fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経見宝塔品第11 十方のブッダの国土で説法しているブッダの招請

 ダウンロード (7)

 すると、大楽説菩薩は、世尊に次のように申し上げた。

 「世尊よ、私たちは、世尊の威神力によってそのブッダの身体を拝見させていただきたいものです」

 大楽説菩薩からこのように言われて、世尊は次のようにおっしゃられた。

 「しかもまた、大楽説よ、世尊である多宝如来の誓願は、重要なものであった。このブッダの誓願とは、次のことである。
 
 『実に他の諸々のブッダの国土において、世尊であるブッダたちが、この
「白蓮華のように最も勝れた正しい教え」という法門を説かれる時、その時、この「白蓮華のように最も勝れた正しい教え」という法門を聴聞するため、私の全身を安置したこのストゥーパはブッダたちのもとへ赴くであろう。

 なお、それらの世尊であるブッダたちが、このストゥーパを開いて、私の全身を四衆に見せたいと願うならば、ブッダは、自分の身体から
化作 けさした分身で、互いに異なる名前を持ち、十方の互いに異なるブッダの国土において衆生に法を説いている分身たちのすべてを招集し、その後で、それらの分身たちとともにこのストゥーパを開いて、私の全身を四衆に示すべきである』

 だから、大楽説よ、私によって化作され、十方において互いに異なるブッダの国土である幾千もの世界で衆生に法を説いている多くのブッダの身体を持つものたち(分身諸仏)がいる。そのすべてをここに連れてくるべきであろう」

 すると、大楽説菩薩は、世尊に次のように申し上げた。

 「まず第一に、世尊よ、ブッダによって化作されたそれらのブッダの身体を持つものたちのすべてを私に礼拝させていただきたい」
 
 するとその時、世尊は、眉間の巻毛の塊から一条の光を放出された。放出されたその光線によって、直ちに世尊であるブッダたちが、東の方向の500万・コーティ・ナユタものガンジス河の砂の数に等しい多くの世界に住しておられるのがすべて観察された。

 そして、水晶で造られたそれらのブッダの国土が観察された。それらのブッダの国土は、宝樹によって輝かしく、天幕の細長い布片や花環で見事に飾られ、幾百・千もの多くの菩薩たちで満たされ、天上の日傘が広げられ、七宝や黄金の網で覆われているのが観察された。それぞれのブッダの国土において、世尊であるブッダたちが美しく妙なる声で衆生に法を説いておられ、幾百・千もの菩薩たちによってそれらのブッダの国土が満たされているのが観察された。

ダウンロード (2)

 東南の方向においてもこのようであり、南の方向、西南の方向、西の方向、西北の方向、北の方向、東北の方向、下の方向、上の方向においてもこのようであった。

 このように、十方の一つひとつの方角にあまねく幾100・1000・コーティ・ナユタものガンジス河の砂の数に等しい多くのブッダの国土と、幾100・100・コーティ・ナユタものガンジス河の砂の数に等しい多くの世尊であるブッダたちが世界におられるのもすべて観察された。

 その時、十方におけるそれらの正しく完全に覚られた尊敬されるべきブッダたちは、各自の菩薩の群衆に語りかけられた。

 「ところで、良家の息子たちよ、私たちは、多宝という正しく完全に覚られた尊敬されるべきブッダの遺身を安置したストゥーパを供養するために、世尊であり正しく完全に覚られた尊敬されるべき釈迦牟尼如来のサハー世界(娑婆世界)に行くべきであろう」
 
 すると、それらの世尊であるブッダたちは、それぞれ自分の侍者たちを伴って二人連れや、三人連れで、このサハー世界にやって来られた。

 実に以上のように、その時、このサハー世界のすべては、宝樹で荘厳され、瑠璃で造られ、七宝や黄金の網で覆われ、大きな宝の香料の香りで薫じられ、マーンダーラヴァ(曼荼羅華 まんだらけ)と大マーンダーラヴァの花が撒き散らされ、鈴のついた網で飾られ、八方に道が伸びるロータリーに黄金の糸が張られていて、村も、町、城市、国、王城もなく、カーラ山(黒山)もなく、ムチリンダ山(目真隣陀山 もくしんりんだせん)も、大ムチリンダ山(摩訶 まか目真隣陀山)もなく、チャクラヴァーダ山(鉄囲山 てっちせん)も、大チャクラヴァーダ山(大鉄囲山)もなく、スメール山もなく、そのほかの大きな山もなく、大きな海もなく、川も、大きな河川もなく、神々や人間、アスラの集団もなく、地獄も、畜生界も、ヤマの世界もなく、整然となされていた。

 
ダウンロード

 以上のように、その時、その集会に集まった人たちを除いて、このサハー世界において6種の生存領域(六道)に生まれた衆生のすべては他の諸々の世界に移し置かれた。
 
 すると、それらの世尊であるブッダたちは、侍者を一人連れ、また二人連れてこのサハー世界にやって来られた。また、それらのブッダたちは、次々にやって来て、宝樹の根もとにある獅子座に近づいて、時間を過ごしておられた。また、一つひとつの宝樹は、高さが500ヨージャナ(約7500㎞)あり、枝や葉や花弁が規則正しい間隔をもっていて、花と果実で飾られていた。一つひとつの宝樹の根もとには、大きな宝石で飾られた高さが500ヨージャナの獅子座が設けられていた。そこには、ブッダが独りひとり、結跏趺坐 けっかふざして坐っておられた。このようにして、ブッダたちは、三千大千世界のすべてにおけるあらゆる宝樹の根もとに結跏趺坐して坐っておられた。(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!

 
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2022/11/11 05:33 】

第11章 ストゥーパの出現(見宝塔品第11)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経見宝塔品第11 釈迦牟尼如来の分身のブッダたちの招集 | ホーム | 法華経見宝塔品第11 巨大なストゥーパの出現とその理由 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |