fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経五百弟子受記品第8 500人の阿羅漢への未来成仏の予言

 摩訶迦葉
摩訶迦葉中村晋也作『薬師寺・釈迦十大弟子』)

 その時、それらの自在を得た1200人の阿羅漢たちに次の思いが生じた。

 「私たちは、実に不思議な思いにとらわれ、実に驚くべき思いを抱いております。これらの他の偉大なる声聞たちが、世尊によって未来における成仏の予言をされたように、もしも世尊が私たち一人ひとりにも未来における成仏の予言をして下さるならば……」と。
 
 すると、世尊は、まさに自分の心で、それらの偉大なる声聞たちの心の思いを了解して、尊者
摩訶迦葉まかかしょうに語りかけられた。
 
 
迦葉よ、今、私の目の前にいるこれらの自在を得た1200人の阿羅漢たちのすべてに対して、私は直ちに未来における成仏の予言をなすであろう。

 迦葉よ、その中で、偉大なる声聞である男性出家者の
憍陳如きょうじんにょは、620万コーティ・ナユタもの数え切れないほど多くのブッダたちの次に、さらにその次に、世間において普明ふみょう(あまねき輝きを持つもの)という名前のブッダとなるであろう。

 さらには、迦葉よ、この同一の名前で500人のブッダが生ずるであろう。それ故に、500人の偉大なる声聞たちのすべてが、立て続けにこの上ない正しく完全な覚りを覚り、実にすべてが、普明という名前を持つブッダとなるであろう。それは、
次の通りである。伽耶迦葉 がやかしょう那提迦葉 なだいかしょう優樓頻螺迦葉 うるびんらかしょう哥羅 から迦留陀夷 かるだい阿㝹楼駄 あぬるだ(天眼第一)離婆多 りはた劫賓那 こうひんな薄拘羅 はくら周陀 しゅだ(チュンダ)、莎伽陀 しゃかだ、というこのようなものたちをはじめとする自在を得た500人である」

ダウンロード (6)

 
すると、世尊はその時、次の詩を述べられた。

 「憍陳如という氏族に属する私のこの声聞は、限りない劫の未来の世において、
 世間の保護者であるブッダとなって、幾1000・コーティもの数え切れないほど
 多くの生命あるものたちを教え導くであろう。
 
 その憍陳如は、輝かしく、ブッダの力を具え、十方に名声が鳴り響いており、幾1000
 ・コーティもの数え切れないほど多くの生命あるものたちによって尊敬され、最上に
 して最高の覚りを説き示すであろう。

 実にそれらの菩薩たちは熱心であって天上の乗り物の中でも最上のものに乗って、
 そこを経巡りながら熟慮し、清らかな戒をたもっていて、常に行ないが立派である。


 両足で歩くもののうちで最上の人の法を聞いて、それらの菩薩たちは、常に他の諸々
 の国土にもまた行き、それらの菩薩たちは、幾千人ものブッダたちを讃嘆して、それ
 らのブッダたちのために広大な供養をなすのだ。


 さらにまた、それらの菩薩たちは、その時、一瞬のうちに、普明という名前の人間の
 最上者であるこの指導者の国土に帰ってくるであろう。修行の力は、このようなもの
 であるだろう。

 その人格を完成した人の寿命の長さは、まるまる6万劫であるが、保護者が完全なる滅
 度に入った後で、その法はそれよりも2倍の長さにわたってこの世に存続するであろ
 う。

 そして、このブッダの正しい教えに似た教えは、さらにそれより3倍、実にそれほど
 長い期間にわたって存続するであろうその保護者の正しい教えが滅した後その時、
 人間たちも、神々も苦悩することになるであろう。

 それらの500人の声聞たちは、その普明という同じ名前を持つ勝利者であり、人間の
 最上者であって、まるまる500人の指導者たちは中断することなく連続して順次に出
 現するであろう。

 500人の指導者たちのすべてにとって、国土の荘厳は、それぞれ同様であり、神通力
 も、ブッダの国土も同様であり、声聞と菩薩たちの群衆も、正しい教えもこのように
 まさに同様であり、さらに正しい教えの存続期間も等しいであろう。

 私が既に、普明という人間の最高者を讃嘆したように、その時、500人のブッダたち
 すべてにとって、その名声は、神々に伴われた世間においてそれぞれに同様であるだ
 ろう。

 まさに私が、一切世間の人々に教えているように、まさにそのように、人々の安寧の
 ために憐憫 れんびんの情を抱いているそれらの500人の声聞たちは、中断することなく連続し
 てブッダとなって、順次に他の声聞たちに、『今、この人は私に続いてブッダとなる
 であろう』と予言をなすであろう。

 迦葉あなたは今ここにおいてこれらの500人を下らない自在を得たものたちと、
 さらにまた、私に属する他の声聞たちとを、まさにこのように把握するべきである。
 また、〔この会座 えざにいない〕他の声聞たちにも語るべきである」(つづく)

 
↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
 
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2022/09/23 05:21 】

第8章 500人の男性出家者たちへの予言(五百弟子受記品第8)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経五百弟子受記品第8 500人の阿羅漢が衣裏珠の譬えを語る | ホーム | 法華経五百弟子受記品第8 密かに菩薩行を行ない声聞と名乗る富楼那 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |