FC2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

成田空港の居酒屋で大宴会

 シルクロード。興味をもったのはいつの頃だったろうか。高校で世界史の授業を担当してすぐの頃だったかも知れない。多くの商人が、仏典を求める求法僧が、あるいは中国への伝道を志した渡来僧が、苦難を乗り越えて行き交った道。一度は訪ねてみたい。NHKの「シルクロード」でさらにその夢がかきたてられたが、今から30年前、それは夢でしかなかった。
 しかし、平成9年にともにインドを旅した仲間たちから、次はシルクロードに行こうという声がおこり、平成12年、夢は夢でなくなった。お互いに仕事のある身、一度にシルクロードを制覇するのは無理なので、3回にわけて旅することとした。
 平成12年は西安→敦煌→トルファンを経て、鳩摩羅什の故郷クチャまで。平成16年はクチャ→カシュガル→クンジュラーブ峠を越えて、パキスタンのガンダーラまで。そして今回は総仕上げで、イスタンブールとティムール帝国の都サマルカンドをめざすこととなった。

8月1日(木)

DSC00065.jpg 

 今回の旅で使用する航空会社はウズベキスタン航空。フライト時間は2日の午前10時。小松・成田便は午前8時で、搭乗時間に間に合わない。仕方なく前日の午後3時のANA3118便で成田空港へ。使用機材のCanadair Regional Jet 700は定員70名。ボーディングブリッジは使わず、機体のところまで歩行って、タラップを登って乗り込みます。 

DSC00068.jpg 
                                 
 空港内のエアポートレストハウスに宿泊。ホテルのレストランでは味気ないので、晩飯は成田空港第1ターミナルの京成友禅で。今回の参加者は10名。いつものことながら酒がないと生きていけない連中ばかり。なにしろ、イスラーム教の厳格なパキスタンを旅した時も、毎晩宴会をしたくらいですから。(ご存じの通り、イスラーム教では飲酒は絶対禁止。パキスタンへの持ち込みも禁止されています。)

DSC00069.jpg 
 日本最後の夜だからと、ゲソや軟骨の唐揚げ、枝豆、茄子の漬け物で大宴会となった。初日から酒に溺れています。
      
スポンサーサイト



【 2013/11/03 06:28 】

トルコ・ウズベキスタン  | コメント(1)  | トラックバック(0)  |
<< さよなら、知る苦労道!! | ホーム | 飛んでイスタンブール >>

コメント

---  ---

素晴らしい文面ですね(^_^)
その時の情景や思いがひしひしと伝わりました!!

ナンシークワン  *  URL[編集] 【 2013/09/03 22:32 】

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |