fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経化城喩品第7 八方の諸仏となった16人の王子と衆生の因縁

 ダウンロード
ガンダーラ仏(東京国立博物館蔵)

 男性出家者たちよ、そのことを私はあなたたちに告げよう。あなたたちに知らせよう。幼い子どもたちであったそれらの16人の王子たち、またそのブッダの教えのもとで沙弥としての説法者となった王子たちのすべては、この上ない正しく完全な覚りを覚ったし、またそれらのブッダとなった王子たちのすべては今、この世に滞在し、存在し、時を過ごしていて、十方の種々のブッダの国土において幾100・1000コーティもの数え切れないほど多くの声聞や菩薩たちに法を説き示しているのだ。

 すなわち、男性出家者たちよ、東の方角にある歓喜(極めて楽しいところ)という世界には、①阿閦 あしゅく不動のもの)と、②須弥頂 しゅみちょう(スメール山の頂上)という名前の正しく完全に覚った尊敬されるべきブッダがいる。

 東南の方角には、③獅子音 ししおん(獅子の吠える声を持つもの)と、④獅子相 ししそう(獅子の旗を持つもの)という名前の正しく完全に覚った尊敬されるべきブッダがいる。


 南の方角には、⑤虚空住 こくうじゅう(虚空に住するもの)と、⑥常滅 じょうめつ(常に完全なる涅槃に入っているもの)
という名前の正しく完全に覚った尊敬されるべきブッダがいる。

 西南の方角には、⑦帝相 たいそう(インドラ神の旗を持つもの)と、⑧梵相 ぼんそう(ブラフマー神の旗を持つもの)
という名前の正しく完全に覚った尊敬されるべきブッダがいる。

 西の方角には、⑨阿弥陀(無限の寿命を持つもの)と、⑩度一切世間苦悩 どいっさいせけんくのう(すべての世界の災難や恐怖から逃れたもの)という名前の正しく完全に覚った尊敬されるべきブッダがいる。

 西北の方角には、⑪多摩羅跋栴檀香神通 たまらばつせんだんこうじんづう(タマーラ樹の葉や栴檀の香りの神力を持つもの)と、⑫須弥相 しゅみそう(スメール山に等しいもの)という名前の正しく完全に覚った尊敬されるべきブッダがいる。

 北の方角には、⑬雲自在 うんじざい(雲の音と輝きを持つもの)と、⑭雲自在王 うんじざいおう(雲の音の王)という名前の正しく完全に覚った尊敬されるべきブッダがいる。

 東北の方角には、⑮壊一切世間怖畏 えいっさいせけんふい(すべての世間の恐れと恐怖を消滅させるもの)という名前の正しく完全に覚った尊敬されるべきブッダがいる。

 そして、男性出家者たちよ、実に中央のこの娑婆 しゃば世界には、⑯16番目の私ー釈迦牟尼(シャーキャ族出身の聖者)という名前の正しく完全に覚った尊敬されるべきブッダがいるのである。

ダウンロード (5)

 さらに、男性出家者たちよ、私たちが沙弥であったその時、大通智勝如来の教えのもとで、それらの衆生は沙弥であった私たちから法を聞いた。また、そのブッダの教えのもとで偉大な人であった菩薩の私たちは、この上ない正しく完全な覚りへ向けて衆生を教化した。私たち一人ひとりには、ガンジス河の砂の数に等しい幾100・1000・コーティもの数え切れないほど多くの衆生がいたのだ。男性出家者たちよ、それらの衆生は、今なお声聞の境地にあり続けており、この上ない正しく完全な覚りへ向けて、私たちによってまさに成熟させられているところである。
 
 
この上ない正しく完全な覚りを覚知するために、それらの衆生は、実に以上の次第を経る必要があるのだ。理由は何か?男性出家者たちよ、ブッダの知はこのように実に信順し難いからである。

 
男性出家者たちよ、大通智勝如来の教えのもとで菩薩であった私が、一切智の法を説き聞かせた無量の数えることもできないガンジス河の砂の数に等しい幾100・1000コーティ・ナユタもの衆生とは誰のことであるか?男性出家者たちよ、あなたたちこそが、その時その情況でそれらの衆生であったのだ。

 そして、私が完全なる滅度に入った後、未来の世において生ずる声聞たちは、菩薩としての修行について聞くであろう。しかしながら、『われわれは、菩薩であるのだ』と理解することがないでああろう。


ダウンロード
菩薩立像(東京国立博物館蔵)

 さらにまた、男性出家者たちよ、それらの声聞たちは、すべて〔小乗の涅槃に対して〕完全なる涅槃という思いを持っていて、自分たちの考える完全なる涅槃に入るであろう。

 しかるに、男性出家者たちよ、私が、諸々の他の世界においてそれぞれの世界ごとに異なった名前で過ごしていると、それらの衆生は、ブッダの知を探求しつつ再びそこへ生まれ出て、そこにおいてそれらの衆生は実に再び次の確定的なことを聞くであろう。

 『ブッダたちには、ただ一つの完全なる涅槃がある。ブッダたちには、これよりほかに第二の涅槃は存在しない』と。

 男性出家者たちよ、このことが、ブッダたちの巧みなる方便であり、ブッダによる法の教授の遂行であると知られるべきである。

 男性出家者たちよ、ブッダが、自分自身の完全なる滅度に入る時を見通し、また集会の聴衆が清らかであり、信順の志が堅く、くうの教えに通達していて、禅定に専念し、また大いなる禅定にも専念しているのを見る時、男性出家者たちよ、ブッダは、『これが、その時である』と知って、一切の菩薩たちと、一切の声聞たちを集合させ、その後にこの経の意味を聞かせるのである。

 『男性出家者たちよ、世間において何かある第二の乗り物、あるいは何かある第二の完全なる涅槃が決して存在するのではない。まして況んや、第三の乗り物、あるいは第三の完全なる涅槃をやである』と。
 
 男性出家者たちよ、これこそが、尊敬されるべきブッダたちの巧みなる方便なのである。衆生の多数が、長い間、損ぜられており、また衆生が劣ったものを喜び、愛欲の泥沼におぼれているのを知って、ブッダはそれらの衆生に、方便として、それらの衆生の熱中しているものが涅槃であると説くのである。(つづく)
 
↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
 
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2022/08/30 05:20 】

第7章 過去との結びつき(化城喩品第7)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経化城喩品第7 化城宝処の譬え | ホーム | 法華経化城喩品第7 16人の王子たちによる法華経の説法 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |