fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

世界史のミラクルワールドーたった1ダースの革命軍・カストロ①

 ダウンロード
フィデル=カストロ

 フィデル=カストロは1926年8月13日に生まれた。父のアンヘル=カストロはスペインから陸軍兵としてキューバに来た後、農場主として成功をおさめた人物で、家は裕福であった。フィデルはハバナ大学に入学後、学生運動に参加。21歳の時、ドミニカの独裁政権打倒の戦いに参加して捕らえられたが、脱走した。大学卒業後、弁護士となって事務所を開いたが、貧しい人々を弁護して金銭的は恵まれなかった。

 1953年7月26日、26歳のカストロは、弟のラウルら130名の仲間とカーニバルの人混みに紛れてモンカダ兵舎を襲撃、バティスタ政権に対する蜂起の狼煙を上げた。しかし、この蜂起は失敗し、
仲間の80人以上が死に、カストロは逮捕された。この日は以後の革命の出発点とされ、以後の運動は「7月26日運動」といわれる。

ダウンロード
逮捕されたカストロ

 捕らえられたカストロは、精神錯乱状態にあるとされて、病院に隔離され、非公開の裁判にかけられた。その裁判でカストロは5時間にも及ぶ法廷陳述を行い、蜂起の正当性を力強く訴えた。その言葉は獄中からレモン汁で記した秘密の文書で外部にもたらされ、出版されて人びとに強い衝撃を与えた。その一節には次のような文が見える。 

 「われわれが依拠するのは、毎日のパンを誠実に稼ぎたいと思っている70万人の失業者、みすぼらしい小屋に住み、1年の内4ヶ月働き、子供たちと貧しさをともにしながら、残りの日を飢え、1インチの耕す土地も持たない農業労働者である。……農村の子供の90%が裸足の足から入ってくる寄生虫にやられている。上流社会は一人の子供が誘拐されたり、殺されたりするのを聞いて同情を寄せるが、何千という子供が施設のないため苦痛にもだえながら死んでいく大量殺人に対して犯罪に近い無関心さである。……私は被告の無罪釈放を求めない。……私を断罪せよ。それは問題ではない。歴史は私に無罪を宣告するであろう。」

ダウンロード
カストロとゲバラ

 判決は禁固15年だったが、2年後に政府は世論の圧力によりカストロを恩赦、釈放した。恩赦後メキシコに亡命したカストロは、バヨ大佐からゲリラ戦術を学んだ。また、アルゼンチンの革命家チェ=ゲバラと知り合い、終生の友となった。

ダウンロード
グランマ号(レプリカ)

 カストロはわずか82人の同士とともにメキシコのトゥスパン港を出港し、1956年12月2日、キューバに再上陸を果たした。乗っていた船は、中古のヨット「グランマ号」で定員はわずか8名であった。「グランマ」とは「おばあちゃん」のことで、現在はハバナの革命博物館の静態保存されている。ちなみに、現在のキューバ共産党の機関紙は、この船の名前をとって『グランマ』という。

 カストロは出港前にキューバに戻ることを発表していた。わざわざ敵に教えるようなことをしたのは、独裁政権に不満を持っているキューバ国民に自分が戻ることを知らせ、革命運動を盛り上げようと考えたからだ。当然のことながら、この発表を聞いたバティスタ軍は、上陸しそうな場所で待ち受けた。上陸した8人は、バティスタ軍の戦車とジェット機による攻撃を受け、あっという間にたったの12人に減ってしまう。

ダウンロード (1)
政府軍によるゲリラの処刑

 12人はキューバ島南部のシエラマエストラ山脈に逃げ込み、ここからゲリラ活動を始めた。所持していた小銃は10丁、弾薬は10包しかなく、ほとんどゼロからの再出発であった。しかし、ゲリラ活動を続けるうちに、次第に仲間が増え、活動ぶりが知られるにつれて、バティスタ政権への反対運動が広がっていった。

 これだけの状況に追い込まれてもめげることのない行動ぶりは、まるでドン=キホーテのようにも見えるが、巨大な革命運動に発展させた不屈の精神とその力量は、まさにカリスマであった。

ダウンロード (2)
革命勝利の後パレードするカストロ

 カストロが再上陸して2年後の1959年1月1日、バティスタ大統領をドミニカへの亡命に追い込み、カストロはついに勝利を収めた。この時、カストロはまだ32歳の若さであった。(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2022/02/04 05:09 】

アメリカ現代史  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 世界史のミラクルワールドー638回も命を狙われた男・カストロ② | ホーム | 世界史のミラクルワールドー「虹の国」を目指した男・ネルソン=マンデラ >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |