fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経化城喩品第7 偈頌(詩文)による世尊の説法②

 ダウンロード (4)
涅槃仏(インド・クシナガラ)

 その勝利者が完全なる滅度に入った後で、修行をして、それらの沙弥たちは、幾コー
 ティもの数え切れないほど多くのブッダに出会った。その時、それらの沙弥たちは、
 それらの自分たちが教えを説いて聞かせた人たちと一種に、両足で歩くもののうち
 で最上の人たちのために供養をなした。

 広大で卓越した修行を実行して、それらの沙弥たちが十方において覚りを得た後に、
 その勝利者の16人の息子たちは、すべての方角においてそれぞれ二人ずつ勝利者と
 なった。

 しかもまた、その時、それらの16人の勝利者たちが法を説いて聞かせたそれらの人
 たちはすべて、声聞たちであった。16人の勝利者たちは、それらの声聞たちを種々
 の巧みなる方便によって次第にこの覚りに到達させるのである。

 私もまた、それらの16人の勝利者たちの中にいたのだ。私もまた、あなたたちのす
 べてに教えを説いて聞かせたのだ。それ故に、私の声聞であるあなたたちのすべて
 を、私は今、巧みなる方便によって確かに正しく完全な覚りへと導こう。 

 過去におけるその時、実にこの因、この縁が発生したのだ。そのゆえに、私は法を
 あなたたちに説くべきであり、それ故に、私は、あなたたちを私の最高の覚りへと
 導くのである。男性出家者たちよ、この状況において畏れてはならない。

ダウンロード

 例えば、畏ろしくて、過酷で、人けがなく、孤立していて、身を守るところがなく、
 多くの猛獣が住み、飲み水もない荒野があるとしよう。愚かなものにとって、その荒
 野は、畏ろしいところであるだろう。

 そこには、その荒野へと向かった幾千もの多くの人たちがいるとしよう。そして、そ
 の荒野は人けがなく、広くて、まるまる500ヨージャナ(1ヨージャナは約15㎞)に
 わたっているとしよう。

 通過し難く、極めて畏ろしいその荒野において、それらの人たちの道案内となったそ
 の人は、裕福で、思慮深く、聡明で、志が堅く、よく教育されていて、何ものも畏れ
 るところがない。

 さらにまた、疲れきったそれらの幾コーティもの数え切れないほど多くの生命あるも
 のたちは、その時、その道案内に言った。『友よ、私たちは疲れ切っています。私た
 ちは何もできません。今、ここで引き返すことが私たちの願いです』

 その時、経験豊かで、賢いその指導者はまた、『ああ、何ということか。これらのす
 べての愚かなものたちは、自分で引き返して、宝物を失ってしまうのだ』と考え、そ
 の時、一つの方便を考えるとしよう。

ダウンロード (2)

 『私が今、あるいは直ちに、神通力によって化作しようとしている大都城は、幾
 1000・コーティもの数え切れないほど多くの住居で荘厳され、精舎や遊園で美し
 く飾られている。

 
私は、諸々の池や川も化作するであろう。その大都城は、園林と花で飾られ、諸々
 の城壁や城門で美しく飾られ、比類のない女性と男性たちが住んでいる』

 大都城を化作して後に、その道案内は、それらの人たちに次のように言った。『あ
 なたたちは、恐れてはならない。実に喜びなさい。あなたたちは、最も勝れた都城
 に到着したのだ。速やかに都城の中に入って、やりたいことをやるがよい。

 あなたたちは、今、心を躍らせて安心するがよい。荒野のすべてを余すところなく
 通過したのだ』と、その道案内が、勇気づける言葉を語り、すべての人がようやく
 元気を回復した。

 そして、全員が存分に休息を取ったことを知って、全員を集めて、再び言った。
 『あなたがたは、私のところへ来て、私の言葉を聞くがよい。この都城は神通力で
 できていて、私が化作したのだ

 私は、あなたたちの疲労ぶりを知って、あなたたちが引き返すことにならないよう
 にと考えた。これが、私の巧みなる方便である。宝の島に行くためにあなたたちは
 勇気を出すがよい』と。

 男性出家者たちよ、まさにそのように、私は幾1000・コーティもの数え切れないほ
 ど多くの生命あるものたちの道案内であり、あるいは指導者であって、私は、生命あ
 るものたちが、まさにこのように苦しめられているのを見る。それらの生命あるもの
 たちは、煩悩の殻を破ることができないでいるのだ。

 これらの人たちは、涅槃の安らぎを得てくつろぎを得る。それ故に、私は次のことを
 説くことを考えた。『これが、すべての苦の滅尽であり、あなたたちは阿羅漢の境地
 においてなすべきことをなし終えたのである』と。

ダウンロード
大いなる乗り物(大白牛車)
だいびゃくごしゃ

 しかるに、時が来て、あなたたちがこの安らぎの境地に立ち、そこにおいてあなたた
 ちのすべてを阿羅漢であると私が見なす時、その時、あなたたちのすべてをここに集
 合させて、この〔「白蓮華のように最も勝れた正しい教え」の〕法のままに真の意義
 を示すのだ。
 
 偉大なる聖仙たちが、3つの乗り物を示すということは、指導者たちの巧みなる方便
 である。乗り物はただ一つであって、第二の乗り物は存在しない。しかしながら、人
 々を休息させるために2つの乗り物を示したのである。

 そこで、男性出家者たちよ、私は今、あなたたちに告げよう。『一切知者の智慧を獲
 得するために、あなたたちは最高に高まった勇気を生ずるがよい。〔あなたたちが涅
 槃だと思っているものは、〕その程度であって、決して真の涅槃ではないのだ。

 しかるに、あなたたちが一切知者の智慧と、勝利者の威徳である10種類の力を獲得す
 る時32種類の身体的特徴を具えたブッダとなって後に真の涅槃に達するであろう。

 指導者たちの説法は、このようものである。〔ブッダたちは、疲れきった衆生の〕休
 息のために方便としての涅槃を説き十分に休息したことを知って後に〔真の〕
 涅槃を獲得させるために、すべての人たちを一切知者の智慧へと導くのである』と」
 
以上が、聖なる「白蓮華のように最も勝れた正しい教え」という法門の中の「過去との結びつきの章」という名前の第7章である。
 (化城喩品第7おわり)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
 


 
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2022/09/09 05:26 】

第7章 過去との結びつき(化城喩品第7)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経五百弟子受記品第8 富楼那はあらゆる場合の説法第一 | ホーム | 法華経化城喩品第7 偈頌(詩文)による世尊の説法① >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |