FC2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

チベットの祈り

8月5日(火)

P8050050.jpg 

 午後3時、ジョカン(大昭寺)へ。ジョカンは7世紀に吐蕃【とばん】王国を建国したソンツェン・ガンポ王の元に嫁いだ唐の文成公主【ぶんせいこうしゅ】とネパールのティツィン王女とによって建立されたと伝えられる。チベットで最も聖なる寺である。

文成公主 

 『地球の歩き方』にもそんなふうに説明されているが、本当は文成公主が嫁いだ相手はソンツェン・ガンポ王の息子のグンソン・グンツェン王。王子を産むが、結婚して3年後に旦那が落馬が原因で急死。お父さんのソンツェン・ガンポ王が復位して、公主と再婚した。息子の嫁さんと再婚するなんて儒教道徳ではあり得ないことだが、チベット人には関係ない。せっかく唐から貰い受けた嫁さんを実家に帰すのがもったいなかったんだろう。イギリスのヘンリ8世が兄貴の嫁さんで未亡人となったカザリンちゃん(スペイン国王の娘)と再婚したのと似ている。

o0800053311551126582[1] 
 年間500万人もの巡礼が、ある者は五体投地で、ある者は徒歩で、ある者はトラックで、ジョカンへと押し寄せて来る。彼らはごく普通の日常生活を営んでいる民衆だ。それが、一念発起、日常生活を捨て、ラサのジョカンに向かって歩き始める。野宿を繰り返し、人々の喜捨にすがり、何ヶ月もかけてやって来る。どんなに大変なことか。どんなに思い切りのいることか。

 何のために?

 ただ、生まれ変わりのためだけにである。

P1010061.jpg 

  ここでも写真を撮していると、子供たちが寄って来る。

 P1010062.jpg

 次から次へと寄って来る。

 ジョカンの子供1
 
  再生した写真を見せてあげると、我さきに見ようと群がってくる。

ジョカンの子供2
 
  ところが外があまりにも明るいもんだから、画面が見えない。見えないから顔を突っ込んで見ようとするから、よけいに見えない。押し合いへし合いになって、なんかスターになった気分だ。

img_164432_9754358_4[1]
 
 じぇじぇじぇ~、忘れた~~~~。「中に入りますよ」の声で、ハッと我に帰った。子供と遊んでいて、忘れちゃった。トホホホホ

 何を忘れたかって?写真(当然ネットからの借り物)の「唐蕃会盟碑」。節度使の安禄山が起こした安史の乱を自力で鎮圧できなかった唐は、ウイグルの力を借りてやっとのことで反乱鎮圧に成功する。ところが、これが周辺民族に唐の弱体化を露呈することになり、ウイグルやチベット(吐蕃)が唐に侵入、チベットは一時長安を占領する。そうした緊張状態が半世紀余り続いたのだが、821年に両国は和解する。これを記念して建てられたのが、「唐蕃会盟碑」。対等な両国関係をうたっているが、実質的は唐が下手に出て結んでもらった平和条約だ。なにが、「チベットはもともと中国の領土だった」だよ。いい加減なこと言うな。チベットが紛れもない独立国である証拠がここにあるじゃないか。えっ、どうなんだよ、中華人民共和国。

001e4fe1a13109bc4eb638[1]
 
 ジョカンの周囲は八廓街【はっかくがい】(パルコル)と呼ばれ、多くの店が建ち並ぶ巨大市場となっているが、巡礼達はマニ車を廻しながらコルラ(聖なる地を右回りに廻ること)を繰り返す。われわれ坊さんも三帀【さんそう】といって本堂の内陣を三回廻るということはするが、三回どころではない。昔、「廻る~廻る~よ、世界~は廻る」という歌があったが、とにかく何回も何回も廻るのである。それもかなりのスピードで。だから八廓街では左回りしようとすると、人間の波が押し寄せて来て、前に進むどころか、後ろに押しやられることになる。

122188232_624[1]
 
 彼らが手に持つマニ車は金属の筒の中に印刷された巻物状の経文が入れられており、これを1回廻すと1回経文を読んだことになるという、非常に安直なお詣りアイテムである。「ちゃんと読んだら」と言いたくなるほど、道楽な方法だが、コルラはその正反対である。

P8050054.jpg

 正反対と言えば、五体投地もそうだ。胸の前で合掌し、その手を頭上に持っていく。合掌した手を口元、胸の前へと下ろした後、両手と膝を地面につける。うつぶせになって全身を大きく伸ばし、伸びきった頭上で合掌する。ゆっくりと立ち上がり、胸の前で再び合掌、同じ行為を延々と繰り返す、延々と延々と……。ジョカンの前の石畳は摩耗して、つるつるになってしまっているほどだ。

五体投地 
 ただひたすらにコルラを繰り返し、五体を地に投げる。来世により良く生まれ変わるための、ひたすらな祈りなのである。金持ちに生まれ変わりたいとか、美人に生まれ変わりたいとかいった、下賤な祈りではない。より良い人間として生まれ変わりたいという、必死の願いなのである。そして、彼らにとって、この祈りの時間が至福の時であるという。物質的に豊かな生活を送る中で、日本人が忘れてしまった心である。

 チベットの人々は、生涯こうした祈りの生活を送る。来世のためにのみ、現世を生きているかのようである。(つづく)

スポンサーサイト



【 2014/01/20 14:14 】

チベット紀行  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< チベットの葬送と露店のおっさん | ホーム | チベットの坊さんって、おカマ? >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |