FC2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ああ、シャングラ峠

8月25日(金)

カラコルム=ハイウェイ 

 午後12時30分、ベシャムキラに到着。やっと懸度の険を抜けた。

2006_0827シルクロード 本淳20058 

2006_0827シルクロード 本淳20059  2006_0827シルクロード 本淳20060

 昼食後、カラコルム=ハイウェイに別れを告げ、スワット渓谷のサイドシャリフに向かう。ガイドのシャー君が、「サイドシャリフまで100キロあります。何時に到着するでしょうか?」と懸賞付きのクイズを出した。なんでそんなクイズを出すのだろうい?走り出してすぐ理由が分かった。

 幹線道路なのに道幅が狭く、舗装されていない。その上急斜面で、対向車が来るとすれ違うのに苦労する。

2006_0827シルクロード 本淳20063 

 おまけに途中でスコールに見舞われ、道路が黄色い濁流と化した。バスは亀のように進む。

2006_0827シルクロード 本淳20067 


2006_0827シルクロード 本淳20069 
峠で出会った少年達

 1時間40分かかってようやくシャングラ峠(2,120メートル)に到着した。スコールもあがり、スワット川とガンダーラが一望できる。ああ、やっとガンダーラに着くんだという感慨がこみ上げてくる。

2006_0827シルクロード 本淳20070 

2006_0827シルクロード 本淳20072 

 さあ、あともう少しだと思ったら、またスコール。おまけに羊の大群に出合って足止めを食う。一体何頭いるんだろう。先頭に立つ羊飼いが、ユダヤ人を率いてエジプトを脱出したモーゼのように見える。

 シャー君のガンダーラ講座が始まる。それにしても彼は日本語は堪能だし、歴史についての知識も豊富だ。日本には2週間しか留学していないというのに、一体どこで知識を仕入れたのだろう。
 以下、シャー君の語録から。
 「桃モスモモモ桃ノウチ」「恐レ入谷ノ鬼子母神」「一期一会」「思イ出ト足跡以外ハ残サナイデ下サイ」「右手ハ心臓専門ノ病院デス。金欠病ト恋ノ病ダケハ治セマセン」

 彼の話に耳を傾けているうちに、午後6時20分、バスはロックシティ・ホテルに到着した。なんと100キロの道に4時間半もかかってしまった。

ロックシティ

 今日はAさんの誕生日。お祝いだと言って乾杯し、民族楽器にあわせて踊り、パキスタン3日目の夜も更けていった。

2006_0826シルクロード 文子0098 

ダンス 

2006_0826シルクロード 文子0102 

 町中のホテルは飲めないはずじゃなかったの?(つづく)


スポンサーサイト



【 2013/11/22 00:05 】

海外旅行  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< われはこれ塔を建つるものーブトカラ遺跡 | ホーム | 天空の僧院ータクティバイ寺院跡 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |