fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経信解品第4 偈頌(詩文)による「長者窮子の譬え」

 摩訶迦葉
摩訶迦葉中村晋也作『薬師寺・釈迦十大弟子』)

 するとその時、尊者摩訶迦葉まかかしょうは次の詩を述べた。

 「ブッダの声を聞いて、私たちは、このように実に不思議な思いを抱き、また驚くべ
 き思いを抱き、実に大いなる歓喜を得ました。実に思いがけずに私たちはこのように
  今、指導者の心にかなったこの声を聞きました。
 
 今ここに、私たちは、これまで考えもせず、決して求めることさえもしなかった、極
 めて勝れた大量の財宝を瞬時のうちに得ました。そのブッダの声を聞いて、私たちは
 すべて実に不思議な思いになりました。
 
 私たちは、ちょうど愚かな男が、愚かな人にそそのかされたような存在であります。
 その愚かな男は、父親のもとを去り、極めて遠い他の地域に行くとしましょう。

 その時、父親は実に自分のその息子が遁走させられたのを知って、悲しみました。そ
 の父親は悲しみながら、50年以上の間、四方八方に息子を探しに行きました。

 そのように、その人は息子を探しながら他の大きな町へ行って、邸宅を建てさせ、〔
 色・声・香・味・触を対象とする〕5つの世俗的欲望(五欲)を満たして、そこに滞
 在しました。

 その人には、多くの金貨や金銀、穀物、財宝、螺貝らがい、珊瑚があり、さらに象や馬、歩
 兵たちがいて、同様に牛や羊という家畜がいました。

 利子を取って金を貸すこと、富の蓄積はまさにそのようであって、その人には多くの
 土地や、下女や下男という召使いの集団がありました。数え切れないほど多くの人た
 ちに大変に尊敬され、その人は常に王に寵愛ちょうあいされていました。

 町長たちや村々に住む人たちもまた、その人に合掌しています。多くの商人たちは、
 その人のそばに行って、多くのなすべきことをなして奉仕しています。

 その人は、このように裕福であるが、年を重ね、老齢となり、年老いて、昼夜に常に
 息子についての憂いを抱きながら過ごしておりました。

ダウンロード (2)
 
 『私のその息子は、このように愚かであり、今まで50年間も遁走させられている。私
 には、この広大な倉庫がある。けれども、私の死期が近づいた』と。
 
 その時、その人の愚かな息子は、常に貧しく、哀れで、村から村へ順次に歩き回りな
 がら食べ物と切るものを求めていました。

 何かを求めながら、ある時は何かが得られ、ある時は全く何も得られませんでした。
 その愚かな男は、他人の小屋に転々として移り住んでせ衰え、発疹や疥癬かいせんで汚い
 体をしています。

 そして、その男は父親がいるその町に到り、食べ物と着るものを探し求めながら、自
 分の父親の邸宅のあるところへと次第に近づいて行きました。

 多くの財宝を所有するその裕福な人は、門のところで獅子座に坐っていて、数え切れ
 ないほど多くの人たちに取り囲まれ、その人のために日傘が空中に拡げられていまし
 た。

 その人の周囲には、忠実な人々がいて、ある人たちは財宝や金貨を数え、またある人
 たちは文書をしたため、ある人たちは、利息を得るために資本を投じています。

 しかしながら、その貧しい男は、そこにある資産家の荘厳されたその邸宅を見て、
 『一体、俺は今、どこに来たのであろうか。あの人は王様か、王様と同等の権威を持
 つ人であるだろう。

 いま、ここでひどい目に遭うことも、捕まえられて強制労働をさせられることも、ご
 免こうむりたい』と考えながら、その男は貧民街のありかを尋ねつつそこへと逃げま
 した。
ダウンロード (3)

 すると、獅子座に坐っていたその裕福な人は、その自分の息子を見て、大いに喜びま
 した。そして、その人は、『お前たちは、あの貧しい男を連れて来なさい』と、使い
 の者たちをその男のもとに派遣しました。

 それらの使いの者たちは、直ちにその貧しい男を捕まえました。しかしながら、捕ま
 えられた途端にその男は、気絶してしまいます。そして、『私への刺客が近づいて来
 たに違いない。今は、着るものや食べるものなんかどうでもいい』と考えました。

 賢く、大いに裕福なその人は、その男を見て、『この男は、愚かで、無知で、劣った
 ものに対して信順の志を持っている。この男は、〈これらの荘厳されたものが自分の
 ものである〉ということを信ずることも出来ないし、さらにまた〈これが自分の父親
 である〉ということを信ずることも出来ないだろう』と考えました。

 そこで、その人は、背骨が湾曲し、片目と片足が不自由で、襤褸ぼろを身にまとい、色が
 黒く、身分の卑しい侍者たちを派遣して、『お前たちは、あの男に、仕事をする気が
 あるかどうかということについて尋ねよ』と命じ、

 『屎尿しにょうにまみれ、悪臭を発する私のこの肥溜こえだめを綺麗きれいにするために、お前は仕事をし
 ろ。そうすれば、私はお前に2倍の賃金を払うであろう』と、侍者たちを使って貧し
 い男に言わせました。

 このような言葉を聞いて、その男はその邸宅にやって来て、その場所を綺麗にしまし
 た。そこで、その男は邸宅のうちの〔一隅にある〕藁葺わらぶき小屋に住所を定めました。

 そして、その裕福な人は、いつも窓からその侍者を見守ります。そして、『私のこの
 息子は、劣ったものに対して信順の志を持っていて、肥溜めを綺麗にしている』と思
 います。

 その人は邸宅から降りて来て、〔屎尿を入れる〕容器を手に取り、薄汚れた衣服を着
 て、『お前は、今しばらく仕事をするな』と荒々しい口調で言いながら、その男のそ
 ばに近づきました。

 『私は、お前に2倍の賃金を与えよう。さらにまた、足に塗る油を2倍与えよう。ま
 た塩気のきいた食べ物をお前に与えようさらに野菜も衣も、私はお前に与えよう』

 このように、その資産家は、その貧しい男に荒々しい口調で言いました。その時、そ
 の賢い人は、さらにその貧しい男を自分に近づけようとします。『お前は、ここで実
 によく仕事をする。お前は明らかに私の息子である。そこに、疑いはないのだ』と。

ダウンロード (9)

 その資産家は、その貧しい男に少しずつ家に入ら黄せ、家の中の仕事をさせました。
 また、その資産家は、その貧しい男にまるまる20年もの歳月をかけて、徐々に自信を
 持たせました。

 その資産家は、金や真珠で造られたもの、また水晶で造られたものをその邸宅に保管
 しているでしょうが、その資産家は、それらのすべてを教え、全財産の管理について
 貧しい男に考えさせました。

 その愚かな男は、その〔資産家の〕邸宅の離れたところにある〔藁葺き〕小屋に一人
 で住みながら、自分は貧しいものだという思いを抱き、『このような財産は、決して
 私のものではない』と考えています。

 その資産家は、その貧しい男がこのようであることを知って、『私の息子は、勝れた
 考えを持つに至った。私は、友人や親戚の人々を招いて、すべての財産を息子に贈与
 することにしよう』と考えました。

 その資産家は、王様や町や村に住む人たち、多くの商人たちを邸宅に集めて、その聴
 衆の真ん中で、このように言いました。『これは長い間、行方不明になっていた私の
 息子である。

 息子で出会うまでに、まるまる50年が経った。それからさらにまた、20年の間、私は
 息子を見てきた。何々という町から私のこの息子は遁走したが、私は、息子を捜しな
 がらこのようにここにやって来たのだ。

 この息子は、私のすべての財産の相続人である。私は、この息子にすべてのものを余
 すところなく贈与するであろう息子は父である私の財産で仕事をするべきである。
 私は、この家の財産をすべてこの息子に贈与する』

 その男は、かつて自分が貧乏であったことや、劣ったものに信順の志を持っていたこ
 と、父親のそれらの徳とを思い合わせて、『家の財産をすべて獲得して、私は今、幸
 せであります』と、不思議な思いにとらわれました。(つづく)

 ↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
 
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2022/06/21 05:25 】

第4章 信順の志(信解品第4)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経信解品第4 摩訶迦葉の反省と決意 | ホーム | 法華経信解品第4 財産管理人から財産相続人へ >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |