FC2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

サマルカンド1日目 その4

8月7日(水)  

DSC01082.jpg    

DSC01079.jpg 

 ティムールの気配を充分に堪能して、午後6時15分いったんホテルに入ります。ホテルはレギスタン広場のすぐ北にあるアジア・サマルカンド。玄関はメドレセ風だが、中庭にはプールもあるなかなか洒落た4つ星高級ホテルだ、と『地球の歩き方』には書いてある。

DSC01055.jpg 

DSC01056.jpg 
   
 しばらく休憩して、午後7時5分バスに乗ってレストランへ。20分ほど走って着いたレストランは葡萄棚のある、農家風レストラン。奥村君に聞いたけど、名前は分からなかった。 

DSC01063 新 DSC01069 新 
  
 まずはサマルカンドの地ビール、パルサーで乾杯。それとミネラル焼酎だ。前にも話したけど、ミネラルウォーターのペットボトルに入れた焼酎だ。昨晩、団長さんの部屋で大宴会をした時に出したんだけど、みんなウィスキーばっかり飲んで、ほとんど1本そのまま残った。それを奥村君が持って来て、やっとサマルカンドのレストランにミネラル焼酎の登場とあいなった。でも、ビールがふんだんにあるもんだから、ほとんど誰も飲まない。結局、下戸のザファール君に日本からはるばる持ってきた焼酎を全部あげちゃった。 

DSC01060.jpg DSC01059.jpg
          
DSC01061.jpg DSC01064.jpg 

DSC01062.jpg DSC01068.jpg 
     
 最初の写真がアーモンド。堅くて殻をあけるのが大変。次がサラダ。お次が茄子の料理とサムサ3種類。サムサはブハラでも出たけど、タンドゥールという窯で焼いた肉やタマネギの入ったパイ。インドのものはカレー風味だが、ウズベキスタンのものはそんなにスパイシーではなく、あっさりしている。さらに有名なサマルカンドナン。カットされているけど、もともとは直径30cmほどある。ナンの王様というだけあって、冷めても美味しい。日本へのお土産に買って帰るつもりだったんだけど、結局買う機会がなかった。サマルカンドでは2年経ったものでも食べられると言うけど、本当かね。そして、最後がメインのプロフ。要するにピラフなんだけど、たっぷりの人参と肉が上に乗っていて、意外と美味い。全体的に野菜中心のヘルシーな料理だ。


   DSC01065.jpg 


DSC01067.jpg 

 夕食会にはガイドのザファール君と運転手のハッサン君も参加した。ハッサン君は寡黙で、真面目な運転手。ザファール君は30歳でまだ独身だが、ハッサン君は28歳で奥さんがいる。毎回バスを降りるたびに、ザファール君が言う言葉。「おいよいよいよ~い。今日お世話になった運転手さんは、ハッサンさ~んで~す。」最初はみんな笑ったけど、2回目からは誰も笑わない。その「おいよいよいよいよ~い」って、どこで習った日本語。ハッサン君が生の青とうがらしを注文して美味しそうに食べているので、1本もらって食べたけど、辛いのなんの。インドで食べた時はそう辛いと思わなかったんだけど、気候が違うせいかな?こんなものを食べるくらいだから酒を飲むんだろうと思って聞いたら、やっぱり上戸だ。日本の焼酎を勧めたんだけど、断られた。ウズベキスタンでも飲酒運転は当然禁止で、罰金は90ドルだって。新卒の給料が18~19ドルだから、日本の罰金より高いよね。だけど、ここイスラームの国だから、本当は鞭打ちの刑でしょ。

DSC01074.jpg P1030935.jpg

 夕食が終わって、レストランから出てきたら、ウズベクの子供たちがいる。可愛い子供たちだったので、一緒に写真を撮ろうとすると、小さいほうの子が怖がって逃げていく。おじさん、そんなに怖い? ホテルへの帰り道、バスは右に左に揺れる揺れる。道路工事をしているのかも知れないけれど、周りは真っ暗で何も見えない。インドでは悪路は当たり前だけど、今回の旅ではこれが初めて。ああアジアを旅しているなあと、かえって面白かった。

   DSC01078.jpg

 午後9時10分、ホテルに到着。ホテルの部屋は二間続きになっていて、めっぽう広い。冷蔵庫の上にミニバーのプライスリストが置いてある。少し飲み足りないので、ビールを飲もうと冷蔵庫を開けたら、中はからっぽ。おまけにコンセントが抜いてある。このホテル、本当に4つ星高級ホテルなの?(つづく)


スポンサーサイト



【 2013/10/28 16:38 】

トルコ・ウズベキスタン  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< サマルカンド1日目 その3 | ホーム | サマルカンド2日目 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |