FC2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴ってまいりましたが、これからしばらくは世界史のミラクルワールドをお届けします。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

なまぐさ坊主の真面目な闘病記⑨ー美人医師3人にかこまれて!

doctor01p.jpg

 入院生活は苦しく辛いものだが、僕の場合はむしろ楽しく幸せな毎日だった。というのは、治療に当たってくれた4人のお医者さんのうち3人が女の先生で、しかも全員が美人ときたから堪らない。

 主治医のA・S先生はアラフォーでハイヒールにフレアスカートというスタイル。白衣のポケットに手を入れて颯爽と病棟の廊下を歩き、まるでテレビドラマに出てくる美人医師みたいだ。

 担当医のY・K先生は白いズボンにスニーカーを履いた、小柄でお侠な女の子で、年齢は30歳そこそこ。治療方針などの説明を早口で捲し立てる。

無題

 そして、毎日ガーゼを替えたり、カニューレの入れ替えをしてくれたのが、一番若いアラサーのY・N先生。金沢医科大学病院のホームページから勝手に画像を拝借して来たけど、見ての通り長い髪の可愛い女の子。黒いTシャツに白衣を羽織ったラフなスタイルで、この先生に治療をしてもらうと、痛いはずの治療でも痛くない。

 こんな3人に診てもらっているから、辛い治療も楽しくなってしまう。もう一人男のS・K先生も毎日の治療に当たってくれるんだけど、朝夕の治療時間にS・K先生が病室に入って来ると、がっかりしてしまう始末だ。

 執刀してくれたM教授とこの4人の先生の力で僕は命を救われたんだけど、特に3人の美人先生のお陰で楽しい入院生活をおくれました。本当にありがとうございました。(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト

テーマ:入院&通院 - ジャンル:心と身体

【 2018/07/30 11:06 】

なまぐさ坊主の真面目な闘病記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< なまぐさ坊主の真面目な闘病記⑩ー白衣の天使にかこまれて! | ホーム | なまぐさ坊主の真面目な闘病記⑧ーえっ、また首切るの!!!! >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |