FC2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

サガイン②ーサガインヒルの「日本パゴダ」①

8月21日(水)

_convert_20200109133838.png 

 サガインの町外れにあるサガインヒルには150以上のパゴダと僧院が点在しており、約6000人の僧侶が暮らしているそうだ。カウンムードー・パゴダを午前11時に出発し、途中トラックバスに乗り継いで、15分でサガインヒルの頂上に着いた。頂上にはサンウーポンニャーシン・パゴダがあるが、僕たちはこれを目当てにこの丘に来たのではない。

DSC03995_convert_20200109134247.jpg 

 女の子たちが花を売りに来た。

DSC03994_convert_20200109133957.jpg 

 まずは花を買い求めた。実はこの丘にはビルマ戦線で命を落とした日本兵の慰霊碑・慰霊塔がある。今回の旅の最大の目的は、日本のために若き命を犠牲にした英霊をご供養することであった。たくさんの慰霊碑があるので、順に手を合わせていこう。

DSC03993_convert_20200109134419.jpg 

 第33師団(通称は弓)と並んでビルマ戦線の主的存在だった四国の第55師団(通称は壮)の碑は、善通寺法主の筆で「慰霊」と刻まれている。合掌

DSC03996_convert_20200109134518.jpg 

 「鯨・烈山砲戦友会」建立の碑。「鯨」は壮兵団と同じ善通寺で編成された第40師団の通称で、本体は中支の南昌で終戦を迎えたが、これに所属した山砲兵第40連隊だけはビルマへ転進し、烈兵団の指揮下で山砲兵第31連隊と改称して戦った。

 「鎮魂 戦没戦友の皆さま 安らかにお眠りください」と書かれている。合掌

DSC03998_convert_20200109142336.jpg 
 
 菊兵団の慰霊碑。菊兵団とは第18師団のこと。皇室の紋章である「菊」を与えられたことから「国軍最強」を自負し、他の兵団からも一目置かれていた。第18師団のビルマ方面参加兵力は31,444名であったが、20,000名以上が戦死している。慢性的な物資欠乏の影響はどの部隊でも同様であったが、ビルマ方面に展開していた連合軍が「菊」の名を冠する第18師団との交戦を名誉としていたことも戦死者を増大させた一因とされている。合掌

DSC03999_convert_20200109142508.jpg 

 ビルマ人犠牲者の慰霊碑。合掌。

DSC04001_convert_20200109153036.jpg 

 団長のF上人を導師に全員で自我偈とお題目を唱え、故郷を遠く離れた異国の地で果てた英霊の方々をご回向した。「鯨・烈山砲戦友会」建立の碑に向かって手を合わせているのは、こちらの方角がインパール方面だからだ。

DSC04004_convert_20200109153136.jpg 

 お題目を唱えているうちに自然と涙がこぼれてくる。20歳前後の若者たちが、どんな思いで最後の時を迎えたのだろうか?誰の名を最後に呼んだのだろうか?

DSC04005_convert_20200109153219.jpg 

 父や母の思いはどうであったろうか?わが子を遠い戦地に送り出し、一日千秋の思いで息子の帰国を待ったあげく、一通の戦死公報が届いた時の母の思いは。それも敵弾に当たり命を失ったのならまだ納得もいくだろう。しかし、ビルマで戦死した兵士の多くは餓死であった。

 息子が命を落とした地を訪ね、せめて花と線香をたむけてやりたい。親であるならば当然の思いであるが、戦後しばらくの間は外国人の立ち入れは規制されていた。遺族の思いがようやく稔ったのは昭和51(1976)年のことである。(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【 2020/03/13 05:35 】

パゴダの国へ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< サガイン②ーサガインヒルの「日本パゴダ」② | ホーム | サガイン①ーおっぱいパゴダ >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |