fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経法師品第10 井戸掘りの譬えで覚りからの遠近を示す

ダウンロード   

 しかるに、
薬王よ、そのブッダのチャイティヤを敬礼したり、供養したり、見たりする機会を得る衆生はすべて、この上ない正しく完全な覚りから近いところにいると知られるべきである。

 それは、どんな理由によってか?薬王よ、在家と出家の多くの人たちが、菩薩としての修行を行なうけれども、これらの人たちは〔まだ〕この法門を見たり、聞いたり、書写したり、供養したりする機会を得ていないからだ。薬王よ、この法門を聞かない間は、それらの人たちは菩薩としての修行において熟達していないのである。

 しかるに、この法門を聞き、聞いて後に信順し、到達し、了解し、把握するならば、それらの人たちは、その時、この上ない正しく完全な覚りの近くにいて、そこに近づいたものとなるであろう。

 薬王よ、それはちょうど、誰かある人が水を求め、水を探しているようなものである。その人が、水を得るために地上の堅い不毛の地(砂漠)において井戸を掘らせるとしよう。乾燥した白っぽい土が運び去られているのを見ている間は、その人は、『水はここから、ずっと遠いところにある』と知るであろう。

 ところで他の時に、水分を含んだ湿った土が泥のぬかるみとなって、水滴をしたたらせて運び出されていたり、また、井戸を掘るそれらの人々の手足が泥のぬかるみで汚れているのを、その人が見るとしよう。その時、薬王よ、その人は、初めて現れたその瑞相を見て、『水はすぐ近くにある』と考えて、惑いも、疑いもなくなるであろう。

 
ダウンロード (1)

 薬王よ、まさにこのように、これらの偉大な人である菩薩たちは、この法門を聞かず、会得せず、到達せず、理解せず、考察しない限り、この上ない正しく完全な覚りから遠くにいるのだ。

 ところが、薬王よ、偉大な人である菩薩たちがこの法門を聞いて、会得し、受持し、読誦し、精進し、独りで暗誦し、考察し、修行する時、それらの菩薩たちはこの上ない正しく完全な覚りに近づいたものとなるであろう。薬王よ、衆生のこの上ない正しく完全な覚りは、この法門から生ずるのである。それはどんな理由によってか?実にこの法門は、最高の深い意味を込めて語られたことを開示するものであり、偉大な人である菩薩たちの完成のために、正しく完全に覚った尊敬されるべきブッダたちが、法を秘匿ひとくした理由が、ここに明言されているからである。

 薬王よ、誰であれ、菩薩がこの法門に驚き、畏れ、恐怖に陥るならば、その菩薩は、偉大な人である菩薩の中の新たな菩薩のための乗り物で出発したものと知られるべきである。しかしながら、もしも声聞のための乗り物に属する人が、この法門に驚き、畏れ、恐怖に陥るならば、薬王よ、その人は声聞のための乗り物に属する増上慢の人と知られるべきである。(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
 
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2022/11/01 05:27 】

第10章 説法者(法師品第10)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経法師品第10 ブッダ滅後の実践規範としての衣座室の三軌 | ホーム | 法華経法師品第10 この経にブッダの身体が一揃いの全体をなして存在 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |