FC2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブッダを訪ねてーアグラ城

3月1日(火)

DSC02474_convert_20170618162120.jpg

 午前10時30分、アグラ城へ。アグラ城は赤砂岩で造られた城塞で、ムガル帝国第3代皇帝アクバル(シャー・ジャハーンのお祖父ちゃん)が1565年に建てた。アマル・スィン門から中に入る。
 
P1040385_convert_20170618162308.jpg

 門をくぐると、さらに門。

DSC02477_convert_20170618162421.jpg 

 これをくぐると、アクバル門。
 
DSC02478_convert_20170618162526.jpg 

 野生のインコが。

P1060817笳祇convert_20170618162822   

 アクバル門を抜けると長い坂。

P1040389_convert_20170618162647.jpg 

 息を切らしながら登る。

P1040392_convert_20170618170234.jpg

  坂を登り切ったところにあるのがジャハンギール宮殿。アクバル帝がお妃さんと息子のジャハンギール(第4代皇帝)のために建てた宮殿だ。左右対称の建物の上の両端には大きなベルのような形のチャトリ (小塔)がある。

IMG_NEW_convert_20170618171132.jpg 

 おや、皆して何覗き込んでるのかな?

500_18387568[1]

 このでかいコーヒーカップみたいなものは、ロイヤル・ハンマーム。巨大な天然石をくり抜いて造った浴槽なんだ。アクバル帝はヒンドゥー教徒へのジズヤ(人頭税)を廃止するなど、ヒンゥー教徒との融和に努めた皇帝として知られる。だからお妃もカチンコチンのヒンドゥー教徒であるラージプート族のアンベール王国から迎えた。そのお妃さんがこの浴槽いっぱいの宝石を持参したんだってさ。今はジャハンギール宮殿の前庭に置かれているけど、可動式なんで宮殿内やキャンプで使われたそうな。

P1060825笳祇convert_20170621142622

 ジャハンギール宮殿に入ります。

2008_03022008インド・ネパール0031 2008_03022008インド・ネパール0030

 ムガル帝国はイスラーム教の国だから宮殿も当然イスラーム様式で建てられている。でもアクバルは、ラージプート族から迎えたお妃さんのためにヒンドゥー様式も取り入れており、これは象をデザインしたものなんだって。

DSC02482_convert_20170622081858.jpg 

 カース・マハルの天井。カース・マハルは1637年にシャー・ジャハーンが自らの居室と、愛娘のジャハナラとロスハラナのために建てたもの。この建物はタージ=マハルと同じ白大理石造り。シャー・ジャハーンはよっぽど白が好きだったんだね。内部はモザイクで美しく装飾されており、一部には金も残っている。

P1040409_convert_20170622083657.jpg 

 カース・マハルの目の前には「グレープ・ガーデン」という中庭があり、ここでブドウを育ててワインを作ってたんだってさ。優雅なこっちゃ。

src_33976235_convert_20170622140538.jpg 

 ムサンマン・ブルジュ(囚われの塔)。1657年にシャー・ジャハーンが病床に伏すと、長男ダーラー・シコーが後継者として指名された。ところが皇位継承争いが起こる。三男坊のアウラングゼーブが4男坊と組んで挙兵、長男と次男を倒し、ダーラー・シコーを処刑。長男のくせにだーらーしな~い。アウラングゼーブは協力した4男坊も後に殺害。そして父ちゃんをアグラ城のムサンマン・ブルジュに閉じこめて、自分はデリーの「赤い城」(レッド・フォート)に行ってしまう。そして、父ちゃんが1666年に死ぬまで、ダーラーを偏愛したとして恨みの手紙を送ったり、宝石を取り上げたり、さまざまないやがらせをしたそうな。嫌な奴ちゃな。
 
imagesCAX0MRUZ 新 

 こいつがアウラングゼーブ。爺ちゃんのアクバルが廃止したジズヤを復活、ヒンドゥー教徒を弾圧してその反抗を招き、ムガル帝国衰退の原因を作った奴だ。

DSC02483_convert_20170622081934.jpg 

 ムサンマン・ブルジュは立ち入り禁止なので、外から撮すしかない。

DSC02486_convert_20170622082004.jpg 

DSC02481_convert_20170622081823.jpg 

 今日はガスがかかっていてよく見えないけど、ムサンマン・ブルジュからはタージ=マハルが見える。シャー・ジャハーンは死ぬまでの8年間、窓から毎日タージ=マハルを覗いては亡き妻を偲んで涙にくれていたそうだ。なんとも可哀想だが、シャー・ジャハーンはジャハンギール帝の3男坊で、兄弟・甥っこを殺して即位した人物。因果は巡るというやつで、自業自得だ。

P1060875笳祇convert_20170622082251
 
 さて、最後はディワーネ・アーム(一般謁見の間)。

 2008_03022008インド・ネパール0037

 列柱がなんとも美しい。これで、今回の旅の見学はすべて終了。

DSC02490_convert_20170622082043.jpg
 

  帰ろうとしたら、野生のリスがお見送りしてくれた。

P1040422_convert_20170622082124.jpg 

 午前11時50分にアグラ城を出た後、大理石のお店に。真夜中に駅まで迎えに来てくれたバスはホテルのバスだと思っていたら、実は奥村君が懇意にしている大理石屋さんのバスだった。お礼も兼ねて買い物に寄る(寄らされた)。タージ=マハルを造った技術が伝承されて、アグラでは象嵌細工をした大理石製品が有名なお土産品になっている。息子の嫁さんたちに小物入れを買った。向こうの言い値は3万円。粘り強い交渉の結果、2万1,000円でゲット。3割引だからまずまずの買い物。さあ、あとは日本に帰るだけだ。(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【 2017/06/22 15:03 】

海外旅行  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ブッダを訪ねてータージ=マハル

3月1日(火)

d8bfddea4cb06a89fe4b18776fefd000_convert_20170604062451.jpg  

 昨夜、いや今日の深夜に予定より3時間程遅れて着いたので、写真とる余裕無し。てな訳で、写真はネットからの借り物。なんとも立派なホテルは、Jaypee Palace Hotei。もちろん5ツ星。

DSC02452_convert_20170604062710.jpg 

 出迎えてくれたガネーシャも、なんとも豪華。

 DSC02457_convert_20170604062924.jpg

 玄関はアグラ城と同じ赤砂岩造り。

DSC02456_convert_20170604062846.jpg 

 廊下がこれまた立派で、タージ=マハルと同じ白大理石造り。

DSC02453_convert_20170604143257.jpg 

 中庭も凄い。なんせ庭園の広さが25エーカーだと。アラブの大富豪が奥さんにタージ=マハルを見せてやりたけど、ろくなホテルが無いってんで、自分でホテル建てちゃったんだってさ。部屋数が400以上、レストランは5つもある。ただ、難点が一つ。広すぎて部屋からレストランまでが遠く、途中で迷子になることだ。

DSC02451_convert_20170604062626.jpg 

 レストランも当然のごとく凄い。

DSC02450_convert_20170604062547.jpg 

 夜中の1時30分に夕食をとって、寝たのが2時30分。で、5時に起きたから、2時間半しか寝てない。そのうえ、昼食の時間との兼ね合いもあって今朝は出発が早いので、6時40分に朝食。これじゃ、なんぼご馳走が並んでたって、食べられないって。!

 ホテルを出てタージ=マハルに向かったのが、午前7時30分。人生で数回しか泊まれないような5ツ星ホテルの滞在時間がたったの7時間。風呂入って、飯喰って、糞して、寝ただけじゃんか。忌々しいインドの鉄道め、くそぉ。

DSC02458_convert_20170604145903.jpg

 15分ほどでタージ=マハルに到着。近年、工場から排出される亜硫酸ガスや自動車の排気ガスによる大気汚染の影響で、タージ=マハルの白い大理石が汚染と劣化の危機にならされている。というわけで、タージ=マハルから500m以内はガソリン車通行禁止。馬で行くか、ラクダで行くか、歩いていくか、電気自動車で行くしかない。電気自動車が一番ラクダということで、これに乗って入場ゲートに向かう。

DSC02459_convert_20170604145934.jpg

 タージ=マハルの入場券はQRチケット。入場料250ルピーに、ADAという考古学局に払う別料金500ルピーを足して750ルピー(1,500円)。でも、これは外人観光客の値段で、インド人はたったの30ルピーだってさ。この差はあんまりじゃないですか。

 でも、この値段は今月いっぱい。来月(2016年4月)から外国人1,000ルピーになるんだってさ。日本円で2,000円だから、それくらいいいんじゃないの、ってか。日本のお城で一番高い入場料取ってるのが姫路城だけど、それでも1,000円だからね。日本とインドの物価考えたら、やっぱり高過ぎる。

DSC02460_convert_20170604150022.jpg

 さあ、この赤砂岩の門をくぐれば、いよいよタージ=マハルだ。

DSC02461_convert_20170604150108.jpg

 じゃ~ん。あれっ、工事中かよ。ミナレットに足場が架けられてる。

P1000030.jpg
 
  無粋なんで、9年前に来た時の写真。この時は日曜日だったんで、滅茶苦茶な人の数だった。

DSC02468_convert_20170604150153.jpg

 今回は平日の朝一番ということで、人が少ないから、前回は取れなかったこんな写真も撮れた。水に映ったタージもいいね~。

IMG_0198_convert_20170604150525.jpg 

 人が少ないから、こんなアホなこともできた。

c0067690_189581 新 ムムターズ=マハル 新

 4本のミナレットがあるのでモスクだと思っている人がいるが、ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが愛するムムターズ・マハルのために造った霊廟、すなわちお墓だ。ムムターズ・マハルは本名アルジュマンド・バーヌー・ベーガム。ムムターズ・マハルは“宮廷の選ばれし者”という意味の称号。写真を見ての通りの可愛子ちゃんで、シャー・ジャハーンに愛されて18年間に14人の子供を産み、産褥【さんじょく】熱で37歳で亡くなった。おー、愛しのマハルちゃん、可哀想に。僕が君を愛していた証拠を見せよう、ということで、22年の歳月と2万人の職工に命じて造らせたのがタージ=マハル。恐らく世界で一番豪華なお墓だろう。でも、考えてごらん。お前が悪いんだろう。一夫多妻制で他にも奥さんはいたのに、ムムターズ・マハル一人に毎年のように子供を産ませて。本当に愛してるんだったら、もっといたわってやれば良かったんだよ。

2008_03022008インド・ネパール0024 

P1000039.jpg 

 いま、ムムターズ・マハルはタージ=マハルの中で、シャー・ジャハーンと並んで静かに眠っている。みんな一生懸命に写真を撮ってるんで言わなかったんだけど、このお墓はレプリカ。本当のお墓は地下にある。平成5年に来た時は地下にも入れてくれたんだけど、最近は入れてくれない。地下のお墓は撮影禁止だったんだけど、警備の兵隊さんが指一本立ててウインクしたんで、1ドルあげて写真撮らせてもらった。いい加減な国だけど、中国もパキスタンもみんな一緒。お堅いことは言わない。

 実はこの写真は前回撮したもの。今回も撮そうとしたら、ガイドのラケシュ君が、「撮影禁止です」とおっしゃる。「えっ、前来た時は撮せたのに」と言ったら、「ずっと撮影禁止です」って。前のガイドさん、そんな事言ってなかったけどな~。まあ、何回撮しても一緒だから、今回は撮すの止めた。


 それではしばらくタージ=マハルの写真をお楽しみ下さい。

DSC02469_convert_20170604150235.jpg 


DSC02470_convert_20170604150316.jpg 


DSC02471_convert_20170604150356.jpg   


DSC02473_convert_20170604150440.jpg 


P1040378_convert_20170604150654.jpg


 さあ、次はアグラ城だ。(つづく)


↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【 2017/06/12 06:33 】

ブッダを訪ねて  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |