FC2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴ってまいりましたが、これからしばらくは世界史のミラクルワールドをお届けします。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブッダの弟子たち その8


ブッダを知りませんか?


スブーティ(須菩提【しゅぼだい】)


IMG_NEW_0009_convert_20140726161115.jpg 
中村晋也作『薬師寺・釈迦十大弟子』
 
 スブーティはコーサラ国の都シュラヴァスティーの長者の子として生まれた。お父さんの名はスマナ。あの祇園精舎【ぎおんしょうじゃ】を寄進したことで有名なスダッタ長者の弟さんだ。スダッタ長者については、またいずれお話するね。祇園精舎の完成を記念してブッダが説法した時、スブーティも伯父さんのスダッタ長者の傍らにあってその説法を聞き、深く感銘して、そのまま出家した。それ以前の彼は自分の頭が良いのを誇り、他人を軽蔑したり、意地悪をしたりしたそうだ。また、気に入らないことがあると、近くの物や動物に当たり散らし、粗暴で、荒【すさ】んだ生活をしていたと伝えられている。しかし、出家後は心から修行に励み、見事なまでに自らを変えたそうだ。僕は保護司をしているんだけど、犯罪を犯した人たちを見ていると、「なんでこの人が?」と思える人がほとんどだ。何かのきっかけさえつかめれば自らを変えることは可能だし、その手助けをするのが僕の役割だと思ってるんだけど、なかなかブッダのようなわけにはいかない。

 スブーティはブッダの「空【くう】」の思想の真義をよく悟って、心のかたよりやこだわり、ものへの執着から脱したんで、「解空【げくう】第一」と称えられた。また、多くの縁【えにし】のおかげで今あることに感謝し、外道から非難や中傷・迫害を受けても、他と争わない生き方を貫いたので「無諍【むじょう】第一」とも呼ばれ、信者さんたちからの供養を誰よりも多く受けたんで「被供養第一」とも呼ばれている。

135993233511013221439_130204-2-02_convert_20140727111224.jpg 
 ところで、みんな「空」って、分かる?般若心経【はんにゃしんぎょう】の「色即是空 空即是色」の部分は有名だよね。2013年2月に亡くなった歌舞伎の第12代市川團十郎さんの辞世の句が、「色は空 空は色との 時なき世へ」。これを息子の海老蔵さんが喪主挨拶で、「イロハソラ、ソラハイロトノ……」と読んでたけど、これは間違いだよね。これじゃ全く意味が通じなくなってしまう。海老蔵さんは「空(そら)を見たら父を思い出してください」というようなことを言っていたけど、お父さんの気持ちを全く理解していない。團十郎さんは明らかに「色即是空 空即是色」をふまえて、「シキハクウ クウハシキトノ……」と詠んだんだ。

 空はサンスクリット語のシューンニャの訳語で、「ふくれあがって中身が空っぽ」とか「実体がない」という意味。物質や肉体などこの世に存在するものは、すべて因縁によって起こっている現象にすぎず、すべてのものから独立して存在する「実体」はないということだ。たとえば、ここに自動車がある。自動車はエンジン、ボディ、シャーシ、ハンドル、タイヤなど、色んな部品から成り立ってるよね。この自動車から順番にエンジン、シャーシ、ハンドル、タイヤと色んな部品を取り除いていくと、何が残るかな?何も残らないよね。ということは自動車という実体は存在しないということだ。でも、自動車という現象は確実に存在している。これと同じように、この世のすべての存在には実体がなく、単なる現象にすぎないから、そんなものに執着して、とらわれてはいけないということだ。ブッダの説かれた「縁起の法」にもとづくんだけど、2世紀に登場したナーガルジュナ(龍樹)によって理論化された。ナーガルジュナは世界史で習ったよね。そう大乗仏教の理論を確立した偉い坊さんだったね。

MiyazawaKenji_convert_20140330105839.jpg 

 ところで、宮沢賢治の『春と修羅』の序はこんなふうに始まっている。

 わたくしといふ現象は
 假定された有機交流電燈の
 ひとつの青い照明です
 (あらゆる透明な幽霊の複合体)
 風景やみんなといっしょに
 せはしくせはしく明滅しながら
 いかにもたしかにともりつづける
 因果交流電燈の
 ひとつの青い照明です
 (ひかりはたもち、その電燈は失はれ)

 賢治の文章は難解だけど、「わたくしという現象」という表現は、空の理論に基づいていると、僕は思っている。人間が生まれ、年老いて、必ず死を迎えるように、この世のすべては変化している。一瞬たりとも留まるものはない。つまり、そこに存在するものは一時的な現象にすぎず、わたしという存在も一時的な現象にすぎない。「せはしくせはしく明滅している」現象にすぎない、でも、「たしかにともりつづける」現象である。

 スブーティがたまたまマガダ国の都ラージャガハに来た時のことだ。スブーティの説法を聞いて感激したビンビサーラ王は、
「私はスブーティ尊者のお話に感激しました。尊者のために草庵を造ってさしあげたいと思います」と約束した。
 しかし、当時、マガダ国は十六大国といわれる国々の中で最も強大であり、他の国々を併合しようとしている時だった。 そんな時だったから、ビンビサーラ王は忙しさに紛れて、草庵がもう少しでできあがるというところまで行きながら、屋根を葺くのを忘れてしまった。僕だったら「こんな屋根のない草庵なんかに住めるか」と言って腹を立てるところだけど、ものごとにとらわれることなく、供養されたものはただ感謝の心で受けるというブッダの教えを忠実に守っていたスブーティは文句一つ言わずに、その屋根のない草庵にそのまま住んだんだって。いくらインドが暑い国だと言っても、夜露も降りるだろうし、風も吹きつけただろうね。いや、それよりも乾季の間ならいざ知らず、雨季になれば雨が降って大変なことになってしまう。ところが彼が暮らし始めてから何ヶ月も雨が降らなかったそうだ。ありのままを受け入れるスブーティに感じた天が雨を降らせなかったんだ。
 さあ、そうすると、こんどはマガダ国の人々が日照りに苦しむようになり、農作物が枯れ始めた。困った農民たちが何とかして欲しいと王さまに訴え出た。王さまが役人に調べさせたところ、雨が降らないのは、スブーティの草庵に屋根がないことが原因だと分かった。自分のミスだと気がついた王さまが慌てて草庵の屋根を葺いた。屋根ができあがった時、スブーティは素直に喜んで、次のような詩をうたった。

 私の庵は見事にできあがり、
 風も通さず、心地が良い。

 天よ、思うがままに慈雨を降らせよ。

 私の心は自然の理をよく悟り、何事にも動じない。

 私は道を求めてさらに歩む。

 天の神よ、どうぞ雨を降らされよ。
(『テーラガーター』) 

 スブーティがこの詩を詠んだ途端、天は待ってましたと言わんばかりに雨を降らせたので、マガダ国の人々は干ばつから逃れることができたそうだ。

 人は色々な物にこだわるから悩みが起きる。だから、一切のこだわりを捨てる、過ぎ去ったことや、どうにもならないことにいつまでも執着しない。そんな生き方をしたのがスブーティだった。僕らもこんな生活ができたら、どんなにか楽だろうにね。

 
ああ、ちなみに『西遊記』に須菩提という人物が登場しているの、知ってる?孫悟空の仙術のお師匠さんなだんだよ。石猿が解空第一の須菩提の弟子になったんで、孫悟空と名づけられたんだけど、知ってた?(つづく)


 
スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2014/07/28 15:40 】

ブッダの弟子たち  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< ブッダの弟子たち その9 | ホーム | ブッダの弟子たち その7 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |