FC2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

マンダレー④ーシュエナンドー僧院

8月20日(火)

650x_54925599_convert_20200104163045.jpg
ミンドン王

 ミャンマーでヤンゴンに次ぐ第2の都市であるマンダレーは、仏教の2400周年の祝祭の機にまさにこの場所に偉大な都市(仏教の都)が現れるであろうというブッダの予言に従って、コンバウン朝第6代ミンドン王により建設された。

1280px-MandalayHill_convert_20200105101117.jpg 
マンダレーヒル

 ブッダが予言したと言われる場所が、標高 236 メートルのマンダレーヒルのふもとである。ミンドン王は、その予言を実現させることを決意し、アマラプラの王国を統治していた1857年1月13日に、新たな王国を創設する勅令を発した。登位記念式典は1858年1月に挙行され、それまでの王都アマラプラは解体されて、象によりマンダレーヒルのふもとの新立地に運ばれた。

 マンダレーの町は1859年5月23日に完成し、翌1860年にアマラプラからの遷都が行われた。しかし、1885年の第3回ビルマ戦争に敗れたミャンマーはインド帝国に併合され、この町はわずか26年で王都としての歴史を閉じた。

DSC03902_convert_20200105105623.jpg 

 「A Little Bit of Mandalay」での昼食を終え、午後2時10分一旦ホテルに入り休憩。午後4時40分、マンダレーで最初に訪ねたのがシュエナンドー僧院である。この僧院は、元々アマラプラにあった王宮内の建物の一部だったが、マンダレーに遷都した後はミンドン王の住居として使用され、ミンドン王はその第一夫人としばしばここで過ごしたという。

DSC03903_convert_20200105105701.jpg 

 入り口の石柱には「Golden Palace Monastery(黄金の宮殿の僧院)」の文字が。シュエナンドーとは「黄金の宮殿」という意味があり、その名の通り当時は建物に金箔やガラスのモザイク装飾が施され黄金に輝いていたそうだ。

DSC03904_convert_20200105105742.jpg 

 釣鐘を支える柱には龍の装飾が。

DSC03905_convert_20200105112047.jpg 

 シュエナンドー僧院はミャンマーには珍しい木造建築で、見所は何と言っても屋根や壁面、柱などに施された秀逸な彫刻装飾の数々だ。チーク材をふんだんに使用した建造物には、見事な彫刻がびっしりと施されており、建物自体が一つの芸術作品となってる。

DSC03906_convert_20200105112126.jpg 

 建物を前にまず目を奪われるのが、屋根の縁を覆う燭台のように尖った繊細な装飾。写真では分かりにくいと思うけど、尖った部分をよく見てみると手を合わせて合掌する仏像が無数に彫り込まれてる。壁や扉にも植物や神々をモチーフにした彫刻が隙間なく施されており、さらに床下の柱にも龍の彫刻が施されるなど、細部まで手の込んだ造りは見逃せない。

DSC03908_convert_20200105125804.jpg 

 中に入ると、高床式で床が高くなっているので、外よりは幾分涼しい。天井は見事な格天井で、金箔が施されている。

DSC03909_convert_20200105125851.jpg 

 柱にも金箔が施されており、当時は黄金に輝く、まさに「黄金の宮殿」だったのだろう。ミンドン王は1878年にこの建物の中で息を引き取った。国家の近代化に力を注いだ国王であったが、45人の妃に70人の子供を産ませた「不道徳な王」というのがミャンマー人の評価だそうだ。

images.jpg
ティーボー王と王妃

 ミンドン王を継いだティーボー王は建物を王宮の城壁外である現在の場所へと移し、個人的な瞑想の場所として使った。マンダレーの王宮は1945年にイギリスの空爆で焼失してしまうが、シュエナンドー僧院は移築したおかげで戦災を逃れる事が出来た。現在残るミャンマーの伝統的な様式の建築物の中でも歴史的価値の高い貴重な建物と言える。

 ティーボー王の隣に座っているのが王妃のスパラヤットだが、異母妹だと聞いて、開いた口が塞がらなかった。いくら母親が違うと言っても、妹と結婚する奴がいるか?おとうさんよりももっと不道徳ではないか。

 これは明らかなる政略結婚で、力が弱く瞑想に耽ってばかりいる若いティーボーを国王にしておいて、スパラヤットを含む保守派が巻き返しを図るためであったようだ。これにより、王位継承資格者約80人が捕えられて処刑され、王国の近代化は挫折した。

DSC03910_convert_20200105125936.jpg 

 おやっ、日本のお寺で言えば内陣にあたる所に「女人禁制」の札が。

IMG_2344_convert_20200105163205.jpg 
 
 そんなわけで、仏像に近づけたのは、男だけ。ミャンマーの女性達は素直に従っているのだろうが、今時ね~。上座部仏教の教団は女性差別ではないと言っているようだが、明らかに女性差別ですよ。もし、禁制を犯して女性が内陣部分に足を踏み入れたら、どうなるんかね。不謹慎だけど、抗議の意味を込めて一度やってみても、いいんじゃない。

DSC03912_convert_20200105130147.jpg  

 1885年、コンバウン朝は滅亡し、ティーボー王と王妃はインドに追放された。インドのラトナギリには現在でもティーボー王の子孫が暮らしているそうだ。

 この仏像はコンバウン朝の最後を見ていたのだろうか?悲しみに沈んだお顔のようにも見えるが、気のせいだろうか。(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【 2020/02/28 05:36 】

パゴダの国へ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

マンダレー③ーウー・ベイン橋

 8月20日(火)

DSC03875_convert_20200103093319.jpg 

 マハーガンダーヨン僧院を1時間ほど見学し、すぐ南にあるウー・ベイン橋へ。3分ほどで到着した。駐車場から橋へと向かう道には、門前町のように土産物屋が並ぶ。これは海老煎餅に海老の唐揚げかな。おそらくタウンタマン湖で採れた海老だろう。

DSC03876_convert_20200103093401.jpg 

 おばちゃんが唐揚げを作製中。

DSC03877_convert_20200103093515.jpg

 こちらは蟹の唐揚げ。美味そうだね。一杯食べてみたいが、腹壊すかな。

DSC03878_convert_20200103093555.jpg 

 ウー・ベイン橋はタウンタマン湖をまたいで架かる全長1.2kmの橋。ここアマラプラの南にあるインワという町の歴史は古く、1364年にシャン族の都となって以来、約400年間ビルマ人王朝の都として栄えた。コンバウン朝もインワに都を置いたことがあるが、1841年にターラーワディー王がアマラプラに遷都し、その後都がこの地へ戻ることはなかった。

 この橋は1849年にアマラプラの市長にあたる人物であったたウー・ベイン(ウーは敬称なので、ベイン氏)がイ、ンワの旧王宮のチーク材を再利用して造った。ということは、今から170年も前に造られた、世界最長の木造の歩道橋ということになる。

DSC03879_convert_20200103093748.jpg 

 なんと、1086本の木製の橋脚がこの橋を支えている。水面から橋床までは5mくらいの高さがあり、幅員は3m程でやや狭く欄干はない。アマラプラの町で飲んで帰る時は気をつけないと、タウンタマン湖に落ちてしまう。橋床はスノコ状のチーク材で、3cm位の隙間が空いていて、下が丸見え。高所恐怖症のお方はちょっと辛いかも。

IMG_2324_convert_20200103093917.jpg 

 橋の向こうまで歩いてみませんかと、添乗員のO君からお誘いがあった。最近めっきり腹が出てしまったので、往復2km余りを歩いてカロリーを消化しようとも考えたが、集合時間に間に合わないと大変なので止めておいた。

1_convert_20200103093243.jpg 

 何の変哲もないこんな橋が多くの観光客を呼んでいるのか分からなかったので、帰国後にネットで調べてみたら、こんな写真を見つけた。昼日中に行ったら何の変哲もない橋が、日没時に行くとこんなインスタ映えする写真が撮れる橋に様変わり。僕も夕刻に行きたかった。

DSC03881_convert_20200103113919.jpg 

 30分程ウー・ベイン橋を見学した後、近くの絹織物工房へ。薄暗い室内で大きな織機に二人ずつタナカを塗った姉ちゃんがついて、一生懸命に機を織っている。

IMG_2331_convert_20200103114246.jpg 

 製品も見せてくれたが、僕はまったく興味がない。

DSC03885_convert_20200103114131.jpg 

 午後12時50分、「A Little Bit of Mandalay(ア・リトル・ビット・オブ・マンダレー)」でお待ちかねの昼食。午前6時に朝飯を食ってるので、もう腹ぺこ。店の名前の「少しだけ」は何を意味してるのだろうか?まさか、料理が少しだけ、だったりして。

DSC03886_convert_20200103120006.jpg DSC03887_convert_20200103120042.jpg

DSC03888_convert_20200103120120.jpg DSC03889_convert_20200103120156.jpg

DSC03890_convert_20200103132050.jpg DSC03891_convert_20200103132132.jpg

 まずはミャンマービールで乾杯。結局、今回の旅では他の銘柄はいっさい飲めず、最初から最後までミャンマービールだけ。料理は米粉を揚げた煎餅に始まって、もやし炒め、ミャンマー風チジミなど、野菜料理中心のミャンマー料理。

DSC03893_convert_20200103132207.jpg 

 食事が終わって紅茶を頼んだら、白湯の入ったカップとティーバッグが出て来た。長いこと海外を旅して来たけど、こんな手抜きは初めて。もっとちゃんとやれや。

DSC03896_convert_20200103133407.jpg 

 帰り際にテーブルの上を見たら、日本語の学習読本が置いてある。日本人観光客が増えてきたので、一生懸命日本語の練習してるんだ。よし、その努力に免じて、紅茶の一件は忘れてあげよう。頑張れ、ミャンマーの諸君。(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【 2020/02/25 05:34 】

パゴダの国へ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

マンダレー②ーマハーガンダーヨン僧院②

8月20日(火)

IMG_2268_convert_20191227110303.jpg 

 ここが食事会場なんだけど、「撮影禁止」と書いてある。以前は撮影可能だったらしいけど、マナーを守らない人が多くなって、禁止になったみたいだ。マナーを守らないのは、どこの国の奴だ?そりゃあ当然、ゼイヤ君も言ってた「かの国」の人ですよ。

IMG_1873_convert_20191227105553.jpg 

 そこで、こっそり撮らせていただいたんだけど、結構豪華な食事のようだ。途中でお菓子なんかも布施してもらってるんで、量的には充分過ぎるほどあるように見える。坊さんは余った食料を保存することも戒律違反になる。そこで、坊さんは食料を寺男であるカッピヤに放棄し、カッピヤが保存して次の日にお布施するという形をとれば問題ないそうだ。

  IMG_1875_convert_20191227111836.jpg

 「もしご飯が余っているようでしたら、是非私たちに布施してください」とばかりに、集まって来ている人がいた。でも、誰一人あげている様子はなかった。

IMG_1876_convert_20191227105639.jpg 

 私も欲しいワン。

IMG_1872_convert_20191227105510.jpg 

 おや、僧院の門のライオンの像の下に猫が。私ご飯なんか要らないから、寝かせてくれ。観光客が五月蠅くて、寝られん。

IMG_1842_convert_20191225130853.jpg 

 坊さんが洗濯物を干してあったので、ゼイヤ君が説明してくれた。さて、これは衣でしょうか?袈裟でしょうか?袈裟が正解です。ミャンマーのお坊さんは衣を着ていない。ブッダが定めた袈裟を今でも変わらず纏っている。

 袈裟はサンスクリット語の「Kasaya」を音訳したものだが、もとの意味は「混濁色」のことだ。捨てられたぼろ布、死体置き場におかれた死者の衣服などの端布を拾い集め、綴り合せて、身を覆う布を作り、草木や金属の錆を使って染めたので、混濁色になった。もちろん欲望を捨てるためにブッダはそう定めたのだが、われわれ日本の坊さんは赤だの紫だのカラフルな袈裟を着ける。欲を捨てたはずの坊さんが、位に応じた色の袈裟を着け、名誉欲丸出しなのは何とも恥ずかしい限りだ。

 上座部仏教の坊さんは三種類の袈裟を身に纏う。腰から足首にかけて着る「下衣」、身体全体を覆う「上衣」、そして肩からかける「大衣」である。「大衣」は寒い時などに覆うものであるが、今では儀式などの時に左肩に乗せる装飾となっている。「衣」と言ってるけど、あくまでも「袈裟」だからね。物干しに干してあるのは「上衣」だね。

20131003_153948_convert_20191227115714.jpg 
(ネットから借用)

 写真を撮る機会はなかったが、ミャンマーの街角でピンクの袈裟を着けた女性達に何度も出会った。みなさんは尼さんだと思ってるかも知れないけど、実は正式な尼さんではない。男性僧侶を比丘【びく】、女性僧侶を比丘尼【びくに】と呼ぶが、上座部仏教には比丘尼はいないんだ。

 ブッダは初め女性の出家を認めていなかったが、養母のマハーパジャーパティのたっての願いと、アーナンダの取りなしで、女性の出家を認め、比丘尼サンガが生まれた。しかし、比丘尼サンガは早い時期に消滅してしまったそうだ。ブッダの教えに新しく加えず、取り除かずという上座部仏教の大原則から、比丘尼サンガが再興されることはあり得ないんだって。

 ということで、ピンクの袈裟を着けている女性は、ビルマ語で「戒を保つ者」を意味するティラシンと呼ばれている。彼女たちは8戒しか義務づけられておらず、律を守る必要はない。だから、金銭を扱うことや
料理などの日常の雑事に携わるなど、男性僧侶の生活を補助している。

IMG_2308_convert_20191227162331.jpg  

 厨房も見学させてもらった。

IMG_2307_convert_20191227161856.jpg 

 流石にたまねぎの量が半端ではない。

IMG_1877_convert_20191227162044.jpg  

 明日の下ごしらえですかね。日本の禅宗寺院では修行僧の食事、仏や祖師への供膳を司る役を典座【てんぞ】と言う。調理や食事も重要な修行とする禅宗では重要な役職とされ、修行経験が深く信任のある僧が任命される。ところが、上座部仏教では坊さんが調理をすることは戒律違反となるので、ティラシンと呼ばれる寺男が厨房を受け持っている。

IMG_2311_convert_20191227162423.jpg  

 こちらの若いティラシンはでっかい鍋で炒め物ですか。

IMG_1879_convert_20191227162127.jpg 

 ん、これ鶏肉じゃないか。坊さん鶏肉食ってもいいの?大乗仏教の坊さんは肉食は戒律で禁止されてるけど、上座部仏教の坊さんは肉食ってもいいんです。知ってた?

 そうだ、ブッダもチュンダの供養したスーカラマッダヴァを食べて腹を壊したとされている。スーカラマッダヴァを毒キノコだと言う人もいるが、豚肉のことだ。ブッダが自らすすんで肉を食べることはなかったが、供養されたものを断ってはいけないので、ブッダも肉を食べていた。そのことを知りながら、上座部仏教の坊さんは肉を食わないという思い込みがあった。

 ミャンマーのお坊さんは、僕と一緒で生ぐさなんだ。鶏肉だけじゃなくて、牛だって豚だって食べていい。食べていけないのは、自分のために殺されたのを直接見たり、殺されている動物の鳴き声などを聞いたり、自分のために殺されたのではないかと疑いのある肉。だから、市場で売っている肉は不特定多数の人々に用意されたものなので、食べてもいいことになる。

 その他に食べてはいけない肉は次の10種類。馬、象、ライオン、豹、虎、熊、犬、ハイエナ、蛇、それに人だって。僕の周りには「人を食ってる」坊さんいっぱいいるけどね。(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【 2020/02/21 05:33 】

パゴダの国へ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

マンダレー①ーマハーガンダーヨン僧院①

8月20日(火)

DSC03866_convert_20191225102232.jpg 

 おはようございます。昨日は長い一日でしたが、今日も長い一日になります。飛行機のフライト時間が早いので、午前6時に朝食です。

DSC03868_convert_20191225102454.jpg 

 メニューは炒飯に焼きそば、ベーコン、ソーセージなどに、オムレツ。

DSC03867_convert_20191225102402.jpg 

 オムレツはこの兄ちゃんに焼いてもらいました。

DSC03870_convert_20191225102638.jpg 

 午前7時にホテルを出てバガン・ニャウンウー空港へ、20分ほどで到着。ヤダナポン航空131便でマンダレー空港に向かう。ヤダナポン航空は2014年2月に運航を開始した、まだ新しい航空会社だ。社名のヤダナポンはマンダレーの旧名で、直訳すると「宝物の集まる所」という意味だそうだ。使用機材は昨日乗ったのと同じATR 72。予定より少し早く8時27分にテイクオフ。

DSC03869_convert_20191225102541.jpg 

 チケットにはシートナンバーが書いてない。この飛行機は自由席だ。こんな機会はめったにないと1Aに座った。そう一番前の席だ。こんなこと人生で初めてと喜んだのだが。午前8時48分、マンダレー空港に到着。

DSC03873_convert_20191225130504.jpg 

 ところが、周りの人をみても降りる様子がない。何分経っても下りる気配がないので、後ろを振り向いたら、半分以上の人が降りてしまっている。その時、気づいた。この飛行機はマンダレー空港が終点ではなく、ヘーホー空港まで行くんだ。慌てて降りた。

 下手するとヘーホーまで行くところだった。危ない、危ない。添乗員のO君の「遅かったですね」と言われたが、知らん顔しておいた。

imagesF73AWPRJ_convert_20191225114804.jpg 
アウランパヤー

 ここでちょっと歴史の勉強をしておこう。13世紀にバガン朝が滅びた後、16世紀にタウングー朝がビルマを統一するが、1752年にモン人により滅ぼされ、ビルマは再び分裂した。同じ1752年にコンバウン朝(アウランパヤー朝)を起こしたアウランパヤーが、1757年にモン人の拠るペグー(現在のバゴー)を陥れ、ビルマの統一に成功した。アラウンパヤーはこの間、聖地ダゴンを占拠した際、これをヤンゴンと改称した。それは「敵の撃滅=戦争の終わり」を意味していた。
 
 コンバウン朝はタイに侵攻し、1767年にアユタヤ朝を滅ぼす。アユタヤ遺跡の仏像の首を刎ねたのは、コンバウン朝なんだ。

 コンバウン朝は何度か都を変えているが、1860年にミンドン王が新たに建設したのがマンダレーで、ビルマ王朝最後の首都となった。

IMG_2272_convert_20191225131121.jpg 

 午前10時、話をしているうちにマハーガンダーヨン僧院に着いた。この僧院には明日来る予定だったんだけど、天気予報で明日は雨だというので急遽予定を変更することになった。何故かはもう少ししたら分かる。

IMG_2274_convert_20191226104637.jpg 

 たくさんの人(おおかた中国人)が道路の両側に並んで、今か今かとその時を待っている。まだ、少し時間がかかりそうだから、話を続けよう。

 マハーガンダーヨン僧院はマンダレーの南11kmのアマラプラという町にある、ミャンマー最大級、最高位の僧院で、全国から集まった1500人の僧侶が修行生活を送っている(ガイドのゼイヤ君によれば、現在は600~700人らしい)。アマラプラはパーリ語で「不死の町」という意味で、ボードパヤー王とターラーワディー王の時にコンバウン朝の都が置かれたこともある。

 ボードパヤー王はコンバウン朝ビルマの第6代国王で、歴代のコンバウン朝の国王が進めてきた対外膨張政策の絶頂期を作った王だ。1784年に現在のミャンマー南西部にあったアラカン王国を征服し、さらに東北インドのアッサムとマニプールの藩王にも忠誠を誓わせた。結局これがインドを支配するイギリスを刺激してイギリス=ビルマ戦争に繋がり、ビルマがイギリスの植民地となる遠因となってしまう。

 ボードパヤー王は征服欲だけではなく性欲も相当なものだったようで、62人の息子と58人の娘をもうけているそうだ。すっげぇ。

IMG_1868_convert_20191226120244.jpg 

 午前10時を少し過ぎた頃、みなさんのお目当てが現れました。そう、この僧院に住む坊さんたちが托鉢にやって来ます。

IMG_2295_convert_20191226121337.jpg 

 ぞくぞくとやって来ます。見物客は規制ロープから身を乗り出して、写真を撮るのに懸命です。これで、もし雨が降っていたら。そうです、見物客がみんな傘を広げたら何も見えなくなってしまいますよね。

 IMG_2292_convert_20191226121253.jpg


 臙脂色の衣に混じって白い袈裟の少年がいますが、僧侶見習いですかね。上座部仏教を信じるミャンマ-人にとって子供(男の子)を僧侶にさせることは最高の功徳を積むこととされる。男の子は自分の身の回りの世話ができる年齢になったら(5、6歳から、通常は10歳前後が多い)見習い僧として、1週間程度、僧院での生活を経験するそうだけど、多分その見習い僧だろう。この時の僧侶になるための儀式が「得度式」だ。

imagesVT18GQX9_convert_20191226165103.jpg  
得度式(ネットから拝借)

 ミャンマ-の人達は、結婚するとすぐに、得度式のために貯金を始めるというくらいで、大金を使って盛大に得度式を行うことが名誉なことと考える。得度式では、王子シッダールタがカンダカという馬に乗ってお城を出て出家修行者になったことから、馬に乗ってお寺に向かうのが伝統になっている。王子さまでしたから、衣装もその真似をして豪華でだ。

 出家して僧侶になれるのは20歳以上の男性で、20歳未満は沙弥【しゃみ】と呼ばれる。ちなみに上座部仏教では剃髪して、袈裟を身に着け僧侶になると、僧院で生活期間は私物は持てなくなる。師となる僧から戒律(十戒と227の律)を授けられ戒律を厳守して修行を行うことになる。実際のところどうかといえば、一般の人と大きく異なるのは食事。食事は早朝、正午前の2回だけで、昼以降は一切食べることができなくなる。

 飲酒はもちろんだめ。酒飲んだ坊さんは寺を追い出される。でも、坊さんは辞めなくていいんだ。何でかと言うと、「酒を飲まない」というのは「戒」であって、「律」ではない。「律」には罰則があり、違反したら坊さんを辞めなくてはいけないけど、「戒」は自分に対する戒めなので、罰則はない。懺悔さえすればいいんだ。だから、僕も毎日懺悔しながら酒を飲んでるよ。

_convert_20191227090818.jpg 

 その他に音楽やテレビ鑑賞もできない。竹山道雄の『ビルマの竪琴』という作品知ってるよね。1956年には安井昌二、1985年には中井貴一の主演で映画化もされた。出家し僧になった主人公の水島上等兵が竪琴を奏でるシーンがあるけど、ミャンマー仏教ではあり得ないことだ。坊さんは楽器の演奏をしてはいけない。もし袈裟をつけて竪琴を奏でているとしたら、それは偽坊主だ。

 ミャンマー人はサッカーだ大好きらしいけど、坊さんはワールドカップをテレビで観ることも出来ないし、自分たちがサッカーをすることも出来ない。また、ヨーロッパの修道院では「祈り、働け」と農作業が盛んに行われたが、ミャンマーの坊さんは畑を耕すなどの生産活動は一切してはいけない。


IMG_2298_convert_20191226121418.jpg 


 左から3番目の坊さんの托鉢用の鉢(ダヴェイ)の上に紙幣が乗ってるの分かる。恐らく中国人観光客のおばちゃんが、「まあ、この坊さん、可愛い」ってんで、お札を布施したんだろうけど、もしこの坊さんがこの紙幣に触ったら重大な戒律違反となる。坊さんはお金に触れたり、物品の売買をしてはいけないんだ。だから、僧院にはカッピヤという寺男がいてお金を管理している。だから、この子もカッピヤにお金を預かってもらって、必要な仏教書を買うことになる。

 227も律があって、もうそんなのとても守れないと思ったら、坊さんを辞めて還俗すればいい。そして、「よし、今度こそ戒律を守って生活するぞ」と決意できたら、また出家すればいんだって。もし、僕が還俗して、また坊さんに戻ろうと思ったら、一から試験を受けて修行もしなければならない。こんな年とってから、まあ無理だね。その点、ミャンマーでは気軽に出家、還俗が出来る。

IMG_2304_convert_20200104162600.jpg   


 ぞろぞろ並んでやって来た坊さんたちは、ここでご飯とおかずを鉢に入れてもらい、いよいよ今日最後の食事となる、1000人分の食費がいくらほどかかるかゼイヤ君に聞いてみたら、日本円で20万円くらいだって。これだけの食費が毎日毎日365日、全部お布施だ賄われているって、凄いね。ゼイヤ君の一度お布施したことがあるそうだ。その時には家族・親戚もみんな呼んで、坊さんと同じ食事を食べるんだって。それによって功徳が積まれ、。来世に良い立場で生まれることだぞ出来る。

 ミャンマーの坊さんは約50万人。ミャンマー国民100人に1人の割合だ。だから、1人の坊さんの生活が99人の在家の人々の布施によって支えられている。でも、ミャンマーの近代化がこれから進み、資本主義的な考え方を身につけたミャンマーの人々が、果たしてこのシステムを維持していけるのか、心配だ。


 さあ、これからいよいよ食事だけど、話が長くなったので続きはまた今度ね。(つづく)



↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【 2020/02/18 05:35 】

パゴダの国へ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

古都バガン⑦ーバガン・ビューイング・タワー

8月19日(月)

DSC03848_convert_20191224132748.jpg 

 午後5時45分、アーナンダ寺院を出て、バガン遺跡地区の東の外れに建つバガン・ビューイング・タワーへ。20分ほどで着いた。

 以前はパゴダや寺院に登ることが赦されており、バガンの全景を写すことが出来たが、現在は遺跡保護のために禁止されている。そこで、2005年にオープンしたのがオウリウム・パレス・ホテルの入り口に建つ高さ約60mの展望台だ。開館当初の入館料は10ドルもしたそうだが、閑古鳥が鳴いたため一挙に半額の5ドルになったらしい。

 1階は土産物屋やギャラリーがある。11階の展望レストランまでエレベーターで直行。その後、レストランから螺旋階段で上まで上がり、窓無しのオープンスペースで360度のパノラマ風景が楽しめる。

IMG_2235_convert_20191224132955.jpg  

 僕もさっそく写真撮影だ。

IMG_2234_convert_20191224132921.jpg 

 エアーヤワディ川の岸に広がる平原に大小さまざまな無数のパゴダが林立している。その数は3000とも言われている。その多くは赤茶けた色をしているが、鮮やかな白い色をしたものもある。

DSC03840_convert_20191224132838.jpg  

 日没にあわせて写真を撮ってみるが、逆光になってしまい、今イチ。その上、タワーから西にはパゴダがあまり無いので、日の出の時間にあわせて登ったほうがいい写真が撮れそうだ。

images_convert_20191224132655.jpg 

 僕の写真ではバガンの雰囲気が分からないので、ネットから写真を借りてきた。

  パガン朝の寺院建築は、マルコ=ポーロの『東方見聞録』にも、「太陽の光に触れては燦然と輝き、はるか彼方からでもその光輝を望見できる」と、美しい大塔のことを伝えている。王たちは仏教に深く帰依し、自ら僧院生活を送り、寺院建築に打ち込んだ。最後の国王となった第11代ナラティハパテ王も6年かかってパゴダをつくったが、民衆から「仏寺成って国滅ぶ」といわれた王であった。

62c840e776e856dc5f01483325cfe913.jpg 
フビライ

 しかし仏塔・寺院の建造に力を入れすぎて13世紀後半には国力は衰亡し、雲南地方を併合した元のフビライはバガン朝に対して4度にわたり入貢と臣従を要求したが、ナラティハバテ王はそれを拒絶した。そのため元軍は1287年に首都バガンを攻撃して占領、約250年続いたバガンは崩壊した。その後、バガンの王は元に従属するかたちで統治をゆるされたが、上ビルマ地方の新興勢力のシャン人が実権を握り、バガン朝は消滅した。

DSC03851_convert_20191224145014.jpg 

 30分ほどバガンの景色を楽しんだ後、午後7時にレストランへ。「ウェルカム ティピカル フードハウス」という民家風のレストランで、趣はある。かなり広いレストランだが、お客さんは我々だけで貸し切り状態。

DSC03853_convert_20191224145052.jpg 

 舞台があり、操り人形劇が始まった。一生懸命に演じてくれているので見なくてはと思うのだが、劇を見ていると飲み食いが出来ないので、どうしても劇はそっちのけになる。

DSC03855_convert_20191224145135.jpg 

人形劇が終わると、今度は素人っぽい女性達による踊りが始まったが、やはり誰も観ていない。可愛そう。ほんなら、お前観ろや。いやいや、食べるのに忙しくて。
 
DSC03856_convert_20191224145217.jpg

 いつものようにミャンマービールの乾杯に始まって、いつものようなミャンマー料理が出てくる中、パゴダ風のフードカバーに隠された料理が。きっと凄い料理に違いない。期待してフードカバーを取って、唖然。

IMG_2255_convert_20191224145307.jpg 

 ただのライスでした。大袈裟な。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【 2020/02/14 05:26 】

パゴダの国へ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

古都バガン⑥ーアーナンダ寺院

8月19日(月)

IMG_2209_convert_20191223133455.jpg 
 
 午後4時5分、ホテルを出て近くの漆工房へ。ミャンマーの漆器はバガン王国が栄えていた頃から少し後の時代、14世紀から18世紀頃にかけて、タイ北部から漆器作りの技法が伝わり、定着したらしい。エーヤワディー川流域で豊富な竹と、シャン丘陵で採れる漆を組み合わせて作られる。

IMG_2206_convert_20191223133337.jpg 

 わが石川県は日本屈指の漆器生産地で輪島塗や山中塗がある。おっちゃんが一生懸命に制作中だが、あまり興味がわかない。

IMG_2207_convert_20191223133411.jpg 

 「タナカ」を塗ったお姉さんたちは小刀で模様を彫っているようだ。お義理みたいに30分ほど見学して工房を後にした。

DSC03802_convert_20191223143003.jpg 

 午後4時55分、アーナンダ寺院に到着。アーナンダ寺院はバガンを代表する、最大かつ最もバランスの取れた美しい寺院とされている。1090年、バガン朝第3代チャンスィッター王の手で建てられた。

 チャンスィッター王は国内の政治的統一を維持し、バガン朝の最盛期を現出させた王である。王はモン人とビルマ人との融和統合に努め、仏教を篤く信仰した。しかし、王宮内では祭儀にはバラモン僧が関与し、王もヒンドゥー教などの供儀を執り行っていたようである。都城下ではヴィシュヌ信仰、大乗仏教、それにタトゥンからの上座部仏教が共存し、モン文化の影響が濃厚であった。

 
DSC03804_convert_20191223143250.jpg DSC03803_convert_20191223143155.jpg

 入り口の両側に何となく色っぽい2体の像がある。日本のお寺で門の両脇においでになると言えば、仁王さま、金剛力士だ。3年間に行ったスリランカでは聖域を護るガードストーンというのがあって、これが金剛力士像の原形とされている。そのガードストーンにはヤクシャ(夜叉)やその女性形であるヤクシーが彫られているんだけど、それと関係あるんかな。

DSC03805_convert_20191223162115.jpg 

 本堂は一辺が63mの正方形で、東西南北4つの入り口がある。中に入ると目の前に黄金の仏像が。お賽銭がいっぱい。あっ、紙幣だからお賽札か。ん、また両脇に像が立っている。

DSC03806_convert_20191223162225.jpg  DSC03807_convert_20191223162404.jpg 

 これはもう間違いなく、スリランカで見た聖域を護るヤクシー像だよ。

DSC03808_convert_20191223162505.jpg 

 アーナンダ寺院の本堂中央にはシュエジーゴン・パゴダと同じように、「過去四仏」の立像がそれぞれ四方を向いて収められている。高さは9.5mもある。

 この仏像は西を向いておられるGotama(釈迦牟尼仏)だ。右手は施無畏印で、左手は与願印。お釈迦さまの代表的なハンドサインで、「施無畏印」は相手の畏れをなくすサインで、「与願印」は相手の願いを聞き届けようという姿勢を表している。

DSC03812_convert_20191223171518.jpg 

 仏像の前には1対の金箔の貼られた造花。ミャンマー版の常花だろうね。うちのお寺のご本尊にも常花が供えられている。日本の常花とデザインは違うけど、蓮の花だよね。

IMG_2220_convert_20191223171406.jpg 

 回廊の壁面には天井近くまで多くの壁龕【へきがん】があり、仏像が安置されている。その数1500というから、驚く。

 実は白い壁の下には壁画があるんだって。第二次世界大戦中に農民がこのお寺に逃げてきて、ここで煮炊きしたので壁全体が痛んでしまったそうだ。それを戦後修復の知識がなかったので、とにかく真っ白に漆喰を塗ってしまったそうだ。 

DSC03824_convert_20191224085653.jpg  

 この像は降魔成道印を結んでいるから、ブッダが悟りを開くところだね。ということは、両腕を引っ張っているのは悟りの邪魔をしようとしているマーラ(悪魔)だろうね。

DSC03814_convert_20191224085539.jpg 

 この像は転法輪印(説法印)を結んでいるから、ブッダがサールナートで初めて説法をしているところだ。でも初転法輪はコンダンニャをはじめ5人の修行者に対して行われたのに、説法を聞いている修行者は4人しかいない。一人足りないよ。

DSC03820_convert_20191224085752.jpg 

 一部に壁画も残っているが、保存状態があまり良くない。

DSC03818_convert_20191224090834.jpg 
 
 南を向いておられるKassapa(カッサパ仏=迦葉仏)。さっきの釈迦牟尼仏と印相が違うよね。両手を絡めておられるけど、こんな印相は見たことがない。どなたか、ご存じの方がおいでたら、教えてください。

DSC03825_convert_20191224090735.jpg 

 これは東を向いておられるkonagamana(コーナーガマナ仏=倶那含牟尼仏)。左手は自然にさげており、右手は親指と中指で輪を作っているけど、こんな印相も見たことがないな。

DSC03826_convert_20191224090918.jpg 

 北を向いておられるKakusandha(カクサンダ仏=倶留孫仏)。南のカッサパ仏と同じような印相を結んでいるけど、実は南方の2体は創建当時のままで、東西の2体は火事で焼けてしまい、造り直されたもんなんだ。ひょっとしたら、その時に印相を変えた可能性もある。

 下に写っている人間を比べて仏像の大きさが分かると思うけど、その大きさといい、美しさとい、圧巻でした。

DSC03835_convert_20191224094737.jpg 

 アーナンダ寺院は、ビルマとインドの建築様式を融合させたスタイルであり、ギリシャの十字のレイアウトを持つエレガントさを兼ね備え、完璧に計算された対称の構造になっている。

 最も特徴的なのは、中央にそびえる高さ51mの尖塔の黄金に輝く美しい「シカラ(sikhara)」だ。北インドをルーツとしているシカラからも、インドから影響を受けていることが分かる。また、シカラすべての側面には、仏像が安置されている5つの壁龕があり、さらにそのトップには傘型の尖塔装飾品である「hti(ティ)」が飾られている。

 バガンで最も美しく中心的な建造物とされて、その圧倒的な印象から「ビルマのウェストミンスター寺院」とも称されているのだそうだ。

DSC03830_convert_20191224094659.jpg 

 ところで、なんでアーナンダ寺院と言うんだろうか。アーナンダと言えば、ブッダの従弟で十大弟子の一人である。漢訳仏典では阿難と書かれるが、ブッダが亡くなるまで25年間身の回りの世話をし、「多聞第一」と称された。寺の名前はアーナンダ寺院となっているが、実はアーナンダとは何の関係もないそうだ。なんだ、ソーナンダなんだ。(笑)

DSC03832_convert_20191224100340.jpg 

 珍しい花を見つけた。これ何の花かわかる?沙羅双樹の花なんだって。ブッダは沙羅双樹の下で亡くなったんだよね。平家物語の冒頭部、「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。」でも有名だ。

 沙羅双樹の花の色は白だそうだ。でも、この木の花は赤い。不思議に思って調べたら、この木は沙羅双樹ではなく、ホウガンノキといって、南米ギアナ原産の木なんだってさ。それが何故か、ミャンマーだけでなくスリランカ、タイ、カンボジアで崇められている。それも入滅の時の聖木ではなく、ブッダ聖誕の木としてね。

 もう一つ、ブッダにまつわる木と言えば、お悟りを開いた時の菩提樹。スリランカでは菩提樹が崇拝の対象となっていて、ストゥーパ(スリランカではダーガバと言う)はあまり重視されていない。ところが、同じ上座部仏教の国でありながら、ミャンマーはパゴダだらけだけど、菩提樹を見かけることはなかった。

 お国によって随分違いがあるもんだね。(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【 2020/02/11 05:27 】

パゴダの国へ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

古都バガン⑤ー僕も「タナカ」を塗ってみた

8月19日(月)

DSC03778_convert_20191222163222.jpg 
 
 午後12時40分、レストランに到着。レストランは「Sunset Garden Restaurant(River Side BAGAN)」。

DSC03779_convert_20191222163259.jpg 

 店内はオープンテラスになっており、名前の通り、目の前にはエーヤワディ川が滔々と流れている。西に面しており、日没時には幻想的な景色を楽しめそうだが、残念ながら今はお昼の真っ最中。でも、川からの風が頬を撫で、気持ちがいい。

DSC03781_convert_20191222163339.jpg 

 何はなくとも、まずはミャンマービールで乾杯。かなり歩き回ったから、沙漠に水が敷き込むように、喉に入っていく。美味い。

DSC03782_convert_20191223101106.jpg DSC03783_convert_20191223101141.jpg
DSC03785_convert_20191223101219.jpg DSC03787_convert_20191223101423.jpg

DSC03788_convert_20191223101503.jpg DSC03789_convert_20191223101532.jpg

 料理は野菜の天ぷらに始まって、野菜のスープや野菜の炒め物が中心のあっさりした味付けのものが続き、シーバスのフライとデザートはパイナップル。シーバスのフライは美味かったが、ここでもミャンマーらしさが出ておらず、無国籍料理。なんか物足りない。

DSC03790_convert_20191223103247.jpg 

 庭に美しい花が咲いている。これはミャンマー語で「タヨー・サガー・パン」。タヨーが中国、サガーが言葉、パンは花の意味なので、直訳すれば「中国語の花」という変わった名前の花だ。英語名はプルメリア。

 お隣のラオスでは「チャンパー」と呼ばれ、国花となっているそうだけど、2~17世紀にベトナム中部に栄えたチャンパー王国と関係あるんかな。

DSC03791_convert_20191223103331.jpg 

 これはジャスミン茶に使うアラビアンジャスミンで、純白の花はブッダの歯に喩えられるのだそうだ。 植木雅俊先生によると、サンスクリット語では「マッリカ」。中国ではそのまま音写されて「末利」と書いていたが、植物だとわかるように後に草冠をつけた文字にして「茉莉」「茉莉花」と音写されたそうな。

 昔、ブッダの信者にカピラーという女性がいた。彼女はコーサラ国の首都シュラヴァスティーのバラモンの大金持ちの召使で、ジャスミンの花園で働いていた。カピラーは、顔は不器量だったが心のきれいな女性で、花園でパセナディー国王と出会い、見初められてその夫人となった。奴隷身分から王妃となったカピラーは心の美しさと、王と出会ったジャスミンの花園にちなみ、「マツリカ」と呼ばれるようになったそうだ。全国の茉莉さん、あなたのお名前はジャスミンのことなんですよ。知ってた?

DSC03797_convert_20191223115627.jpg 

 午後1時35分、レストランを出て、5分ほどでホテルに着いた。ホテルは「Treasure Resort Bagan」。

DSC03796_convert_20191223115547.jpg 

 ジャスミンの花が満開。

DSC03794_convert_20191223115451.jpg 

 僕のルームナンバーは616号室。パゴダの形をしたルームキーがでかい。

IMG_2202_convert_20191223115755.jpg 

 まずはインスタにシュエジーゴン・パゴダの写真をアップ。

DSC03799_convert_20191223121834.jpg 

 ロビーに行ったら、ホテルのスタッフが「タナカ」の木を挽き臼ですり潰している。「郷に入っては郷に従え」ということで、みんな顔に「タナカ」を塗ってもらった。初めのうちは目立たないんだけど、乾いてくると白さが目立つようになり、お互いの顔を見て笑っている。

DSC03800_convert_20191223121907.jpg 

 で、僕はこんな顔になった。なんとも情けない顔。日本だと恥ずかしくて外に出られないが、この顔で午後の見学に出かける。みんな笑うんじゃないぞ!!!!(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【 2020/02/07 05:31 】

パゴダの国へ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

古都バガン④ータマヤンジー寺院

8月19日(月)

DSC03763_convert_20191220085644.jpg 

 午前11時35分、ティーローミンロー寺院を出てタマヤンジー寺院に向かう。道すがら多くの寺院やパゴダが見える。

IMG_2179_convert_20191220085514.jpg 

 おやっ、お昼のお弁当の配達ですかね。それにしてもうまくバランスを取ってて、頭から落ちないんですね。親子連れだと思うけど、お母さんも少年も民族衣装のロンジーをはいてますね。ロンジーは簡単に言えばビルマ風腰巻き。これの着用率がほぼ100%に近い。男性も女性も老いも若きも、タクシーの運ちゃんも、商店街の店主も店員も、お役所の職員も、ガイドのゼイヤ君も、みんなロンジー姿だ。もちろん、アウンサンスーチーさんもね。

 なぜ、これだけロンジーがミャンマー国民に愛されるのか?実用的に優れていることや、長らく続いた輸出入の統制のために外国製の衣服の入手が困難だったこともその要因だろうけど、やはり伝統文化への愛着が強いからだろう。

  金沢でも最近和服を見かけることが多くなったが、これはインスタ映えを狙った観光客がレンタルして、町を闊歩しているからだ。どいつもこいつも全然着物が似合っていない。たまに着ても駄目。毎日のように着ていないと、しっくりこないもんだ。

DSC03764_convert_20191220085434.jpg 

 パゴダが林立している。この前も書いたけど、バガンには3000を越えるパゴダがあると言われている。まあ、それにしてもよく建てたもんだね。バガン朝は1044年から1287年の約250年間続いた王朝だから、毎月1つづつ建てた計算になる。

IMG_2180_convert_20191220085725.jpg 

 馬車がいっぱい停まっている。大型バスでバガンを周るよりも、馬車のほうがのんびりしていていいよね。1日のチャーター料が3万チャット、2,300円位だから安い。ただし、ぼったくりの馭者もいるらしいから気をつけてね。あと、レンタサイクルとEバイク(電動自転車)があるそうだ。

DSC03766_convert_20191220105057.jpg  

 午前11時50分、タマヤンジー寺院に着いた。タマヤンジー寺院は基壇一辺の長さ約78メートルというバガンの中で最大規模の寺院で、午後訪ねるアーナンダ寺院と同じように洞窟をモチーフにしている。煉瓦造りの単層構造だが、上部には、崩落した頂部に向かってそびえる6段のピラミッド型テラスがあり、重厚感がある。


 この寺院を建てたのはバガン朝第5代国王のナラトゥー(在位1167~1170年)なのだが、こんなエピソードが残っている。

 imagesDU3J1A47.jpg
アラウンシードゥー

 バガン朝第4代国王アラウンシードゥーは長男であるミンシンソウを後継者としていた。しかし、お互いの意見の相違から、ミンシンソウは宮殿を追われ、マンダレー東部で亡命生活を送ることになってしまう。弟のナラトゥーは王国の日常的な事務を処理してアラウンシードゥーに好印象を与え、間もなくナラトゥーは宮廷の中で事実上の後継者となった。

 
しかし、王位に就くことを待ちきれなかったナラトゥーは、1167年に重病に罹った父王をシュウェグージー寺院に幽閉。寺に運ばれた父が意識を取り戻した事を知ると、進退窮まった彼は寺に赴き、自らの手で父を窒息死させた。ナラトゥーが政変を起こした直後にミンチンソウが軍を率いてバガンに進攻し、ナラトゥーは大僧正のパンタグと協議してミンチンソウを王位に就けた。

 しかし、その夜にナラトゥーはミンチンソウを毒殺して自ら王位に就き、彼の背信行為に憤慨したパンタグはセイロン島に出奔した。こうして、父と兄を殺害して即位したのがナラトゥーだが、こんな話はどこの国でも起きた血生臭い王位継承争いで、ムガル帝国のシャー=ジャハーンやアウラングゼーブも同じことをしている。

IMG_2188_convert_20191220114128.jpg  
 
 その後、ナラトゥーの行為は、王朝の威信を下げ、多くから不評の声が上がり、自らも罪悪感による重圧を抱え、宮殿に閉じ込もってしまう。罪の意識にさいなまれたナラトゥーが、罪滅ぼしのためにそれまでで最大で、最も細工が細かく、最も変わった形の寺院を建て始めた。しかし、工事は遅々として中々進まず、またナラトゥーが煉瓦と煉瓦の間に針が入るほどの隙間があるという理由で左官を処刑した噂も立った。そして、ナラトゥーは即位して3年後の1170年に何者かに暗殺されてしまう。

 バガン王家に嫁いでいた娘を殺害されたパティカヤ王の報復であったとも言われ、パティカヤ王は8人の刺客を送り込み、彼らはバラモンに扮してナラトゥーを刺殺したと伝えられているが、セイロン島のシンハラ王朝の攻撃によって戦死したという説もある。

 ナラトゥーの死によってタマヤンジー寺院の工事は中断した。ナラトゥーの評判は生前から悪く、その後工事をする人も現れず、寺院は荒れるがままになって行った。現在でもこの寺院は未完のままで、地元では夜になると幽霊が出ると言われ、心霊スポットになっているそうな。

DSC03768_convert_20191220105155.jpg 

 未完ではあるが、仏像はいくつか収められている。この仏像はティーローミンロー寺院の仏像とそっくり。と言うか、ティーローミンロー寺院の建立のほうがあとだから、ティーローミンロー寺院がダマヤンジー寺院の真似をしたんか。

 DSC03769_convert_20191220105247.jpg

 今の仏像の右膝だけど、なんか腫れてない。変形性膝関節症じゃないか。いやいや、実はこれ信者さんが金箔を貼り過ぎた結果なんだ。ミャンマーの人は信仰の証として仏像に金箔を貼るのが大好きなんだ。

 インドのブッダガヤ大塔のお釈迦さまもクシナガラの涅槃像も金ピカにしたのはミャンマーの人たちだ。金箔貼り過ぎてもっと大変なことになった仏さんを後で紹介するから楽しみにしといてね。

IMG_2192_convert_20191220163443.jpg 

 この仏像は金箔が貼られてないし、その上、袈裟が赤というか、臙脂色だ。ちょっと今までの仏像と趣が違う。それにしても、このなまぐさ坊主は手をあわせることもせず、写真をとってやがる。

DSC03770_convert_20191220163148.jpg 

 拝観している時は回廊がひんやりしていて、外からの風が気持ちいいと感じていたんだけど、今こうして文章をまとめながら回廊の写真を見ると、なんとなく重く沈んだ雰囲気だね。地元の人が幽霊が出ると言っているのも分かる気がする。

DSC03774_convert_20191220163242.jpg 

 回廊の壁龕【へきがん】(仏像を安置するため壁の窪み)はほとんど空だけど、この壁龕には涅槃像が。

 DSC03775_convert_20191220163329.jpg

 これは珍しい二尊仏ですね。みんなも知っている通り、普通は三尊仏だよね。釈迦如来と脇侍の文殊・普賢菩薩や阿弥陀如来と脇侍の観音・勢至菩薩が有名な三尊仏だ。二尊仏というのは初めて見たと思ったんだけど、よく見ると仏像の背後のストゥーパは3つあるよね。真ん中にストゥーパがあって、両サイドに仏像がある。あれっ、これ僕が毎日拝んでいる「一塔両尊と同じ形式じゃないか。真ん中にお題目が書かれた塔があって、向かって左に釈迦如来、右に多宝如来。日蓮宗のご本尊だよだ。

 ダマヤンジー寺院では法華経が信仰されていた、という妄想が脳裏をよぎったが、この2体の仏像はナラトゥーが暗殺した父と兄を祀るために造られたそうだ。

DSC03776_convert_20191220163410.jpg 

 回廊から外に出ると、雨季とは言え光が眩しい。いつも通り門前の土産物屋。めぼしいものは一つもない。たくさんの操り人形が木に吊されており、風が吹くたびに揺れている。

 ミャンマーの操り人形が有名だとは、この時はつゆ知らず、晩飯の時にその人形劇を見せられることも知らなかった。

 今は晩飯のことより、昼飯だろうが。レストランに急ぐぞ。(つづく)


↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【 2020/02/04 05:40 】

パゴダの国へ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

古都バガン③ーティーローミンロー寺院

8月19日(月)

images_convert_20191219092500.jpg 

 午前10時55分にシュエジーゴン・パゴダを出て、15分でティーローミンロー寺院に着いた。

_convert_20191219094724.jpg  

 ティーローミンロー寺院は1215年にバガン朝第8代国王ナンダウンミャーがこの地で王位継承者に選ばれたことを記念して建てられた寺院で、高さ約46メートル、3層の構造を持つ荘厳な寺院だ。

 父王のナラパティスィードゥーが5人の王子の中から後継者を選ぶ際、傘が倒れた方向に座っていた者を選んだというエピソードが残されており、ナンダウンミャー王は別名ティーローミンロー(傘の王)と呼ばれていた。そのため、この名称がついたといわれている。

DSC03755_convert_20191219091250.jpg 

 実はさきほどの写真はネットからの借り物で、僕が写した写真はこれ。バガンでは、2016年8月にマグニチュード6.8の地震が発生し、多くの仏塔や寺院が被害を受けた。遺跡群の中でも特に大きく、多くの人で賑わうティーローミンロー寺院でも、上部が倒壊して修復作業が行われている途中だ。

 バガンには3000を越えるパゴダがあると言われ、この地震で倒壊したパゴダも数多くある。ミャンマー政府は順次修復を進めているらしいが、財政的問題からなかなか難しいようだ。

DSC03756_convert_20191219091409.jpg 

 1階部分には東西南北に向かって4体の仏像が安置されている。印相は右手指を下に向け地面に触れている降魔成道印だ。ブッダが悟りを開こうとする時に邪魔をしようとした悪魔を追い払った姿を表している。

DSC03757_convert_20191219091448.jpg 

 次の仏像も表情は違うが、同じ降魔成道印だ。日本のお寺なら一番大事なご本尊を中心に他の仏像・菩薩像などが配置されるが、ミャンマーのお寺にはご本尊はないそうなので、4体の仏像はシュエジーゴン・パゴダと同じように「過去四仏」なんだろう、と勝手に解釈した。

DSC03759_convert_20191219091603.jpg 

 この仏像の背後にはストゥーパが彫られており、この形式の仏像はインドのアジャンター石窟でも見たことがある。仏像が出現する以前はチャイティア窟(祠堂窟)の信仰対象はストゥーパのみであったが、仏像が登場するとストゥーパの前に仏像が置かれるようになった。

DSC03760_convert_20191219091649.jpg 

 さっきの仏像とそっくりだけど、ちょっと違うよね。違いが分かるかな?そう、左手の上に小さな仏像が乗っている。どんな意味があるのか、ゼイヤ君に確認するの忘れた。なんせ、かなりのスピードで拝観してるからね。ティーローミンロー寺院の拝観時間はたったの25分。ツアーの悲しさ。じっくり見るときは個人旅行でないとね。

DSC03761_convert_20191219104822.jpg 

 これが最後の仏さま。お供えされている花は睡蓮だね。2階にも4体の仏像が安置されているらしいが、現在は2階に上がることは出来ない。

DSC03762_convert_20191219104923.jpg 

 壁画も一部見ることが出来たが、傷みがかなり激しい。

_convert_20191219105049.jpg 

 このお寺でミャンマーに来て初めて買い物をした。たった3.4センチしかない、小さなブッダ。これで3,000チャット。日本円でたったの230円。僕の守護仏にします。

_convert_20191219105006.jpg 

 もう一つ、お寺に入る前に土産物屋で買った砂絵。他にもいろんな絵があったんだけど、みんなに置いて行かれそうになって、慌てて決断した。向こうの言い値は22,000チャット(1,700円位)だったけど、12,500チャット(960円位)に負けさせてゲットした。40%オフだから、まずまずの買い物だ。今までの旅行では生徒達へのお土産で随分悩んだけど、退職したからその必要がなくなり、こんな楽なことはない。

 ところで、この絵が何か分かるかな?これ、ミャンマー伝統の「八曜」の象徴となる動物を表した絵なんだ。「八曜」はミャンマーに古くから伝わる占星術の一種で、ミャンマーの人たちにとっては今でも生活の一部となっているそうだ。ミャンマーの人たちは、自分が何曜日に生まれたのかを必ず知っている。1週間は7日なのに、なんで8曜なの、と思うよね。実は、水曜日が午前と午後に分けて考えられているので、8つの曜日が存在するんだ。

 「八曜日」には各々定められた方角、星座、守護動物が割り当てられており、ミャンマーの人たちは、自分の誕生日の曜日を非常に⼤切にしている。血液型占いのように、生まれた曜日によって、その人の基本的な性格や人生、さらには他人との相性なども決まってくると考えてるんだってさ。

2000px-Emblem_of_Thailand_svg_convert_20191219114421.png 

 ゼイヤ君に教えてもらった僕の誕生日は日曜日。日曜日の方角は北東、星は太陽、守護動物は鳥(ガルーダ)だって。砂絵は上が北になっていないので、北西の方角、左斜め上の絵が鳥だ。ガルーダと言えばヴィシュヌ神の乗り物でインドネシアやタイの国章になっている。なんか嬉しくなるね。

 ネットで誕生日を入力すると自分の誕生日が分かるサイトがあるから、興味があったら試してみて。ちなみに、僕の性格は「自立心が旺盛な合理主義者」。日曜日生まれのあなたは物事に積極的に関わるタイプ。面倒見がよく、周囲の人々から頼られる存在ですが、少々自信過剰でお節介な所が玉に瑕。贅沢を好む傾向にあり、散財にはご注意を!!と出ました。

 ほぼ、当たってますね。だけど、なまぐさ坊主ではあるが、決して贅沢は好みません(笑)。(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【 2020/02/02 05:31 】

パゴダの国へ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |