fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経化城喩品第7 16人の王子たちによる法華経の説法

 ダウンロード


 すると、男性出家者たちよ、それらの16人の沙弥たちは、大通智勝如来が黙想に入られたのを知って、それぞれに法座としての獅子座を設けて、そこに坐り、大通智勝如来に敬礼してから、「白蓮華のように最も勝れた正しい教え」という法門を8万4000劫にわたって四衆たちに詳細に説き示したのである。

 そこにおいて、男性出家者たちよ、それぞれの沙弥である菩薩は、それぞれ60のガンジス河の砂の数に等しい幾100・1000・コーティ・ナユタもの数え切れないほど多くの生命あるものたちを、この上ない正しく完全な覚りへと成熟させ、教化し、喜ばせ、励まし、歓喜させ、到達させたのである。

 そこで、男性出家者たちよ、大通智勝如来は、8万4000劫を経過した後、思いも堅く、正しくものごとを理解しつつ、三昧 さんまいから立ち上がった。立ち上がってから、大通智勝如来は、その法座のあるところに近づいた。そして、設けられた座席に坐った。
 
 またさらに、男性出家者たちよ、大通智勝如来は、その法座に坐ると直ちに、まず第一に聴衆の集団全体を注視してから、男性出家者の集団に語りかけた。

 『男性出家者たちよ、これらの16人の沙弥たちは、希有なものとなり、驚くべきものとなった。智慧を具え、幾100・1000・コーティ・ナユタもの数え切れないほど多くのブッダに仕え、修行に修行を重ね、ブッダの知に仕えるものであり、ブッダの知を受け止めるものであり、衆生をブッダの知に入らせるものであり、ブッダの知を開示するものである。男性出家者たちよ、これらの16人の沙弥たちに繰り返して仕えるがよい。男性出家者たちよ、声聞のための乗り物に属する人であれ、独覚に到る乗り物に属する人であれ、菩薩のための乗り物に属する人であれ、これらの良家の息子たちの説法をそしることなく、かき乱さない人は、誰でもすべて速やかにこの上ない正しく完全な覚りの獲得者となるであろう。また、それらの人たちのすべては、ブッダの知に達するであろう』

 さらに、男性出家者たちよ、それらの16人の良家の息子たちは、そのブッダの教えのもとでこの「白蓮華のように最も勝れた正しい教え」という法門を繰り返して説き明かした。

 さらに、男性出家者たちよ、偉大な人であり菩薩であるそれらの16人の沙弥たちーその一人ひとりの偉大な人である菩薩が、覚りへ向けて教化したそれぞれ60のガンジス河の砂の数に等しい幾100・1000・コーティ・ナユタもの数え切れないほど多くのそれら衆生のすべてが、生まれ変わったそれぞれの生存のたびごとに、それらの16人の沙弥たちとともに出家して、それらの16人の沙弥たちに出会って、まさにそれらの16人の沙弥たちから法を聞いた。

 それらの衆生は、4万コーティもの数え切れないほど多くのブッダたちを喜ばせたし、あるものたちは今もなお、喜ばせているのである。(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2022/08/26 05:19 】

第7章 過去との結びつき(化城喩品第7)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経化城喩品第7 八方の諸仏となった16人の王子と衆生の因縁 | ホーム | 法華経化城喩品第7 大通智勝如来の説法と黙想 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |