fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経五百弟子受記品第8 密かに菩薩行を行ない声聞と名乗る富楼那

 IMG_NEW_0010_convert_20140728172010.jpg
富楼那彌多羅尼子中村晋也作『薬師寺・釈迦十大弟子』)

 世尊は、以上のことをおっしゃられた。そして、実に人格を完成された人である師は、さらに次のように告げられた。

 「男性出家者たちよ、巧みなる方便をよく学んだ私の息子〔である〕菩薩が、どのよ
 うに修行を行ない、どのようにこの覚りへの修行を実行したのかというこの意義につ
 いて、あなたたちは私から聞くがよい。

 これらの衆生は、劣ったものに信順の志を持っており、勝れた乗り物に対して畏れを
 なしている。そのことを知って、〔私の息子である〕これらの菩薩たちは、方便とし
 て声聞となったり、独覚の個別の覚りを示したりするのである。

 そして、幾百もの多くの巧みなる方便によって、多くの菩薩たちを成熟させるのであ
 る。けれども私の息子たちは次のように語るのだ。『実にわれわれは声聞であり、
 われわれは、最上にして最高の覚りから遠くにいるのだ』と。 

 劣ったものに信順の志を持つ幾コーティもの数え切れないほど多くの怠惰な衆生が、
 それらの私の息子たちからこの修行を学びつつ、まさに成熟へと到り、それらの衆生
 はすべて、続けてブッダとなるのだ。

 また、これらの私の息子たちは、密かに菩薩としての修行を行ない、その一方で『私
 たちは、なすべきことの少ない声聞である』と言い、死と生のすべてをいとい離れるふ
 りをして、自分の国土を完全に浄化するのである。
 
 
それらの私の息子たちは、自分自身が貪愛とんあい貪欲どんよく)を抱いていること、さらにまた
 憎悪(
瞋恚しんに)を抱いていること、愚かさ(愚痴ぐち)を持っていることを示して見せ
 るのだ。また衆生が誤った見解に執着していることを知っているけれども、それ
 らの衆生の誤った見解にさえも依存するふりをするのだ。

 私の多くの弟子(声聞)たちは、このように実行しながら、巧みなる方便によっ
 て衆生を解脱させるのであるもしもそれらの弟子たちによって方便として
 なされたことのすべてを明らかにするならば無智な人たちは惑乱状態になるであろ
 う

ダウンロード

 男性出家者たちよ私の弟子であるこの富楼那このブッダの智慧を探求しながら、
 かつて幾1000・コーティもの数え切れないほど多くのブッダたちのもとで修行したの
 であり、それらのブッダたちの正しい教えを獲得したのだ。

 
あらゆる場合に、この富楼那彌多羅尼子は、最高の声聞であったし、大変に学識があ
 り、雄弁で、何ものも畏れるところがなく、人々を歓喜させ、常に怠ることがなく、
 常にブッダの仕事をなすことによって衆生に奉仕してきたのだ。

 常に大いなる神力に通達しており、4種類の何ものにも妨げられない智慧の獲得者で
 あり、衆生の能力の及ぶ範囲を知っていて、常に清浄な法を説き示している。

 この上ない最上のこの乗り物において、正法の中で最高のものを説き示しつつ、
 1000・コーティ・ナユタもの数え切れないほど多くの衆生を成熟させたし、自分の最
 も勝れた国土を浄化している。

 さらに、未来の世においてもまた、まさにこれまでと同様に幾1000コーティもの数え
 切れないほど多くのブッダたちに供養をなすであろうし、正法の中でも最高のものを
 獲得し、そして、自分の国土を完全に浄化するであろう。

 その富楼那は、何ものも畏れるところがなく、幾1000コーティもの数え切れないほど
 多くの方便によって常に法を説き示し、汚れのない、一切知者の智慧において多くの
 衆生を成熟させるであろう。

 
その富楼那は、人々の指導者たちに供養をなし、常に正法の中で最高のものを受持し
 て後に、世間おいて十方に広く知られた法明という名前の独立自存するものであるブ
 ッダとなるであろう。

 その法明の国土は、七宝からなり、極めて清らかで、常に卓越したものとなるであろ
 う。その劫は宝明という名前であり、その世界は善浄という名前であるだろう。

 善浄という名前の世界には、大いなる神力に精通している幾コーティもの数え切れな
 いほど多くの菩薩たちで、それらの清浄で大いなる神力を具えている菩薩たちが遍満
 するであろう。

 しかも、その時、その指導者には、大いなる神力を具え、8種類の解脱によって禅定
 を行じていて、4種類の何ものにも妨げられない智慧に精通している声聞たちのいる
 幾1000・コーティもの数え切れないほど多くの集団もまた存在するであろう。

 そのブッダの国土において、すべての衆生は清らかであり、純潔の行ないを修し、す
 べてが両親なしに自然発生したものたちであり、金色で、32種類の特徴を具えた身体
 を有するであろう。
 
 また、そこには、法の喜びと禅定の楽しみという食べ物を除いて食べ物の概念はない
 であろう。さらにまた、そこには女性もいなければ(この部分は後世に付加されたと
 考えられる)、頽廃たいはいもなく、悪しき境遇に対する恐怖もないであろう。

 完全なる徳を義えた富楼那の最も勝れた国土は、このようであり、大変に立派な衆生
 で満ちているであろう。以上のことは、ほんの少しだけが明かされたにすぎないので
 ある」(つづく)

 ↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
 
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2022/09/20 05:21 】

第8章 500人の男性出家者たちへの予言(五百弟子受記品第8)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経五百弟子受記品第8 500人の阿羅漢への未来成仏の予言 | ホーム | 法華経五百弟子受記品第8 富楼那への未来成仏の予言 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |