FC2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブッダに帰依した人たち その2


ブッダを知りませんか?

パセーナディ王(波斯匿【はしのく】王)

IMG_0001_NEW_0005_convert_20141003062618.jpg 
手塚治虫『ブッダ』

 パセーナディはサンスクリット語だとプラセーナジット。こっちのほうが格好良く聞こえるかな。前回スダッタ長者の話に出て来たジェータ太子のお父さんで、コーサラ国の王さまだ。コーサラ国はマガダ国と並ぶインドの2大強国の一つ。パセーナディ王の実妹コーサラ・デーヴィーをマガダ国のビンビサーラ王に嫁がせた時には、カーシー国を持参金としたというから、いかに力があったか分かるよね。カーシー国はインド16大国の一つで、現在のヴァーラナシー(昔のベナレス)を都としていた国だ。ああ、そうそう、インド2大叙事詩の『ラーマーヤナ』の主人公ラーマ王子はコーサラ国の王子という設定になってるんだけど、知ってた?

 パセーナディ王は早くからブッダに帰依し、多くの精舎を建てたり、大勢の修行僧を招いて食事の供養をしたりして仏教教団を保護したんだけど、晩年は息子ヴィドゥーダバ(ジェータ太子の弟)にうとまれ、失意のうちに死んだ不幸な王さまなんだ。

 パセーナディ王には多くのお妃さんがいたんだけど、中でもシュラヴァスティーの造園師の娘マッリカーと、シャカ族の大臣マハナーマンと召使い女との間の子ヴァーサバ・カッティヤーの二人がよく知られている。このヴァーサバ・カッティヤーとの結婚は、パセーナディ王がシャカ族出身のブッダに厚く帰依し、シャカ族と親戚になることを望んだ結果なんだけど、これがシャカ族の悲劇の原因となってしまった。

 誇り高いシャカ族はシャカ族の純血を守るため、他の民族とは結婚しないという伝統があった。しかし、コーサラ国の属国であるシャカ族がパセーナディ王の申し出を断れば、なんらかの手段で報復してくるに違いない。一計を案じたシャカ族は大臣マハーナーマンが召使い女に産ませた娘ヴァーサバ・カッティヤーを王族の娘と偽ってパセーナディ王に嫁がせた。

IMG_NEW_0004.jpg 

 何も知らないパセーナディ王はこの麗しい娘を第一夫人として寵愛し、生まれたのがヴィドゥーダバだ。漢訳仏典では毘瑠璃【びるり】や瑠璃【るり】と訳され、手塚治虫の『ブッダ』ではルリ王子の名前で登場する。8歳になった頃、母親の実家であるシャカ族の地へ行って、弓術などの修練に励んで来るようにお父さんに命じられたヴィドゥーダバは、カピラヴァットゥでシャカ族の子弟と共に弓術を学んだ。ちょうどその頃、城の中に新たな講堂が完成し、神々や王族などのみが登ることができる神聖な獅子の座に、ヴィドゥーダバが登り座ったのをシャカ族の人びとが見て、「お前は下女の産んだ子だ。それなのにまだ諸天さえ登っていない獅子座に座った」と、ヴィドゥーダバを捕らえて門外に追い出し鞭を打って地面に叩きつけた。母親の生まれによって恥辱を受けたヴィドゥーダバは父王を怨み、ついに父王を廃して王位を奪ってしまう。

IMG_NEW_0005_convert_20141007164803.jpg 


 それは、パセーナディ王がブッダの居室に入り、親しくブッダと語り合っていた時のできごとであった。パセーナディ王が信頼していた将軍カーラーヤナは迅速に行動を起こして、王権をあらわす王冠・かさ・剣などの5つのものを持ち去り、ヴィドゥーダバ王子に与えて王位につけ、パセーナディ王の妃ヴァーサバ・カッティヤーを城から追い出してしまった。
 パセーナディ王がブッダと楽しく語り合い、満ち足りた心で外に出ると、供をして来たカーラーヤナ将軍の姿はなく、1頭の馬と一人の侍女が残されているだけであった。パセーナディ王は侍女から全てを聞き、ヴィドゥーダバ王子に対抗するには甥にあたるマガダ国王アジャータサットゥに頼るしかないと考え、遠いマガダ国の都ラージャガハに向かった。長い道のりを歩いてラージャガハに着いた時には、すでに夜遅くであったために城門は閉まっていた。一晩過ぎてあくる朝、泥とほこりで雑巾のようになった老人の亡骸が城門の前にころがっていた。(手塚治虫の『ブッダ』では幽閉された後、脱走してラージャガハに向かったことになっている)

 パセーナディ王は晩年、ブッダにこんなことを言っている。
「ブッダよ、あなたも王族であり、私も王族です。あなたもコーサラ人であり、私もコーサラ人です。あなたも80歳であり、私も80歳です」
 ブッダをコーサラ人と言ってるのは、シャカ族のカピラヴァットゥがコーサラ国の属国だったからだね。パセーナディ王はブッダを同族出身の聖者として扱い、同い年でもあることから、人生のよき友人と思っていたんだろうね。そのことを考えると、彼がブッダの居室で心を開いてさまざまなこと(人生や宗教のことだけではなく、王室のこと、家族のこと、政治のことなども話題になったに違いない)を語り合い、満ち足りた心で外に出て、王位が奪われていることを知った時の驚きは想像にあまりある。


 
IMG_0003_NEW_0002_convert_20141003062822.jpg 

 王となったヴィドゥーダバはシャカ族殲滅を企て進撃したんだけど、途中1本の枯れ木の下に、道をふさぐようにブッダが坐っていた。進軍してきたヴィドゥーダバが「ブッダよ、他に青々と繁った木があるのに、なぜ枯れ木の下に坐っておられるのか?」と尋ねると、ブッダは静かにこう答えたそうだ。「親族の木陰は葉がなくても涼しい」。滅び行く一族と枯れ木とを重ねたんだね。

 昔からの言い伝えに、「遠征の時に僧に会ったなら兵を撤退させよ」というのがあって、ヴィドゥーダバ王は軍を引き返した。同じことが3度繰り返され、4度目の時も同じ場所にブッダが坐っていたが、この時はシャカ族の因縁ということで何もしなかったそうだ。そこで、恨みの心が消えないヴィドゥーダバ王はその横をすり抜けてカピラヴァットゥに進撃し、シャカ族をついに滅ぼしてしまった。この話から「仏の顔も三度まで」ということわざが生まれたんだよ。

 でも、これ本当は「仏の顔も三度撫づれば腹立つる」の略で、「仏の顔も三度」が正しくて、「まで」はいらないんだってさ。この「三度」というのは、仏さまの顔を撫でる事で、いくら慈悲深い仏さまでも、顔を三度も撫でれば怒るということ。つまり、「普段どんなに優しく穏やかで滅多に腹など立てないような人でも、道理に合わない無法無体を重ねられれば、仕舞いには怒り出す」ということだそうだ。だから仏さまは3度目に怒るんで、4度目じゃないんだって。ちょっと、話が変わってしまったようだね。

 この時、マハーナーマンがその責任を感じ「自分が池に潜っている間に逃げた人は助けてやってくれ」と懇願したので、ヴィドゥーダバ王はそれを許した。いつまで経っても池から出てこないので兵に見に行かせると、マハーナーマンは池の草に自らの髪の毛をくくりつけ、再び上がって来ることがないようにして死んでいたそうだ。こうしてヴィドゥーダバ王は実のお爺ちゃんも殺してしまったわけだ。その上、シャカ族を殲滅して城に戻ったヴィドゥーダバ王は兄ちゃんのジェータ太子も殺しちゃったんだって。なんと酷いことをする奴なんだろうね。ブッダは「彼とその軍隊は7日後に死ぬだろう」と予言したそうだけど、その予言どおり戦勝の宴の最中に落雷にあって死んじゃったそうだ。

 先日亡くなった南アフリカ共和国のマンデラ元大統領が言ったよね。「恨みと憎しみは自分を牢獄に入れるのに等しい。他人を許すことは自分を昇華させることに等しい」と。(つづく)

↓ ランキング挑戦中 バナーをポチッと押してね!

テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2014/10/07 18:33 】

ブッダに帰依した人たち  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ブッダに帰依した人たち その1


ブッダを知りませんか?

スダッタ(須達多【すだった】)
IMG_0001_NEW_0004_convert_20140928150927.jpg 
手塚治虫『ブッダ』

 ブッダの布教活動は初めマガダ国のラージャガハ(王舎城)が中心だったけど、やがて西北にあるコーサラ国にも広がっていった。マガダ国はガンジス川の中流あたりに位置し、コーサラ国はガンジス川の支流ラプティ川の流域にあり、都はシュラヴァスティーといった。漢訳仏典では舎衛城と訳す。スダッタはこのシュラヴァスティーの大富豪だ。スダッタは「よく布施をする人」という意味なんだけど、その名の通りボランティア精神にあふれた人で、貧しい人々や身寄りのない人に惜しみなく施しをしたので、「身寄りがない孤独な者に食事を支給する長者」という意味で、アナータピンディカ(給孤独【ぎつこどく】)長者とも呼ばれた。

 スダッタは商売で成功した新興の豪商で、マガダ国の大富豪の妹を嫁さんにしていたので、よく商用でラージャガハを訪れていた。ある時、スダッタがラージャガハに来てみると、義理の兄ちゃんが忙しそうにあたふたと動き回っている。理由を聞くと、竹林精舎におられるブッダとその教団の修行僧たちをご招待するのに忙しいのだと言う。

 スダッタは、ブッダという言葉を聞いただけで驚いてしまう。近頃誰一人知らぬ者はいないというほど高名なブッダがこの町におられると知ったもんだから、落ち着いてはいられない。「私もこれから出かけて行って、すぐにでもお目にかかりたい」と言うのを、義理の兄ちゃんに「明日の朝にしなさい」と止められちゃった。

IMG_0002_NEW_0002_convert_20140928164538.jpg  

 翌朝、スダッタは夜の明けるのももどかしく、転がるように急いで竹林精舎へと向かった。ブッダはその朝、コーサラ国のスダッタが会いに来るということを知って、道の傍らで待っていた。スダッタが近づくと、
「おお、スダッタ、よく来た」
と声をかけた。
 スダッタは飛び上がらんばかりに感激してしまった。だってブッダが自分の名前を呼んでくれたんだよ。こんな光栄なことはないよね。嬉しくて、即座にブッダの足元にひれ伏した。スダッタは、「ブッダ、わが名を呼びたもう」と、後々まで語り続けたとのことだ。

 ブッダは、はるばる訪ねて来たスダッタに布施と持戒について説き、その果報によって天上に生まれることを教え、スダッタは在家のままでブッダの弟子となった。
この時、スダッタは、「ここはマガダ国。どうか、わがコーサラ国へも、教団の皆さんとおいでいただきたい。精舎を寄進いたします」とお願いして、ブッダの承諾を得た。

 商用もそこそこに済ませコーサラ国のシュラヴァスティーの自宅へ戻ると、スダッタはブッダの教団のために僧院を寄進すべく、ふさわしい場所を懸命に探した。ちょうど適当な土地が見つかったんだけど、そこはコーサラ国王パセーナディの太子ジェータ所有の園林だった。

IMG_0003_NEW_0001_convert_20140928164608.jpg 
 スダッタは、ジェータ太子に、「この土地をブッダの教団に寄進したいので売って欲しい」と交渉したんだけど、答えはNO。「買いたい」「売らない」という問答が延々と続いたんだけど、ある時、太子が思わず、「たとえこの土地に金貨を敷き詰めたとしても、売らないよ」と言ってしまった。これを聞いたスダッタはニヤッと笑って、「勝った」と小さく叫んだ。

 太子の言葉を聞き逃さなかったスダッタは、『金貨』という言葉が出たんだから、金貨を敷き詰めた部分だけは売ってくれるはずだと考え、車で金貨を運ばせ、その土地に並べ始めた。スダッタにとってはあり余るほどの金貨だったけど、敷き詰めてみると金貨はわずか入り口のあたりを埋めるだけだった。なんせジェータ園の遺跡は考古学者の実測によると19,170坪もある。東京ドームの広さの1.35倍の広さだよ。これに金貨を敷き詰めようというんだから、金貨がなんぼあっても足りない。スダッタはそれにもめげず、私財をなげうって金貨を敷き続け、少しもあきらめる様子を見せなかった。

 それを見たジェータ太子は、スダッタの信仰の篤さに感心し、とうとう入り口は自分が寄進することを条件に園林を売ってくれることになった。スダッタはそこに精舎を建て、教団に寄進したんだけど、これが有名な祇園精舎だ。さっき書いたけど、スダッタの別名が給孤独長者。広い土地をスダッタに分けてやり、自らは僧院の門を寄進したジェータ太子は漢訳で祇陀【ぎだ】太子。そこで、新しく建てられたこの僧院は二人の名をとって、「祇樹給孤独園精舎【ぎじゅぎつこどくおんしょうじゃ】」、略して祇園精舎(ジェータヴァナ・ヴィハーラ)と呼ばれるようになったという訳だ。

繧ケ繝€繝・ち螻区聞_convert_20140930062219 
スダッタ長者屋敷跡  写真提供「トラベルサライ」

 ジェータ園は現在のサヘート・マヘートと呼ばれる土地にあたることが、イギリスの考古学者アレクサンダー・カニンガムによって考古学的に証明されている。この地はネパールとの国境に近いオウドの北方約93キロのところにあり、ラプティ川の左岸にあたり、サヘート遺跡が祇園精舎、マヘート遺跡がシュラヴァスティー。マヘートにはスダッタ長者の屋敷跡とされるものも残っている。

逾・恍邊セ闊・鬥吝・竭。_convert_20140930062341  
 ブッダの教団では雨季の3カ月間は洞窟や寺院にこもって修行したんだけど、これを雨安居【うあんご】という。だって、雨季になるといくら注意していても地面を這い回る小さな虫を踏み潰してしまい、不殺生戒を破ることなってしまうからね。だから、なるべく出歩かないことにしたという訳だ。ブッダ45年間の伝道の中心はラージャガハとシュラヴァスティーだったけど、竹林精舎での雨安居が5回、祇園精舎が26回と、圧倒的に祇園精舎が多い。2005年ここを訪れた時、ブッダが生活していた場所である香堂跡(写真)でお経を唱えた。2500年前のブッダの息づかいが感じられ、涙が止まらなかったことを今でも覚えている。

 
P1150188-1024x768_convert_20140930061057.jpg 

 祇園精舎というと、古典の時間に習った『平家物語』を思い出すよね。「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず。ただ春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。」祇園精舎といえば、「鐘の声」で知らない人はいないと思うけど、本当にインドに「祇園精舎の鐘」があったよ(笑)。「日本国祇園精舎の鐘の会」というのが造ったらしいんだけど、梵鐘は中国で生まれて日本に伝わったもの。ブッダの時代にインドに鐘なんかあるはずないじゃんね。恥ずかしくて、顔が赤くなっちゃたよ。
同じ。
 あと、祇園というと、舞妓はんがいる京都の祇園を思い出すよね。僕の友達の坊さんにも祇園が好きな人がいて、一度連れて行ってもらったけど、「おいでやす」なんて言われると、舞い上がっちゃうよね。でも、坊さんはあんまりこんなとこ行かないほうがいいと思うけどね。京都の祇園という地名は、藤原基経が邸宅を寛慶寺に寄進したので、祇園の名前が付いたという説や、牛頭天王は祇園精舎の守護神で、この神を祀った感神院を祇園精舎に因んで祇園天神と呼ばれるようになったとの説があるようだ。

 ところで、当時のインドの社会状況からいえば、スダッタのヴァルナは第3階級のヴァイシャであり、土地は持っていないけれどお金を持っている。一方、国王の息子ジェータ太子は第2階級のクシャトリヤであり、土地は持っているがお金を持っていない。そこで、太子の持ち物である土地が金銭で売買されるということが行われ始めていたんだ。つまり貨幣経済の成立だ。少し前まではこんな階級のゆらぎは考えられないことだった。コーサラ国で社会変動が始まっていたんだね。当然コーサラ国だけのことではない。ブッダが旅をしながら伝道していた時期は、インド社会が激変する時代だったんだ。

P1040219_convert_20140930144010_convert_20140930144043.jpg  P1040220_convert_20140930145349.jpg
 上の写真は祇園精舎をおまいりした時に、おっさんが売りに来たので買ったコイン。ブッダの時代のものに間違いないと思って買ったんだけど、いろいろ調べても、いつの時代のコインか分からないんだ。誰か分かる人いたら教えて、お願い!(つづく)
↓ ランキング挑戦中 バナーをポチッと押してね!

テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2014/09/30 15:07 】

ブッダに帰依した人たち  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
≪ 前ページ  | ホーム |