fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経譬喩品第3 舎利弗の反省と決意

 第1章 譬 喩(譬喩品第3)

IMG_0001_NEW_0001_convert_20140619151440.jpg
舎利弗(中村晋也作『薬師寺・釈迦十大弟子』)その時

 その時、舎利弗は満足して、心が高揚し、狂喜し、愉悦し、喜悦と歓喜を生じ、世尊のおられるところに向かって合掌して敬礼し、世尊を仰ぎ見ながら、次のように世尊に申し上げた。

 「世尊よ、世尊の間近で今、このような言葉を聞いて、私は不思議で驚くべき思いに満たされ、大いなる歓喜を得ました。それは、どんな理由によってでしょうか?世尊よ、私はこれまで世尊の間近でこのような教えを聞くことがなかったので、ほかの菩薩たちを見たり、菩薩たちの得る未来の世におけるブッダとしての名前を聞いても、私はこのようなブッダの知見から落伍していると思って、とても悲しみ、大変に悩んでいたからです。
 
 そして、世尊よ、昼間の休息を取るため、山や岩の洞穴、森や林、園林、河、樹木の根もとといった静かな所に行く時も、私はいつもこのように悲しみ、悩みながらそぞろ歩きをして休息をとっておりました。

 『確かに〔諸々の法の根源である〕真理の世界に入ることは同じであっても、世尊は私たちに貧弱な乗り物(小乗を)与えられたのだ』と。

 また、世尊よ、その時、私に次のような考えが生じました。

 『この過ちは、実に私たちのものであって、世尊の過ちではない』と。

 それは、どんな理由によってでしょうか?もしも、卓越した説法、すなわちこの上ない正しく完全な覚りについての説法を私たちが、世尊に期待していたならば、世尊よ、私たちは、まさにそれらの法について完成されたことでありましょう。

 しかるに世尊よ、菩薩たちがまだそばにいなかった時、世尊の深い意味が込められた言葉を理解しない私たちは、世尊がまさに最初に語られた説法を聞いて、性急にそれを究極の教えだと思い込んで、受持し、修行し、思いをめぐらし、考えました。そのために、世尊よ、この私は実に自分を非難することによって、昼と夜の大部分を過ごしているのです。

 けれども、世尊よ、私は今日、安らぎを得ました。世尊よ、私は今日、完全に解脱しました。世尊よ、私は今日、阿羅漢の位に達しました。世尊よ、私は今日、世尊の最年長の息子としてブッダの胸から生まれ、口から生まれ、法から生まれ、法から化作され、法の相続人であり、法によって完成されました。世尊よ、私は今日、今まで聞いたこともないこのような驚くべきこの法を世尊の間近で世尊の言葉を通して聞いて、苦悩が取り除かれました。


 ダウンロード (1)

 するとその時、舎利弗は次の詩によって世尊に申し上げた。

 「偉大なる指導者よ、この言葉を聞き、私は不可思議な思いにとらわれ、大いなる歓
 喜を生じています。私には、これ以上何も疑問はありません。私は今、最上の乗り物
 (一仏乗)において成熟させられました。

 人格を完成された人たちの驚嘆すべき声は、生命あるものたちの疑惑と憂いを取り払
 います。人格を完成された人の声を聞いて、私は汚れが尽きて、私の憂いはすべて除
 かれました。

 これまでは、昼間の休息にそぞろ歩きしながら森や林、園林、しかも木の根元、さら
 にまた岩の洞穴をしばしば訪れて私は次のように憂慮の思いを抱いておりました。

 『ああ、私は邪悪な心によってあざむかれていた。汚れのない同一の法の中にあって、迷
 いの世界である三界において私が、最上の法を未来の世に説くというようなことは恐
 らくないであろう。

 ブッダの身体に具わる32種類の特徴は私から消え去り、また黄金の色の皮膚の性質も
 失われ、ブッダに具わるこれらの10の力や、8つの解脱はすべて無に帰している。同
 一の法の中にあって、ああ、私は愚かである。

 また、偉大な聖者たちの身体に具わっている完全で、最も勝れた、特殊な80種類の副
 次的特徴も、ブッダに具わる18種類の特別の性質も、それらは、私から消え去ってい
 る。私は誤った考えに欺かれているのだ』

 また世間の人々の安寧を願って同情しておられるあなたにお会いしながらも、私は、
 昼間の休息に独りで歩き回りながら、『ああ、私は考えることも及ばず、滞ることも
 ない智慧を欠いているのだ』と、私は思い込んでいました。

 保護者よ、私は昼と夜の大部分をこのように考えながら過ごしています。私はまず第
 一に、世尊にお尋ねしたい。『いったい、私はブッダの知見から落伍しているのでし
 ょうか?あるいは、そうでないのでしょうか?』と。
 
 また、勝利者たちの王よ、世間の指導者であるあなたが、他の多くの菩薩たちを称讃
 されるのを見てからというもの、私がこのように考えている間に、いつも昼と夜は経
 過していきます。

 その私は、このブッダの法を聞いて、勝利者は、覚りの座において、思議を超え、量
 り知れないほどきめ細かい、汚れを離れた知を確立され、深い意味を込めて、実にこ
 のようにこの知を語られるのだと考えました。

 
ダウンロード
舎利弗が修行したとされる霊鷲山の洞窟

 確かに私は、かつて誤った見解に固執していたし、仏教以外の外道げどうに尊敬された遊行
 者でありました。そこで、保護者は私の意向をお知りになって、誤った見解から解放
 するために安らぎ(涅槃)について話されました。

 私はそれらの邪見を完全に脱却して、あらゆるものごとがくうであることを覚知したの
 で、『私は安らぎを得たのだ』と思いました。しかし、これは、真の安らぎであると
 は認められません。

 完全な安らぎは、32種類の特徴を具えた身体を持ち、人間、神々、夜叉やしゃ羅刹らせつらによ
 って尊敬される最高の人であるブッダになった時、生ずるのであります。

 実に、神々に伴われた世間の人々の前で、あなたが私に最上の覚りへと到るであろう
 と予言をされた時、その声を聞いて、私のすべての疑惑は除かれました。私は今、安
 らぎに到りました。

 しかしながら、最初に指導者の語られたことを聞いた時、激しい恐怖心が私に怒りま
 した。『ああ、実に恐ろしいことだ。あの悪魔が地上にブッダの姿を仮作けさして現われ
 悩乱しているのではないことを願いたい』と。

 けれども、諸々の原因や因縁、そして数え切れないほど多くの譬喩によってその最も
 勝れたブッダの覚りが示され確立された時私は法を聞いて疑いがなくなりました。

 あなたが私に、完全なる滅度に入られた過去の勝利者である数え切れないほど多くの
 ブッダたちを称讃され、さらに、巧みなる方便に立脚して、それらの過去のブッダた
 ちがこの法をどのように説き示したのかを称讃された時、

 また、多くの未来のブッダたちや、現在、世間において最高の真理を見ておられるブ
 ッダたちが、幾百もの巧みなる方便によって法を未来に説かれるであろうし、また現
 在、説いておられるのを、あなたが称讃された時、

 また、あなたが出家されてからこの方、あなた自身の修行はどのようであったのか、
 あなたが覚られた真理の車輪はどのようなものであるのか、そしてあなたの説法は
 どのようであり続けたのか、ということを称讃された時、
  
 その時、私は『これは悪魔ではない。世間の保護者が真実の行ないを示されたのだ。
 もちろん、そこには悪魔たちのつけいるところは存在しない。私の心が、疑心にとら
 われていただけである』と知りました。

 けれども私が、甘く深遠で美しいブッダの声によって喜ばせられた時、私のあらゆる
 疑惑は打ち破られ、疑心は消滅し、私はブッダの智慧の中に立っています。

 神々に伴われたこの世間において、私は確実にブッダとなって尊敬されるでありまし
 ょう。そして、多くの菩薩たちを鼓舞しつつ深い意味を込めてこのブッダの覚りを説
 くでありましょう」(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
 
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2022/05/03 05:22 】

第3章 譬喩(譬喩品第3)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経譬喩品第3 舎利弗への未来成仏の予言 | ホーム | 法華経方便品第2 私にとって声聞は存在しない >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |