fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経譬喩品第3 「三車火宅の譬え」を説く①

 IMG_0001_NEW_0001_convert_20140619151440.jpg
舎利弗(中村晋也作『薬師寺・釈迦十大弟子』

 そこで、尊者舎利弗は、世尊に次のように申し上げた。

 「世尊よ、私は世尊の間近で面と向かって、この上ない正しく完全な覚りに到るであろうという私へのこの予言を聞いて、疑いがなくなり、疑惑が消滅しました。また世尊よ、世尊はかつて、これらの自在を得た1200人を、まだ学ぶべきことのある位に立たせられ、次のように教え、次のように導かれました。

 『男性出家者たちよ、私の説く真理の教え(法)と出家者の守るべき規則(律)は、次のことを究極とする。すなわち、生・老・病・死の憂いを超越して、安らぎ(涅槃)に達することである』と。

 また世尊よ、まだ学ぶべきことのある有学うがくと、もはや学ぶべきことのない無学からなる世尊のすべての弟子たちの中には、自己

にとらわれた見解(我見がけん)や、あらゆるものは存在するという見解(有見うけん)、あらゆるものは存在しないという見解(無見むけん)など、すべての誤った見解を離れていて、『実に我々は、すでに安らぎの境地に立っている』と自分のことを自認しているこれらの

2000人の男性出家者たちがいます。それらの男性出家者たちは、世尊の間近でかつて聞いたこともないこのような法を聞いて、疑惑に陥っています。

 世尊よ、世尊は、これらの男性出家者たちの疑惑を取り除くために、これらの四衆たちが、疑いもなく、困惑もなくなるように、その本当のことをお話しください」

 舎利弗からこのように言われて、世尊は、尊者舎利弗に次のようにおっしゃられた。

 「舎利弗よ、正しく完全に覚った尊敬されるべきブッダは、種々の信順の志を持ち、種々の素質と考えを持った衆生の意向を理
解して、種々の教化方法を遂行することによる教説、すなわち多種多様な因縁、原因、例証、根拠、語源的説明などの巧みなる方便によって、法を説くのだと、そのように私はかつて、あなたに説明したではないか。

 ブッダは、まさにこの上ない正しく完全な覚りについてあらゆる法を教授することによって、まさに菩薩のための乗り物(菩薩乗)へと教化するのである。ところで実に、舎利弗よ、まさにこの意味を明示するために、私はあなたにさらに譬喩をなそう。そ
れは、どんな理由によってか?この世において、隋一の学識ある人たちは、語られたことの意味を譬喩によって了解するからである。
ダウンロード (6)

 舎利弗よ、例えば村、あるいは町、あるいは城市、あるいは地方、あるいは地方のある地域、あるいは王国、あるいは王城のどこかある所に今、衰弱した老人で、老齢に達した年長者であるが、裕福で、大きな財産を持ち、大いに享楽した暮らしを送っている一人の資産家がいるとしよう。

 また、その資産家の大きな邸宅は、高くそびえて、また広く、建てられて長年経過し老朽化しているが、200、あるいは300、あるいは400、あるいは500もの命あるものたちの住む所であって、その邸宅にはただ一つの門がある。その邸宅は、草で覆われていて、最上層が落下し、柱の根元は腐って、壁や障壁、漆喰しっくいは崩落している。
 
  
ダウンロード (5)
 
 そして、その邸宅がまさに突然、あらゆる側面において大きな火の塊によって悉く燃え上がったとしよう。その資産家には、5人、あるいは10人、あるいは20人もの多くの子供たちがいる。そして、その資産家はその邸宅から外へ脱出した。

 舎利弗よ、そこで、その資産家はその自分の邸宅が、大きな火の塊によってあらゆる方向から燃え上がっているのを見て、恐れ、おののき、恐怖に心を乱された。そして、次のように考えた。

 『私は、この大きな火のかたまりによって苦しめられず、焼かれないで、この燃え上がる家から、門を通って、このように速やかに、うまく脱出することも、逃げることもできる。けれども、幼い子供たちであるこれらの私の息子たちは、まさにこの燃え上がっている邸宅の中で、それぞれのおもちゃによって遊び、喜び、自ら楽しんでいる。また、この家が燃え上がっていることを知らないし、気づいてもいないし、理解してもいなければ、考えてもいないし、心の動揺に陥ってもいない。子供たちは、この大きな火の塊によって熱せられつつも、また大きな苦しみの集まりと遭遇していても、全く同じで、苦しみのことを考えることもない。それらの子供たちは、脱出しようという考えさえも起こさない』と。

 また舎利弗よ、その資産家は力があり、腕力があるとしよう。その資産家は、次のように考えた。

 『私は力があり、また腕力がある。そういうわけで、今、私はこれらのすべての子供たちを一つに寄せ集めて、腰に抱えて、この家から脱出させるとしよう』と。

 さらに、その資産家は次のように考えた。

 
『実にこの邸宅は、ただ一つの入口があるだけで、しかも戸が閉まっている。子供たちは移り気で、あちこちと動き回っている。だから、子供たちはこの大きな火の塊によって、不幸な災厄に陥るであろう。そういうわけで、私は今、これらの子供たちを励まそう』と。

ダウンロード (7)

 その資産家は以上のように考えて、それらの子供たちに語りかけた。

 『君たちよ、こちらへ来なさい。子供たちよ、逃げ出しなさい。この家は大きな火の塊によって燃え上がっている。君たちのすべてが、まさにここで、この大きな火の塊によって焼かれたり、不幸な災厄に遭わないように』

 ところが、それらの子供たちは、このように子供たちの安寧を願っているその資産家の言葉を聞いても、理解せず、身震いすることもなく、驚くことも、怖がることも、恐怖に陥ることも、考えることも、逃げ出すこともなく、この家が燃え上がっていることが、そもそも、どういうことなのかということを知ることもなく、了解することもない。

 その一方で、あちこちを走り回ったり、駆け回ったりしては、繰り返しその父を仰ぎ見ているだけである。それは、どんな理由によってか?もちろん、それは幼児性の本性によるものであるからだ。

 そこで、その資産家は、次のように考えるとしよう。

 『この邸宅は燃え上がり、大きな火の塊によって遍く燃え盛っている。もちろん、私も、これらの子供たちも、まさに今、この大きな火の塊によって不幸な災厄に遭うことがないように。そういうわけで、私は今、巧みなる方便によって、これらの子供たちをこの家から脱出させることにしよう』と。(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
 
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2022/05/10 05:38 】

第3章 譬喩(譬喩品第3)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経譬喩品第3 「三車火宅の譬え」を説く② | ホーム | 法華経譬喩品第3 舎利弗への未来成仏の予言 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |