FC2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

世界史のミラクルワールドー賊が朕の屍を裂くにまかせよう・崇禎帝

蟠・ヲ主ク拈convert_20181212163753 
崇禎帝

 崇禎帝【すうていてい】は泰昌帝の第5子として生まれた。1627年に兄の天啓帝がわずか23歳で急死し、その男子がみな夭折していたため、翌年17歳で明の第17代皇帝となった。

1ec9a1df10cb90758e3ccdf8076044bc_convert_20181011151126.jpg 
魏忠賢

 天啓帝の下で専横を振るった宦官が魏忠賢【ぎちゅうけん】だった。魏忠賢が何をしたかは、宦官の記事を読んでね。崇禎帝即位の2カ月後に魏忠賢はいっきに失脚。罪を糾弾され、逮捕されると知り首を吊って自殺。遺体は磔【はりつけ】にされ、首は晒し者にされた。

large_244d702fc485ec5732b3cff21c016991_convert_20181212164958.jpg


 崇禎帝が抜擢したのが名臣として名高い徐光啓【じょこうけい】だ。この絵は世界史の教科書にも載っていたと思うけど、右が徐光啓、左が初めて中国にやって来たイエズス会士のマテオ=リッチだ。徐光啓はマテオの教えを受け、洗礼を受けてキリスト教徒になった。

src_51876851_convert_20181212165029.jpg 

 当時、崇禎帝が日食の観測を誤ったとして天文台の役人を罰しようとしたところ、徐光啓は「これは郭守敬【かくしゅけい】の暦法による誤りである。元の時代にすでに、日食があるべき時に日食にならなかったことがあった。今日、天文台の観測が誤っても怪しむに足らない。暦法を修正しなければならないのである」と諫言した。そこで、崇禎帝は正確な暦の作成に力を入れることにした。後日、アダム=シャールが徐光啓の協力を得て完成させたのが、『崇禎暦書』だ。徐光啓はその他にも、『幾何原本』を漢訳したり、『農政全書』を編纂するなど、文化的功績を多く残した。

 話が逸れてしまったけど、崇禎帝は水利や綿作など農政に通じた徐光啓を用いて財政再建を図るなど、国政改革に取り組んだ。
当時は北に満州族の後金が進入し、南では農民の反乱が多発した、まさしく国事多難の時期であり、崇禎帝はこの状況をたった一人で支えようと懸命に努力した。

陲∝エ・・(Yuanchonghuan)_convert_20181212174603 
袁崇煥

 崇禎帝は天啓帝らと違い、政治に熱心であり、王朝最後の皇帝にありがちな色事にふけるようなこともなく、倹約を心がけていた。しかし、たった一つだけ欠点があった。それは、猜疑心が強く、臣下を信用できない悪癖を持っていたとういうことだ。即位直後から重臣を次々と誅殺してまわり、特に山海関で女真族からの防衛を一手に引き受けていた感のあった名将袁崇煥【えんすうかん】を誅殺したことは致命的となった。在位17年の間に、崇禎帝によって誅殺された重臣は総督7名、巡撫(省長)11名に上り、その他罷免された者も多数おり、このことが重臣達の著しい士気の低下を招くこととなった。

d5b32a46ed604ce4ceed2a19b06770c7_convert_20181212163550.jpg
李自成

 そんな中、農民反乱の指導者にのし上がったのが李自成【りじせい】であった。李自成は陝西のかなり裕福な里長戸に生まれたが、逃亡した里内の農民の賦役を連帯責任で負担させられて没落し、やむなく駅率(明は駅站と呼ばれる駅伝制度を敷いていた。駅卒はその労働者)となった。ところがリストラによって駅伝が廃止されて失業してしまう。1627・1628年に陝西で起きた大旱魃をきっかけに反乱が頻発し、李自成もそれに参加し、各地を転戦した。

1404865116-3108185429_n_convert_20181212163722.jpg 

 「貴賤)にかかわらず田を均【ひと】しくし、3年間の徴税を免じ、百姓を殺さぬ」というスローガンと厳正な軍規により農民の支持を集め、李自成の率いる軍は一気に数10万の軍勢に膨れ上がり、1641年には洛陽を陥落させた。1644年、ついに西安に入った李自成は、国号を順(大順)とし、大順王を称した。

p7569021a164321389_convert_20181212163649.jpg

 1644年2月、李自成軍は北京を目指して北伐を開始した。崇禎帝は李自成軍に次々と討伐軍を送るが、その討伐軍を組織するため増税を行ったことにより、窮迫した民衆が李自成軍に加わる、という悪循環に陥ってしまい、3月19日に北京はついに陥落した。

4cdda3a5da4842fca7511acc7e63cc04_convert_20181212163517.png 

 前夜から、崇禎帝は3人の息子たちを紫禁城から脱出させ、側室と娘たちを自ら手にかけて殺害し、周皇后の自害を見届けた後、危急を知らせる鐘を鳴らしたが、文武諸官はすべて逃亡し、君側に参じたのは宦官の王承恩ただ一人であった。兄の時代に専横を働いた宦官を殺して安定を図った崇禎帝が、死に際してアテにできたのは宦官一人というのは何とも皮肉なことだ。

 娘の長平公主を斬る時は、そなたはどうして皇帝の女に生まれてしまったのか!」と泣いたという。しかし、泣きながら振るった刀が急所をそれたため、公主は左腕に傷を負ったのみで一命をとりとめ、王承恩の機転で紫禁城を抜け出した。ここにいたって崇禎帝は紫禁城の北にある景山で首を吊って自殺した。享年34歳。白衣に記された遺書には、「賊が朕の屍【しかばね】を裂くにまかせよう、ただし百姓万民を一人たりとも傷つけるなかれ」とあった。

e7d3594bdcc5818a0246e5839369_convert_20181212163616.jpg
明思宗崇祯皇帝殉国处

 崇禎帝は少なくとも彼なりに国のことを案じて大変な努力をしていた。しかし、その猜疑心により全てが裏目に出て自滅してしまった。滅亡寸前の明朝の国力を回復させるために、国政改革に身を投じたものの、万暦帝らの悪政によって決定づけられた衰退の流れを止めることができず、最終的に痛ましい最期を遂げなければならなかった。不真面目な人間のほうが良かったのかも知れない。何とも哀れなことである。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2019/01/18 16:02 】

中国近世史  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 世界史のミラクルワールドー満州の英雄・アイシンギョロ=ヌルハチ | ホーム | 世界史のミラクルワールドー明の滅ぶは、実に神宗に滅ぶ・万暦帝 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |