なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴ってまいりましたが、定年退職した途端に喉頭蓋炎で入院。しばらくはその闘病記を綴っていきます。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

インド洋の真珠スリランカーポロンナルワ②

8月3日(木)

src_45646592_convert_20180110120625.jpg 

 午後2時、クワドラングル(寺院群)に移動。クワドラングルは四辺形の意味で、その名の通り城壁に囲まれた110メートル×140メートルの方形の庭に11の建築物が集まっており、ポロンナルワの仏教の中心であった場所だ。まず、トゥーパーラーマに入ってみる。

DSC03066_convert_20180110120717.jpg 

 壁の厚さはなんと2メートルもある。今日の気温は38度、焼けるような暑さの外と違い、堂内はひんやりとした空気に包まれている。そこにたたずむ約1000年前の仏像。

DSC03068.jpg 

 腕は折れ、お顔もはっきりしないが、異教徒により破壊されたわけではなく、長い年月のなせる仕業であろう。痛々しい。

DSC03067.jpg 

 身体に密着した透けるような衣はインド・グプタ朝時代のマトゥーラー仏を彷彿させるが、影響はあるのだろうか?

45蜀咏悄繝槭ヨ繧・繝ゥ繝シ縺ョ莉丞ワ_convert_20180110124855 

 これがマトゥーラー仏だけど、似てるよね。とすると、大乗仏教の影響も考えられるんだけど、僕の知識では確かなことは言えない。

DSC03070_convert_20180110135715.jpg 

 この円形の仏塔はワタダーゲ。ポロンナルワが首都になる以前、7世紀頃のものというのが通説になっている。

DSC03071_convert_20180110135750.jpg

 中には4体の仏像が東西南北を向いて座している。階段の上がり口の所にさっき話したムーンストーンが見える。中に入って仏像を撮したいが、中に入るには窟を脱がなければならない。靴下を持って来るの忘れたんで、裸足になる必要がある。一遍は裸足になってみたけど、熱いなんでもんじゃない。まるで熱したフライパンに乗ってるみたいで、焦げそう。中に入るのや~めた。

DSC03072.jpg

 階段の両脇に立つのはガードストーンというワタダーゲの聖域を護るガードマン。左手に持っているのは吉祥の壺。これヤクシーかな?ヤクシーのヤクシャ(夜叉)の女性形。ヤクシャはもともと森に住む神霊。バラモン教の精舎の前門には一対のヤクシャ像が置かれ精舎を護らせていたとされ、金剛力士像の原形とされる。また四天王の源流となったともされる。とすれば、ワタダーゲを護るヤクシャだよね。
 でも、微妙に腰をくねらせており、胸も膨らんでいて、どう見ても女性なんだよね。ヤクシーかヤクシャか、考えていたら、頭がクシャクシャになった。誰か教えてくださ~い。

src_34344358_convert_20180110155646.jpg 
  
 アタダーゲと呼ばれている仏歯寺跡。アタダーゲは「8つの遺宝の家」という意味で、11世紀にウィジャヤバーフ1世により建てられた。もともとは二階建てで、柱の上に木造建築があり、仏歯が奉納されていたそうだ。

DSC03074.jpg

 キャンディの仏歯寺での賑わいを見ているせいか、一番奥に立つブッダ像が心なしか寂しげに目に映る。

DSC03073_convert_20180110153114.jpg

 ラター・マンダバヤ。変わった形の石柱が8本突っ立ってるけど、こんな柱今まで見たこと無い。これは蓮の茎をかたどったもので、曲線を描いて天に向かっている姿は、蓮の茎が風に揺れている様子を表してるんだって。先っちょが丸~るくなってるのは、蓮の蕾なんだそうだ。

P1040668_convert_20180110153503.jpg

 おい、人が写真撮ってる時に前を横切るなよ。

 この7階建ての塔はサトゥマハル・プラサーダ。上に階になるにつれて、だんだん小さくなっている。タイのワット・クークットという寺院とよく似てるんで、タイから来た建築家が建てたと言われている。

DSC03078_convert_20180110153322.jpg 

 ガルポタというヤシの葉の本(貝葉経)の形をした石碑で、Stone Bookとも呼ばれている。長さ約9メートル、幅1.5メートル、厚さ44~46センチ、重さ25トンもある。ニッサンカ・マーラ王の命令で、約100kmも離れたミヒンタレーから運ばれたんだってさ。

 DSC03079_convert_20180110153401.jpg

 碑文は3ページにわたって書かれており、インドの侵略者のことや、ポロンナルワの周りの小国との関係、ニッサンカ・マーラ王への称賛の言葉が彫られているそうだ。これだけの遺跡を30分余りで回ったから、ほとんど駆け足状態。もうちょっとゆっくり回れるといいんだけど、ツアーだからしゃあないか。(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【 2018/02/10 09:04 】

インド洋の真珠スリランカ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< インド洋の真珠スリランカーポロンナルワ③ | ホーム | インド洋の真珠スリランカーポロンナルワ① >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |