fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

世界史のミラクルワールドー世界を変えた男・ゴルバチョフ②

 ダウンロード
マルタ会談でのゴルバチョフとブッシュ(父)

 このような大胆な改革を実行したゴルバチョフは「ゴルビー」とわれて人気者になった。特に東欧諸国ではソ連の改革を機にソ連からの自立、民主化が一気にうごき、1989年に東欧革命が起こった。

 同年11月にベルリンの壁が開放されて、ドイツ統一が実現したことを受けて、12月のブッシュ(父)・アメリカ大統領とのマルタ会談で冷戦の終結を宣言した。さらに懸案のアフガニスタン撤退を決断した。それによって1990年のノーベル平和賞を受賞した。

ダウンロード
エリツィン

 しかし、経済面での改革は必ずしも成功といえず、市場経済への移行も十分でなく経済は停滞した。ゴルバチョフは憲法を改正して共産党一党支配を改め大統領制に移行させ、1990年3月に人民代表者会議でソ連邦大統領に選出された。このような強権的な改革は、共産党保守派の反発を強めることとなり、またロシア大統領のエリツィンなど改革派は改革の不十分を批判するようになった。

 そのような混乱の中で、1991年にまずバルト3国の独立宣言の動きが表面化した。ゴルバチョフはソ連邦の構成国の自治権を認めながらソ連邦の維持を図ろうと、新連邦条約を構想し、事態を収束させようとした。保守派はそれが実現すればソ連邦の解体の第一歩となることを恐れ、ゴルバチョフの排除を模索した。

 クーデターの実際のシナリオをつくったのはゴルバチョフの古くからの同志ルキヤノフ書記だった。彼らは8月19日、クリミア半島の保養地で新連邦条約草案を作成していたゴルバチョフを監禁し(最近明らかになったことは監禁ではなく、自分の意志でモスクワに戻らなかったともされている)、健康上の理由で辞任したと発表、ヤナーエフを大統領代行にして権力を掌握したと発表した。

Boris_Yeltsin_22_August_1991-1.jpg
反クーデタ派の勝利を祝うエリツィン

 しかし、モスクワ市民、メディアは一斉にクーデタ反対に立ち上がり、ロシア大統領エリツィンが市民の先頭に立ってクーデタ部隊の行動を阻止し、軍の主流もクーデタ不支持に転じたため失敗し、首謀者は逮捕された。

 ゴルバチョフは解放されたものの、実権はクーデタ鎮圧に成功したロシア大統領エリツィンに移った。共産党の権威は全く落ちていたので、ゴルバチョフはやむなく同年8月24日、書記長を辞任し、共産党そのものの解散を勧告、それによってソ連共産党は解党された。

 ゴルバチョフはなおもソ連邦の維持を図ったが、1991年12月8日にロシア、ウクライナ、ベラルーシのスラヴ系3共和国首脳がミンスク郊外に集まって1922年のソヴィエト連邦条約の無効を宣言し、代わって独立国家共同体(CIS)を創設することで合意した。

 12月25日、ゴルバチョフ大統領が辞任、12月26日にソ連最高会議がソ連の消滅を宣言した。こうしてソ連邦は1922年以来、69年の歴史に終わりを告げた。

ダウンロード (2)
90歳になったゴルバチョフ

 ソヴィエト連邦の崩壊を不本意な形で迎えたゴルバチョフにとって、年金生活入りすることは論外であった。ゴルバチョフの政治への参加を求める声は多く、また世界中の財団や基金の代表への就任や、広告への出演の声がかかった。 1996年6月、ロシア大統領選に出馬したが、約38万票、0.5%の支持しか得られず、落選した。

 2001年11月、ロシア社会民主党党首に就任したが、2004年5月には同職の辞職を発表、事実上の政界引退となった。しかし、2007年に社会民主同盟(社会民主連合)、2008年には3度目の政党であるロシア独立民主党を結成している。なお、2019年に中距離核戦力廃棄条約が失効した際には、条約の失効は新たな軍拡競争を生み出すと懸念を表明、全ての国が核兵器の廃絶を宣言すべきだと述べている。

 2021年3月2日には90歳の誕生日を迎えた。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2022/01/18 05:20 】

ヨーロッパ現代史  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 世界史のミラクルワールドーワルシャワで跪いた西ドイツ首相・ブラント | ホーム | 世界史のミラクルワールドー世界を変えた男・ゴルバチョフ① >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |