fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経五百弟子受記品第8 富楼那はあらゆる場合の説法第一

 第8章 500人の男性出家者たちへの予言
五百弟子受記品ごひゃくでしじゅきほん第8)


IMG_NEW_0010_convert_20140728172010.jpg
富楼那彌多羅尼子中村晋也作『薬師寺・釈迦十大弟子』)

 その時、尊者富楼那彌多羅尼子ふなるみたらにしは、世尊のそばでこのような巧みなる方便の知見という深い意味を込めて語られた教示を聞き、またこれらの偉大なる声聞たちのための未来における成仏の予言や、過去の因縁に関する話、さらには世尊にこの〔牡牛のような〕力強さが具わっていることを聞いて、不思議な思いにとらわれ、驚くべき思いにとらわれた。そして、執着のない、喜悦と歓喜の心で満たされた。

 そして、大いなる喜悦と歓喜、および法に対する大いなる尊敬をもって席から立ち上がり、世尊の両足の前に平伏して、次のような考えを抱いた。

 「世尊よ、不思議なことです。人格を完成された人よ、不思議なことです。種々の性分をもつこの世間の人々に自分を順応させ、そして多くの巧みなる方便の知見を示すことによって衆生に法を説き示し、あれこれと種々に執着している衆生を、巧みなる方便によって解放する正しく完全に覚られた尊敬されるべきブッダたちは、最もなしがたいことをなされます。世尊よ、この点において、私たちは何をなすことができるでしょうか?〔何もできません。〕ブッダだけが私たちの考えや、過去と結びついた修行についてご存じでありましょう」と。

 その
富楼那彌多羅尼子は、世尊の両足を頭におしいただくことによってうやうやしく挨拶してから、世尊に敬礼しつつ、両眼をまばたきすることもなく世尊を見つめながら一隅いちぐうに立った。

 すると、世尊は、尊者富楼那の心の思いをご覧になって、男性出家者の集団のすべてに対して言われた。

 「男性出家者たちよ、あなたたちは、この男性出家者の集団の中の法の語り部たちのうちで最第一(説法第一)であると私が決定し、多くの真実の威徳によって称賛し、さらに私のこの教えのもとで正しい教えの獲得のために多くの方法で専念したこの富楼那という声聞を見るがよい。この富楼那は四衆に対して、教えを示し、教化し、励まし、喜ばせる人であり、説法によってむことがなく、この法の伝承者にふさわしく、修行の仲間を慈しむ人として適切である。男性出家者たちよ、ブッダを除いてほかには、教えの意味に関しても、あるいは言葉に関しても、理解が富楼那に及ぶことはできないのだ。

 男性出家者たちよ、あなたたちはこのことをどう考えるか?この人は、ただ単に私にとって正しい教えの護持者であるのか?しかしながら、男性出家者たちよ、あなたたちはそのように見なすべきではない。それは、どんな理由によってか?

 男性出家者たちよ、私は過去の世における99・コーティもの数え切れないほど多くのブッダたちのことを覚えてる。その時、実にこの富楼那は、それらの世尊であるブッダたちの教えのもとで正しい教えを護持したのである。それは、あたかも現在の私の教えにおけるようにである。

 その富楼那は、あらゆる場合に法の語り部たちのうちで最第一であったし、あらゆる場合にくうの本性に精通し、〔教えと、その意義と、諸法の原語について衆生に説くことにおいて〕何ものにも妨げられない4種類の智を獲得していたし、あらゆる場合に菩薩の神通に通達していた。確信して疑念なく全く清らかに法を説く人であった。(つづく)


↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね! 
 
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2022/09/13 05:29 】

第8章 500人の男性出家者たちへの予言(五百弟子受記品第8)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経五百弟子受記品第8 富楼那への未来成仏の予言 | ホーム | 法華経化城喩品第7 偈頌(詩文)による世尊の説法② >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |