fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

厄と功徳 太田左衛門尉御返事③

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

太田左衛門尉御返事おおたさえもんのじょうごへんじ

 この方便品と申すは、迹門しゃくもんの肝心なり。この品には、仏十如じゅうにょ実相じっそう

の法門を説いて十界の衆生の成仏を明かし給えば、舎利弗等はこれを聞

いて無明の惑を断じ、真因の位に叶うのみならず、未来華光如来と成っ

て成仏の覚月を離垢世界の暁の空に詠ぜり。十界の衆生の成仏の始めは

これなり。当時の念仏者・真言師の人々、成仏は我が依経に限れりと深

く執するは、これらの法門を習学せずして、「いまだ真実を顕さず」の

経に説くところの名字ばかりなる授記を執する故なり。

 貴辺は、日来ひごろはこれらの法門に迷い給いしかども、日蓮が法門を聞い

て、賢者なれば本執をたちまちにひるがえし給いて、法華経を持ち給うのみ

ならず、結句は身命よりもこの経を大事と思しめすこと、不思議が中の

不思議なり。これはひとえに今のことにあらず。過去の宿縁開発せるに

こそ、かくは思しめすらめ。有り難し、有り難し。

 次に寿量品と申すは、本門の肝心なり。またこの品は、一部の肝心、

一代聖教しょうきょうの肝心のみならず、三世の諸仏の説法の儀式の大要なり。教

主釈尊、寿量品の一念三千の法門を証得し給うことは、三世の諸仏と内

証等しきが故なりただしこの法門は釈尊一仏の己証のみにあらず

諸仏もまたしかなり。我ら衆生の無始已来六道生死の浪に沈没せしが、

今、教主釈尊の所説の法華経にい奉ることは、乃往ないおう過去にこの寿量品

の久遠実成の一念三千を聴聞せし故なり。有り難き法門なり。


【現代語訳】

方便品・寿量品の大切さ

 この方便品というのは、法華経の迹門(人々を救う仏の足跡をのべた法華経前半の14

品)の中の肝心かなめである。この方便品には、仏が諸法の真実の相を十如にわける、

十如実相の法門を説いて十界(地獄餓鬼畜生修羅声聞縁覚菩薩仏)

の衆生が成仏することを明らかにされた。それで、舎利弗等はこれを聞いて無明煩悩の

迷いを無くし、仏となれる最初の段階に達し得たのみならず、未来には華光如来となっ

成仏の覚月は煩悩の垢を離れし世界の暁の空に輝けりと詠じたのであるこれが、

十界の衆生が成仏する始めである。

 現在の念仏者や真言師の人々が、成仏は自分たちの拠り所とする経に限るなどと深く

思い込んで固執するのは、これらの法門を習学せずに、「40余年間の経にはいまだ真実

を表わさない」経に説く名ばかり文字ばかりの授記(成仏の証明)の言葉に執われてい

るためである。

 あなたは、日頃はこれらの法門に迷われていたけれども、日蓮の法門を聞いて、賢者

だから、たちまちに今まで執われていた誤った考えをひる返されて、法華経を信じたも

つのみならず、ついには身命よりもこの法華経を大事と思われるようになった。この事

は不思議の中の不思議である。これはまったく、今生の事によるものではない。過去の

世で結んだ宿縁がこの世で開発されたことによって、このように思われるようになった

のであろう。まことにあり難い、あり難きことである。

 次に寿量品というのは、法華経本門(仏の生命の永遠さをあかす法華経後半の14品)

の肝心かなめである。この寿量品は、法華経一部ぜんたいの肝要の心であり、釈尊が一

代にわたって説かれた聖なる教えすべての肝要の心であるのみならず、三世の諸法が説

法される儀式の大要なのである。教主釈尊が、寿量品の示す一念三千の法門(永遠なる

仏に抱かれる衆生救済の心)を悟り得られたことは、三世の諸仏が心の内に悟ったもの

と等しかったためである。ただし、この法門は釈尊一仏が自己のうちに悟ったのみでは

なく、諸仏もまたこの悟りを得たのである。

 われら衆生は、はるか昔よりこのかた六道(地獄より天にいたる世界)における生死

の海の波の中に沈没してきたが、今経主釈尊の説かれた法華経に値いたてまつることが

できたのは、昔、過去の世において、この寿量品の説く、仏のいのちの永遠さを信じる

ことによって凡夫もまた久遠に生きられるという一念三千の法門を聴聞したことがあっ

たためである。まことにあり難き法門である。(つづく)





↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!

テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/10/24 05:38 】

厄と功徳  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

厄と功徳 太田左衛門尉御返事②

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

太田左衛門尉御返事 おおたさえもんのじょうごへんじ
 
 
御辺ごへんは「今年は大厄」と云々。昔、伏羲ふくぎ御宇ぎょうに、黄河と申す河より

亀と申す魚、八卦はっけと申す文を甲に負って浮かび出でたり。時の人、この

文を取り挙げて見れば、人の生年より老年の終わりまで厄の様を明かし

たり。厄年の人の危うきことは、少なき水に住む魚をとびからすなんどが伺

灯の辺りに住める夏の虫の火の中に入らんとするがごとくあやう

鬼神ややもすれば、この人の神を伺いなやまさんとす。神内と申す

時は、諸の神、身に在って、万事心に叶う。神外と申す時は、諸の神、

識の家を出でて万事を見聞するなり。当年は、御辺は神外と申して、諸

の神他国へ遊行すれば、慎んで除災得楽を祈り給うべし。また木性の人

にてわたらせ給えば、今年は大厄なりとも、春夏のほどは何事かわたら

せ給うべき。至門性経に云わく「木は金に遇って抑揚し、火は水を得て

光滅し、土は木に値って時にせ、金は火に入って消え失せ、水は土に

遇って行かず」等云々。指して引き申すべき経文にはあらざれども、予

が法門は、四悉檀ししつだんを心に懸けて申すならば、あながちに成仏の理に違わ

ざれば、しばらく世間普通の義を用いるべきか。

 しかるに、法華経と申す御経は、身心の諸病の良薬なり。されば、経

に云わく「この経は則ちこれ閻浮提えんぶだいの人の病の良薬ろうやくなり。もし人病有ら

んに、この経を聞くことを得ば、病は即ち消滅して、不老不死ならん」

等云々。また云わく「現世安穏にして、後に善処に生ず」等云々。また

云わく「諸余しょよ怨敵おんてきは、みな摧滅さいめつす」等云々。取り分け奉る御守りの

方便品・寿量品、同じくは一部書いて進らせたく候えども、当時は去り

難きひまども入ること候えば、略して二品奉り候。相構えて相構えて、御

身を離さず、重ねつつみて御所持あるべきものなり。

【現代語訳】
 あなたは、今年は大厄だという。昔、中国の※ 1犠の時代に、黄河という河より亀とい

う魚が、八卦という文を甲羅に背負って浮き出た、その時の人が、この文を取り上げて

みれば、人の生まれた年より年老いて死ぬまでの厄の有様を明らかにしてあった。厄年

の人の危険な事は、少ししか水のない所に住む魚を、鳶や烏などが捕ろうとうかがい、

燈の近くに住む夏の虫が火の中に入ろうとするように危うい状態にある。鬼神がややも

すれば、この人の魂を悩まそうとうかがっている。「神内」という時は、諸々の神がそ

の人の体にいて、万事心にかなうようになる。「神外」という時は、諸々の神は意識の

家から外に出て万事を見たり聞いたりすることである。今年、あなたは、「神外」とい

って諸々の神が他国へ遊行して、あなたの身から離れているから、つつしんで除災得楽

を祈られるがよい。

 また、あなたは本性の人であるから、今年は大厄に当たっているけれども、春夏の間

は何事もない。至門性経には「木は金にあうと抑揚し火は水に消え土は木にあって瘦

金は火に入ると消え失せ、水は土にあうと流れない」と相性のことが書かれている。

さして大切に引用して言うべき経文ではないけれども、私の法門は人々を教え導く4つ

の法施の方法(時代・個人への対応・邪悪打破・真実の第一義の教化)を心がけて言う

ことであるから、しいて成仏の道理に違わなければ、しばらく世間普通の内容を用いる

のである。

 しかしながら、法華経というお経は、身体と精神の諸々の病気に効く良薬である。だ

から、法華経には「この経はすなわち世界の人の病の良薬である。もし人が病んだ時、

この経を聞くことを得れば、病はたちまち消滅して不老不死になる」などと説かれてい

る。また、「現世は安穏にして後生は善処に生まれる」とある。さらに、「あらゆる一

切の怨敵が皆悉く滅びる」ともある。取り分けてお守りとして方便品・寿量品を書いて

差し上げた。同じことなら法華経一部を書いて差し上げたいと思っていたけれども、現

在は大事な用もあり、時間もかかるので、略して二品を書き送った。必ず必ず身から離

さず、つつみ重ねて大切に所持してもらいたい。

【語註】

 ※1 伏犠:中国神話の三皇の一人。蛇身人面,牛首虎尾で、八卦をつくり、漁猟法を
          民衆に教えた聖王。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!

テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/10/21 05:32 】

厄と功徳  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

厄と功徳 太田左衛門尉御返事①

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

太田左衛門尉御返事おおたさえもんのじょうごへんじ

弘安元年(1278)4月23日、57歳、於身延、漢文

 厄のため(ここでは57歳を厄に入れている)病気がちであると嘆く太田左衛門尉に対し、厄の危険なことを示し、方便品、寿量品を書いて除災の守りとして送り、災難をはらう秘法は法華経にすぎるものはないと説いて信心を勧めた。大厄を日蓮に任せよという日蓮の師としての姿勢と成仏の教えに違わぬ限りにおいて世間の常識、慣習を用いるという考えを知ることができる。

 当月十八日の御状、同じき二十三日の午の剋ばかりに到来す。やがて

拝見仕り候いおわわんぬ。御状のごとく、御布施、鳥目十貫文・太刀・おう

一本・焼香二十両、給ひ候。

 そもそも、専ら御状に云わく「spれがし、今年は五十七にまかり成り候え

ば、大厄の年かと覚え候。なにやらんして正月の下旬の比より卯月のこ

の比に至り候まで、身心に苦労多く出来 しゅったい候。本より、人身を受くる者

は必ず身心に諸病相続して五体に苦労あるべしと申しながら、更に」

云々。

 このこと最第一の歎きのことなり。十二因縁と申す法門あり。意は、

我らが身は諸苦をもって体となす。されば、先世に業を造る故に諸苦を

受け、先世の集まれる煩悩が諸苦を招き集め候。過去の二因、現在の五

果、現在の三因、未来の両果とて、三世次第して一切の苦果を感ずるな

り。在世の二乗が、これらの諸苦を失わんとて、空理に沈み灰身滅智けしんめっち

、菩薩の勤行精進の志を忘れ、空理を証得せんことを真極と思うな

り。仏、方等ほうとう
の時、これらの心地を弾呵 たんかし給いしなり。しかるに、しょう

をこの三界に受けたる者、苦を離るる者あらんや。羅漢の応供 おうぐすら、な

おかくのごとし。いわんや底下 ていげの凡夫をや。さてこそ、いそぎ生死を離

るべしと勧め申し候え。これら体の法門はさて置きぬ。


【現代語訳】

 病気と厄年

 今月18日のお手紙が同じ23日の12時頃に届き、すぐに拝見した。お手紙にあるよう

に、お布施として銭10貫文と太刀、および扇1本、焼香20両をいただいた。

 お手紙には特に、「私は今年57歳になりましたので、大厄の年にあたるのではないか

と思います。そのためでしょうか、正月下旬の頃から4月のこの頃に至るまで、肉体的

にも精神的にも苦労が多くありました。もとより人間として生を受けた者は、必ず身に

も心にも諸々の病気が次々と続いて、五体に苦労が絶えないことはかねてから知ってい

ることではありますが、ことさら今年は病気がちです」とあった。

 身体の悪いことは最も大きな嘆きである。

 十二因縁という教えがある。それは、われわれの身体は、諸々の苦しみに基づいてい

るという意味である。だから、前世につくった業のために諸々の苦しみを受け、先の世

に起こした煩悩の集まりが諸々の苦しみを身体に招き集めたのである。過去における無

明煩悩による善悪の行ないといった二つの原因が胎内より現在までの肉体的、精神的苦

しみにおける五つの結果となっている。現在の三つの原因(愛欲・所有欲とその集成)

が未来の二つの結果(老死)となり、過去・現在・未来の三世へと次々に続き、すべて

の苦しみを感じるのである。釈尊がおられた時代の二乗は、これらの諸々の苦しみを無

くそうとしてくうの理のみを習い煩悩をなくして、菩薩の勤行に努力することを忘れ、

空の理を得ることを最高と思ってしまったのである。仏は方等ほうとうの経を説かれた時、これ

らの弟子の心根をしかられた。しかし、生をこの世に受けた者で、この苦しみを離れら

れる者があろうか。供養されるにふさわしい1kome< 1漢すらなお苦しみから離れられない。ま

して最も劣った凡夫は言うまでもない。そうであるからこそ、いそぎ生死を離れるべし

と勧めているのである。これらの教えの内容については今これだけにとどめる。

【語註】

 ※1 羅漢:阿羅漢の略。漢訳には「応供」という意訳もある。煩悩をすべて無くした
          人のことで、小乗の悟りを得た聖者をさす。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!

テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/10/19 05:34 】

厄と功徳  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
≪ 前ページ  | ホーム |