けっくは命に及ぶ人々もあり。信じがたきに

ちゝ故上野殿は信じまいらせ候ぬ。

 又此者このもの嫡子ちゃくしとなりて、人もすゝめぬに心中より信じまいらせて、上

下万民にあるひはいさめ、或はをどし候つるに、ついに捨つる心なくて

候へば、すでに仏になるべしと見へ候へば、天魔外道げどうが病をつけてをど

さんと心み候か。

 命はかぎりある事なり。すこしもをどろく事なかれ。又鬼神きじんめらめ、

此の人をなやますはつるぎをさかさまにのむか。又大火をいただくか、三世

十方の仏の大怨敵だいおんてきとなるか。あなかしこあなかしこ。

 此の人のやまいをたちまちになをして、かへりてまほりとなりて、鬼道きどう

大苦だいくをぬくべきか。其義そのぎなくして現在には頭破ずはぶんとがに行はれ、後生ごしょう

には大無間地獄だいむけんじごくつべきか。ながくとどめよ永くとどめよ。日蓮がことば

いやしみて後悔のちぐえあるべし、後悔あるべし。

二月廿八日

伯耆房ほうきぼう

【現代語訳】
命は限りあるものなり

 しかるにこの上野に住む※ 1郎次郎は、末代の凡夫であり武士の家に生まれて人を切っ

たり傷つけたりする悪人ではあるけれども、心は善人である。その理由は日蓮の法門を

上一人から下は万民に至るまで信じようとしないうえにたまたま信ずる人があると、

あるいは持っている地所や、あるいは田畠にまで難題をつけて取り上げ、結局は命まで

取られそうになる人々がいる。このように信じ難いのに、父である※ 2
上野殿は法華経を

信仰されたのである。

 またこの七郎次郎は、その父の※ 3
子としてだれも勧めないのに、心の底から法華経を

信じられた。周囲に大勢の人々からあるいは注意されたりあるいは脅迫されても、つい

に法華信仰を捨てる心がなかったのでてっきり仏に成るものとばかり思っていたのに

このたびは天魔外道が病気をおこさせて脅かそうとしているのであろうか。

 命は限りあるものである。少しも驚くことはない。また※ 4
神めらよ、この人を病気で

悩ますようなことをすれば、かえって鬼神めらは剣をさかさまに呑み込まされるか、ま

たは大火を抱くような目に遭うのであって、三世十方の仏の大怨敵となるであろう。た

いへんに恐ろしいことではないか。

 この七郎次郎の病気をたちまちのうちに治して、逆に守護神となり鬼病の大苦を抜き

去るべきである。この事を実行しなかったならば、現世では頭が七つに割れるという罪

科を受け、次の世では大無間地獄に落ち入るであろう。永くこの鬼病を中止させるべき

である。日蓮のこの言葉を軽く見るようなことをすると、あとで必ず後悔しなくてはな

らないことになる。後悔することになる。

二月二十七日

※ 5耆房に下す

【語註】

 ※1 七郎次郎:南条兵衛七郎の次郎(次男)、すなわち南条時光のこと。

 ※2 故上野殿:亡くなった南条兵衛七郎のこと。

 ※3 嫡子:正妻から生まれた家督を相続するべき子。南条時光は次男であったが、長
           男の七郎太郎が文永11年(1274)に亡くなったので、時光が嫡子となった。

 ※4 鬼神めらめ:
鬼神が法華経の信行者を悩ますと、仏の大怨敵となることを強調し
           たもので、ここからは鬼神めらに向かって厳しくあやまりをただしていることに
           なる。「頭破作七分」は陀羅尼品に説かれている。

 ※5 伯耆房:六老僧の一人である伯耆房日興のこと。南条時光の看病にあたっていた
          日興がこの手紙を時光に読んで聞かせたのであろう。

【解説】

 弘安5年といえば、10月13日に日蓮が入寂した年である。この手紙は、その8カ月ほ

ど前に書かれた。日蓮は弘安4年の春以来、体調が勝れず、身延の冬の厳しい寒さで病

状を悪化させて新年を迎えていたこの時も日蓮の体調は芳しくなかったのであろう。

この3日前の2月25日に、日朗に代筆させて、南条時光の看病にあたっていた日興に病

への対応を指示していたそれでも満足しなかったのであろう。28日になって日蓮は、

病を押して自ら筆を執ってこの手紙をしたためた。

 手紙の冒頭に「法華経の行者 日蓮」と記して花押がある。普通は文末に書く署名・

花押が最初の行に書かれているのは、「鬼神めらめ、法華経の行者日蓮の言うことをよ

く聞くがよい」という思いを込めているのであろう。

 はじめに、法華経を信ずる者は必ず成仏することを述べたあと、若い南条時光があま

たの迫害に挫けず法華経信仰を堅持したことを称讃する。そして、その南条時光を苦し

める「鬼神めら」を日蓮は、「剣を逆さまに呑む気か」「大火を抱える気か」「三世十

方の仏の大怨敵となる気か」と激しく叱責する。「頭破作七分となり、大無間地獄に堕

ちてもいいのだなーー」とまで迫って、時光の病を直ちに治すだけでなく、守護者とな

べきだとる詰め寄り、日蓮の気魄が文面にあふれている。

 この時、24歳であった南条時光は、この病に打ち勝ち、元気を回復し、74歳の長寿を

全うした。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/10/07 05:24 】

仏のはからい  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

仏のはからい 法華証明鈔①

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

法華証明鈔ほっけしょうみょうしょう

弘安5年(1282)2月28日、61歳、於身延、和文

 日蓮は南条時光が大病で伏しているとの報を聞き、自らの病状も顧みず、筆をとってしたためたのが、この手紙である。末代悪世に『法華経』を受持する者は、過去に十万億の仏を供養した人であると釈尊が語り、それを多宝仏が「皆是れ真実」と証明し、十方の諸仏も証明したことだと述べ、その『法華経』を心中より信じてきて仏となるべき南条時光を悩ます鬼神を厳しく叱責し、直ちに南条時光の病を治せと命じている。

                  法華経の行者 日 蓮  花押

 末代悪世まつだいあくせに法華経を経のごとく信じまいらせ候者をば、法華経の御鏡

にはいかんがうかべさせ給ふと拝見つかまつり候へば、過去に十万億まんのく

仏を供養せる人なりと、たしかに釈迦仏の金口きんく御口おんくちより出でさせ給ひ

て候を、一仏なれば末代の凡夫はうたがいやせんずらんとて、ここより東

方にはるかの国をすぎさせ給ひておはします、宝浄世界の多宝仏、わざ

わざと行幸みゆきならせ給ひて釈迦仏にをり向ひまいらせて、妙法華経皆是真みょうほけきょうかいぜしん

じつ証明しょうみょうせさせ給ひ候き。

 この上はなにの不審か残るべき。なれどもなを球究末代の凡夫はをぼ

つかなしとをぼしめしや有りけん十万の諸仏をしあつめさせ給ひ

広長舌相こうちょうぜっそうと申して無量劫むりょうこうよりこのかたながくそらごとなきひろく

ながくおおいなる御舌おんしたを、須弥山しゅみせんのごとく虚空おおぞらに立てならべ給ひし事は、

おびただしかりし事なり。

 かう候へば、末代の凡夫の身として法華経の一字二字を信じまいらせ

候へば、十万の仏の御舌を持物たもつものぞかし。いかなる過去の宿習にてかか

る身とは生まるらむとよろこびまいらせ候上、経文は過去に十万億の仏にあ

いまいらせて供養をなしまいらせて候ける者が、法華経ばかりをば用ひま

いらせず候けれども仏くやうの功徳莫大なりければ、謗法ほうぼうの罪に依りて

貧賤ひんせんの身とは生れて候へども、又この経を信ずる人となれりと見へて

候。

 これをば天台の御釈おんしゃくに云く、〔「人の地に倒れてかえって地よりたつがご

とし」〕等云云。地にたうれたる人はかへりて地よりをく。法華経謗法

の人は三悪さんなくならびに人天にんでんの地にはたうれ候へども、かへりて法華経の

御手にかゝりて仏になるとことわられて候。

【現代語訳】

多宝如来の証明

                          法華経の行者 日 蓮  花押

 仏が入滅なされてのち、世も末となって濁った悪い事の多い世に、法華経を経文の通

りに信仰する人が、法華経の鏡にはどのように映って見えるかといえば、過去の世で永

い間に十万億の仏を供養した人があると、確かに釈迦仏が自ら法師品の中でおっしゃっ

ておられる。しかしただ一人の仏の言葉だということになると、末世の凡夫は疑いの心

を持つであろうと考えられ、ここより東の方へ遥かにいくつもの国を過ぎた彼方にある

宝浄世界の※ 1宝仏が、わざわざおいでになられ、釈迦仏とご対面なされ、「妙法蓮華経

はみなこれ真実なり」と証明なされたのである。

 こうした点から考えても、このうえ何の疑問も残らぬはずである。それなのになお末

代の凡夫は頼りないものとお考えになられて、十方の諸仏を召集なされ、※ 2
長舌相とい

って無限の長い昔から今日まで嘘を言ったことのない広く長い御舌を、※ 3
弥山のように

大空に向かって立てられた事は、非常に大事な意義をもったことであった。

 このような次第であるので、末代の凡夫の身として法華経の一字でも二字でも信じるな

らば、十方の仏の御舌(つまり法を)たもつことになるのである。私はどのような過去

の世からの因縁によって、このような有難い身として生まれてきたのかと悦んでいる次

第である。そのうえ経文によると、過去に10万億の仏に会いたてまつって、供養をした

功徳により、法華経だけを信用したわけではないが、仏を供養した功徳があまりに大き

かったので謗法の罪によって今生には貧しく身分の低い者として生まれたのであるが

またこのように法華経を信ずる人となったものとみえる。

 この事を妙楽大師の法華文句記会本では「人が地に倒れて、かえって地より起き上が

るようなものだ」と解釈している。すなわち地に倒れた人はかえってその地から立ち上

がるものである。法華経を謗った人は地獄・餓鬼・畜生の三悪道に堕ち、ならびに人・

天の間をさまよい地に倒れるけれども、かえってそれが縁となり法華経の御手に導かれ

て、ついに仏に成ることができるとおっしゃっておられるのである。(つづく)

【語註】
 
 ※1 多宝仏:
多宝如来のこと。宝塔品で大地から大宝塔に乗って湧き出し、法華経の
           説法が「皆これ真実である」と証明した仏。東方宝浄世界の教主。

 ※2 広長舌相:仏の身に備わる十二相のひとつで、うそいつわりを言わないことの現
      われとされる。神力品に説かれている。真実で虚妄のないことを証明する舌相で
          ある。
 
 ※3 須弥山:仏教の宇宙観で、この宇宙の中心をなす巨大な山のこと。頂上に帝釈天
           の宮殿があるといわれている。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!

テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/10/05 05:37 】

仏のはからい  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

仏のはからい 妙心尼御前御返事②

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

妙心尼御前御返事みょうしんあまごぜんごへんじ

 入道殿は今生にはいたく法華経を御信用ありとは見え候はねども、過

去の宿習のゆへかのもよをしによりて、このなが病にしづみ、日々夜々

に道心ひまなし。今生につくりをかせ給ひし小罪はすでにきへ候ひぬら

ん。謗法の大悪はまた法華経に帰しぬるゆへにきへさせ給ふべし。ただ

いまに霊山りょうぜんにまいらせ給ひなば、日いでて十方をみるがごとくうれし

く、とくし(死)にぬるものかなと、うちよろこび給ひ候はんずらん。

中有ちゅううの道にいかなる事もいできたり候はば、「日蓮がでし(弟子)な

り」となのらせ給へ。わずかの日本国なれども、さがみ(相模)殿のう

ちのものと申すをば、さうなくおそるる事候ふ。日蓮は日本第一のふた

う(不当)の法師。ただし法華経を信じ候ふ事は、一閻浮提いちえんぶだい第一の聖人

なり。その名は十方の浄土にきこえぬ。定めて天地もしりぬらん。「日

蓮が弟子」となのらせ給はば、いかなる悪鬼などなりとも、よもしらぬ

よしは申さじとおぼすべし。

 さては度々の御心ざし申すばかりなし。恐恐謹言。

 さる(猿)は木をたのむ。魚は水をたのむ。女人はおとこをたのむ。

わかれのをしきゆへにかみをそり、そでをすみにそめぬ。いかでか十方

の仏もあはれませ給はざるべき、法華経もすてさせ給ふべきとたのませ

給へ、たのませ給へ。

八月十六日                     日 蓮 花押

妙心尼御前御返事

【現代語訳】
病と道心

ご夫君は、以前はあまり熱心に法華経をご信仰なさっているとは見えませんでしたが、

前生ぜんしょうで積んだ善行のおかげででもあるのでしょうか、このたびの長い病気を機縁とし

て日々夜々に法華経信仰に励む身となられましたもうこの世で犯した小さな罪は消え

てしまったことでしょういやそればかりではなく謗法の大悪といえども法華経に帰依

したことでお消しになったに違いありませんもし今この世を辞して霊山浄土においで

になったとしても太陽が昇って十方が明るく見渡せるように嬉しく早く死んでよかっ

たなとお喜びになることでしょう。万一浄土へ行く途中で支障が起こるようなことが

ありましたら「日蓮の弟子である」とお名乗りください。小さな日本国の中でも執権

北条時宗殿の身内のものに対しては意味もなく畏敬することがありますまして私は

俗的には日本一の反逆法師ですが法華経信仰の上では閻浮提第一の聖人ですそういう

日蓮の名は十方世界の浄土に響きわたっているはずですきっと天も地も知っているに違

いありません。だから「自分は日蓮の弟子である」とお名乗りになるならば、どんなに

恐ろしい悪鬼どもでも、まさか「日蓮などという者は聞いたことがない」などというこ

とはないでしょう。ご安心なさってください。

 それにしてもたびたびご供養の品をお届けくださる御志を、とてもありがたく思って

います。恐恐謹言。

追伸 猿は木を頼りとします魚は水を頼りとします。そのように、女性は夫を頼りとす

るものです。あなたはご夫君との永の別れを惜しんで、髪を切り、墨染の衣を着る尼僧

となりましたね。そのお気持ちをどうして十方の仏がお哀れみくださらないはずがあり

ましょうか。また法華経も決して自分を見捨てなさることはないと信じて、ひたすら信

行増進に励まれますように。

八月十六日                           日 蓮  花押

妙心尼御前御返事

【解説】

 妙心尼は駿河国在住と思われる女性檀越で、重病の夫と幼児をかかえて、夫の病気平

癒と後生善処および子の無事生育の祈願を日蓮聖人に請うていた。

 日蓮は業病を決して不治のものとあきらめる見方をとっていない。「定業ですら、よ

くよく懺悔すれば必ず消滅する」と言ったように、信ずる心の強さ、ひたむきさという

ものが病を癒やし、運命を切り開く精神のエネルギーとなり得ることを強調した。病め

る社会のただ中にあって、命を尊び仏の救いを信じて、自らを励ましていく生き方を貫

けるかどうか、病はまさにその試練なのだというのである。その意味で、「病は仏のは

からい」である。

 病気というのは人間にとって一つの身心にわたる危機に直面したということである

丈夫な時は、命や病気の苦悩に気づくことはない。いざ、病におかされて初めて、健康

のありがたさ命の尊さを思う自分はいったい今までに何ほどのことをして来たのか、

懺悔の念がわき起こる。そしてまた、悔いのない生涯をまっとうする人生をこと改めて

思い、誓うことがあるのではないか。「病によって道心がおこる」という意味はこれで

あろう。

 病気のわが身を見つめることは、自己の不遜なごう慢さや絶対化を否定して、限りあ

る命を真実の生き方にかけていくことであろう。妙心尼の夫が、病気から道心をおこし

て、法華経を信仰するに至った心の底は、このような思いであったに違いない。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!

テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/10/03 05:36 】

仏のはからい  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

仏のはからい 妙心尼御前御返事①

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

妙心尼御前御返事みょうしんあまごぜんごへんじ

建治元年(1275)8月16日(弘安元年の説もある)、54歳、於身延、和文

 夫の病気を心配する妻に宛てたもの。法華経への背信が最も重い病であると述べ、病身の夫が仏のはからいによって信ずる心を起こした点を示している。

 あわしかき(泡消柿)二籠ふたかご、なすび(茄子)一こ、給ひ候ひ了んぬ。

 入道殿の御所労の事。

 唐土に黄帝こうてい扁鵲へんじゃくと申せしくすし(医師)あり、天竺てんじく持水じすい耆婆ぎば

と申せしくすしあり。これらはその世のたから、末代のくすしの師な

り。
仏と申せし人はこれにはにるべくもなきいみじきくすしなり。この

仏不死の薬をとかせ給へり。今の妙法蓮華経の五字これなり。しかもこ

の五字をば「〔閻浮提えんぶだい人の病の良薬〕」とこそとかれて候へ。入道殿は

閻浮提の内日本国の人なり。しかも身に病をうけられて候ふ。「病の良

薬」の経文顕然なり。

 そのうえ蓮華経は第一の薬なり。はるり(波瑠璃)王と申せし悪王、仏

のしたしき女人五百余人を殺して候ひしに、仏、阿難あなん雪山せっせんにつかはし

青蓮華しょうれんげをとりよせて身にふれさせ給ひしかば、よみがへりて七日あ

りて
とう利天りてんに生まれにき。蓮華と申す花はかかるいみじき徳ある花にて

候へば、仏、妙法にたとへ給へり。

 また人の死ぬる事はやまひにはよらず。当時のゆき(壱岐)・つきま

(対馬)のものどもは病なけれども、みなみなむこ(蒙古)びとに一時に

うちころされぬ。病あれば死ぬべしといふ事不定なり。

 またこのやまひは仏の御はからひか。そのゆへは浄名経じょうみょうきょう・涅槃経ねはんぎょう

には病ある人仏になるべきよしとかれて候ふ。病によりて道心はをこり

候ふか。

 また一切の病の中には五逆罪と、一闡提いっせんだいと、謗法ほうぼうをこそおもき病と

は仏はいたませ給へ。今の日本国の人は一人もなく極大重病あり、いわ

ゆる大謗法の重病なり。今の禅宗・念仏宗・律宗・真言師なり。これら

はあまりに病おもきゆへに、我身にもをぼへず人もしらぬ病なり。この

病のこうずるゆへに、四海のつわもの(箇兵)ただいま来たりなば、王

臣万民みなしづみなん。これをいきてみ候はんまなこ(眼)こそあさま

しく候へ。

【現代語訳】

病の良薬

 泡消柿 あわしがき2籠、茄子 なすび1籠をお送りいただきました。御礼申し上げます。

 ご夫君がご病気とのこと、ご心配ですね。

 中国に黄帝※1※ 2鵲という医師がいました。またインドには持水・※ 3婆という医師がい

ました。この人々は、当時の世の宝であり、後の時代の医師たちの師表と仰がれる名医

です。ところが、仏は、彼らとは比べものにならないほどすぐれた大名医なのです。な

ぜなら仏は、不老不死の良薬ろうやくを説き遺されたからです。その良薬というのは、私たちの

目の前にある妙法蓮華経の5字のことです。そして仏は、ご自身で、この五字は「※ 4

提の人の病気に効く良薬である」と明言なさっていらっしゃるのです。ご夫君は、閻浮

提の一角を占める日本国の人です。しかも病気にかかっていらっしゃる。したがって、

仏の「閻浮提の人の病気に効く良薬」という言葉がぴったりと当てはまることになりま

す。

 そのうえ、蓮華経というお経の名になっている蓮華は、良薬中の第一の良薬です。

インドの※ 5
瑠璃王という悪王は仏の身近な女性たち500人あまりを殺しましたが、

仏が弟子の※ 6
難を雪山に遣わして青蓮華をとりよせ、女性たちの身に触れさせなさった

ところ、彼女たちは蘇生し、7日後には
 忉利天に往生したのでした。蓮華という花は、

このようにすばらしい功徳のある花ですから、仏はそれを妙法にたとえられたのです。

謗法の重病

 また、人が死ぬのは病気に限ったことではありません。最近の壱岐いき対馬つしまの人々は、

病気はなかったのに、みんなみんな蒙古人のためにたちまちに打ち殺されてしまいまし

た。このように、病気があるからそれで死ぬということでもありません。

 ところでご夫君のこのたびのご病気は仏のおはからいによるものかも知れませんよ。

なぜなら、※ 7名経や※ 8
槃経には、病気にかかった人こそが仏になれると説かれているか

らです。病気で悩むことによって仏道心が芽生めばえるというわけでしょう。

 また、一切の病気の中で、※ 9逆罪と、仏法を信じないことと(、正法を謗ることを三

大重病として仏は哀れんでいらっしゃいます。今の日本国の人々は一人の例外もなく極

大重病にかかっています。その病気とは、いわゆる大謗法という重病です。今の禅宗・

念仏宗・律宗・真言宗の人々がその患者です。彼らは、あまりに病気が重いので、重病

であることを自覚することができませんし、他人も気づかないでいます。この大謗法の

病気がこうじているので、もし今、外敵が攻めてきたならば、日本国は、王も民もすべて

の人々がみな滅ぼされてしまうでしょう。そういう惨状さんじょうを、生きていて目前にするの

は、まことにつらいことです。(つづく)

【語註】


  ※1 黄帝:
中国古代の伝説上の帝王。五帝の一人。姓は公孫。暴徒蚩尤【しゆう】
            を討ち神農【しんのう】にかわって帝位についた。医薬の創始者ともされる。

 ※2 扁鵲:中国・春秋時代の名医。過去世の持水・流水、釈尊時代の耆婆らとともに
         名医の代表としてあげられる。
 
 ※3 耆婆:釈尊在世中の名医でマガダ国の大臣となった人。父殺しの罪に恐れおのの
           く阿闍世王【あじゃせおう】を釈尊のもとへ行かせて入信させた。 

 ※4 閻浮提:宇宙の中央にそびえる須弥山【しゅみせん】の南方にある大陸であるの
           で南閻浮提ともいい、人間の住む世界。諸仏が出現するのはここだけであるとい
           う。 

 ※5 波瑠璃王:中インド・舎衛城【しゃえいじょう】の主。父の波斯匿王【はしのく
       おう】は釈尊の外護者で、釈迦族から后妃を迎えようとしたが、釈迦族はそれを
           嫌い、いつわって婢女を嫁がせた。それが末利夫人(まりぶにん)で、その子が
           波瑠璃王である。のちに真相を知った波瑠璃王は釈迦族を殺したり父王に迫害を
           加えたりした。

 ※6 阿難:
中インド・カピラ城の斛飯王【こくぼんのう】の子で釈尊の従弟にあたる
         (異説あり)。出家して釈尊の十大弟子の一人に数えられ、多聞第一とされる。

 ※7 浄名経:維摩経【ゆいまきょう】に同じ。浄名居士(維摩居士が、釈尊から遣わ
          された文殊師利菩薩との問答を通して、万法は不二であり一切は空であると説く
          経典。
 
 ※8 涅槃経:大般涅槃経の略称。釈尊が8年間かかって法華経を説き終わり、涅槃に
          入る直前の一日一夜にして説かれた最後の説法であるとされる。日蓮聖人は涅槃
          経を、法華経を後世に広める役割を担った経典として高く評価し活用している。

 ※9 五逆罪:五つの逆罪重罪)。父を殺す・母を殺す・聖者を殺す・仏の身を傷つけ
           て血を流す・僧団の和合を乱す。無間地獄に落ちる重罪なので五無間業【ごむけ
           んごう】ともいう。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!

テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/09/30 05:36 】

仏のはからい  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |