fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経信解品第4 摩訶迦葉の反省と決意

 摩訶迦葉
摩訶迦葉中村晋也作『薬師寺・釈迦十大弟子』)

 まさにこのように、劣ったものに対して信順の志を持つという性分が私たちにあるこ
 とを、指導者は了解されて、『あなたたちは、ブッダとなるであろう』『声聞である
 あなたたちは、確かに私の息子たちである』とはおっしゃりませんでした。

 世間の保護者は私たちに対して、『迦葉かしょうよ、最上にして最高の覚りへと出て立った菩
 薩たちに、それを実践してブッダとなる、この上ない道を説くがよい
』と要求されま
 した。

 人格を完成された人は、大いなる力を持つそれらの多くの菩薩たちのために私たちを
 遣わされ、私たちは菩薩たちに対して数え切れないほど多くの譬喩や因縁によってこ
 の上ない道を説き示しました。

 勝利者の息子である菩薩たちは、私たちから教えを聞いて、覚りのための最善の善き
 道を修行しました。そして、その瞬間にそれらの菩薩たちは、『あなたたちは、この
 世間においてブッダとなるであろう』と予言されたのです。

 あたかもその資産家にとっての信頼できるその貧しい男のように、私たちはこの法(
 真理の法)の蔵(法蔵)を護りながら、また勝利者の息子である菩薩たちにそれを説
 き示しながら、保護者のためにこのような仕事をしたのであります。

 このブッダの所有する法の蔵を菩薩たちに授けながら、私たちは自分が貧しいもので
 あるという思いを抱いていました。私たちは勝利者のこの知を自ら求めることなく、
 勝利者の知を菩薩たちに説き示していたのです。
 
 私たちは、自分自身の煩悩を消滅することをそれ程に勝れたものと見なして満足して
 おり、この勝利者の知はそれ以上のものではなく、ブッダたちの諸々の国土における
 荘厳について聞いても、私たちには、いかなる時にも決して歓喜さえも生じることが
 ありませんでした。
 
 『確かに、これらのあらゆるものごと(諸法)は、煩悩の静まったものであり、汚れ
 を離れていて、滅することも生ずることもありません。だからこの世に、ものごと(
 法)は何も存在しない』。私たちはこのように考えても、勝利者の知に対して信を生
 ずることはありませんでした。

 私たちは、長い間、ブッダのこの上ない知を熱望することに無関心でありました。そ
 れに対する熱望は、私たちに全くありませんでした。その時、勝利者は、『これが、
 最高の完成である』ともおっしゃっていました。

荳・痩遯歙convert_20140701120617
ラジギールの七葉窟(ここで、摩訶迦葉を中心に第一結集が行われた)

 涅槃で終わりとなるこの身体において、私たちは長い間、あらゆるものごとには実体
 がないこと(空法)を考察し、迷いの世界である三界の苦しみと悩みから解放されま
 した。そして、私たちは勝利者であるブッダの教えを成就しました。

 今、最上の覚りへ向けて出て立っている勝利者の息子である菩薩たちのために、私た
 ちはその勝利者の教えのもとで説き示しました。私たちは、それらの勝利者の息子た
 ちのために法を幾らか説きました。けれども、私たちには、その法を願望することは
 全くありませんでした。

 それ故に、世間の人々の師であり、独立自存するものは、説くべき時機を観察しなが
 ら、私たちのことを放置しておられました。私たちの信順の志が何であるのかという
 ことを探っておられて、言葉と意味との真実の関係を説かれることはありませんでし
 た。

 まさに、その大金持ちの資産家にとって、常に劣ったものに対して信順の志を持って
 る息子を、適切な時に巧みなる方便によってらし、馴らして後に、その息子に財産
 を与えたように、
 
 そのように世間の保護者は、非常になし難いことをなされます。巧みなる方便によっ
 て説き示しながら、劣ったものに対して信順の志を持っている息子たちを馴らしなが
 ら、馴らして後にこのブッダの知を与えられます。

 貧しい男が財産を得た時のように、今、私たちは思いがけず不思議な思いにとらわれ
 ました。ブッダの教えのもとで今、私たちは初めて汚れを離れている卓越した果報を
 獲得したのです。

 世間のことをよく知る人の教えのもとで、私たちが長い間守って来た戒、私たちがか
 つて実行してきたその戒の果報を、保護者よ、私たちは今、獲得いたしました。

 指導者の教えのもとで実践した最高にして清らかな純潔の行ないの卓越した果報が、
 今得られました。その果報は汚れを離れ、心が和らいでいて、勝れたものです。

ダウンロード
釈迦苦行像(パキスタン・ラホール博物館蔵)
 
    保護者よ、今、私たちは〔ブッダの声(教え)を聞くだけでなく、ブッダの声を聞か
 せる人として〕真の声聞であり、最高の覚りについての声を人々に聞かせるでありま
 しょう。また、私たちは覚りの言葉を宣言しましょう。それによって、恐るべき決意
 に立った声聞なのであります。

 保護者よ、私たちは今、真に供養を受けるに値する人(真の阿羅漢あらかん)となりました。
 私たちは、神々や悪魔、梵天に伴われた世間の人々から、またすべての生きとし生け
 るものたちから供養を受ける資格があります。

 量り知れないほどの長い時間、奮励したとしても、そもそも、誰があなたのご恩に報
 いることができるでしょうか。この死すべきものの住む世界において、そのように極
 めてなし難いことを、あなたはなされました。

 手によって、足によって、また頭によって礼拝してでさえも、ブッダの好意に対する
 恩返しをすることは、実に困難なことであります。ガンジス河の砂の数のように多く
 のまるまる一こうもの長い間、頭によって、肩によって、ブッダを担うとしても、

 堅い食べ物や、軟らかい食べ物、衣服、飲み物、寝具や座具、清らかな上衣を差し上
 げたり、栴檀せんだんで造られた精舎しょうじゃを建造させ、それを、一揃ひとそろいの錦で覆ってから差し
 上げるとしても、

 病気に対する多くの種類の薬を、供養のために人格を完成された人に常に差し上げる
 としても、ガンジス河の砂の数のように、このように多くの幾劫もの長い間、差し上
 げるとしても、いかなる時にも決して恩に報いることはできません。

 偉大なる知性に富んだ特質(法)を具え、比類のない威徳を有し、大いなる神力を具
 え、忍耐力に熟達しているブッダたちは、偉大なる王であり、汚れのない勝利者であ
 り、これらのブッダたちは、愚かなものたちのために、これらの状態を寛大に耐え忍
 ばれるのであります。

 このように、いつも外見にとらわれて行動するものたちに随順しながら、そのような
 ものたちのために、ブッダは法を説かれます。ブッダの法は自在者であり、また全世
 界における自在者であり、偉大なる自在者であり、世間の人々の指導者の王でいらっ
 しゃいます。
 
 ブッダは、衆生の立っているところを了解されながら、多くの種類の方策を示されま
 す。それら〔の外見にとらわれて行動するものたちに〕にはさまざまな信順の志があ
 ることを知って、幾千もの因縁によって法を説かれます。
 
 ブッダは、あらゆる衆生の行為や、人間たちの不安を了解しておられ、この最上の覚
 りを示しながら、実に多くの種類の法を説かれるのであります」

以上が、聖なる「白蓮華のように最も勝れた正しい教え」という法門の中の「信順の志」という名前の第4章である。 
(信解品第4おわり)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
 
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2022/06/24 05:55 】

第4章 信順の志(信解品第4)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経薬草喩品第5 摩訶迦葉への釈尊の応答 | ホーム | 法華経信解品第4 偈頌(詩文)による「長者窮子の譬え」 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |