fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経見宝塔品第11 釈迦牟尼如来の分身のブッダたちの招集

 ダウンロード (1)

 さらにまた、その時、この三千大千世界は、ブッダで満たされていたが、世尊である釈迦牟尼如来の自己の身体から化作された分身のブッダたちは、未だに一つの方角からでさえも、誰も来ておられなかった。

 そこでさらに、世尊である釈迦牟尼如来は、次々にやって来るそれらのブッダの身体を持つ分身たちが坐るための場所を確保された。八つの方角のすべてにおける、200万・コーティ・ナユタもの無数のブッダの国土はすべて瑠璃で造られ、七宝や黄金の網で覆われ、鈴の網で飾られ、マーンダーラヴァと大マーンダーラヴァの花が撒き散らされ、天上の日傘が差し掛けられ、天上の花の環が垂れ下がり、天上の香料の香りで薫じられていた。

 また、釈迦牟尼如来は、それらの200万・コーティ・ナユタもの無数のブッダの国土のすべてを、村も、町、城市、国、王国、王城もなく、カーラ山もなく、ムチリンダ山も、大ムチリンダ山もなく、チャクラヴァーダ山も、大チャクラヴァーダ山もなく、スメール山もなく、そのほかの大きな山もなく、大きな海もなく、川も、大きな河川もなく、神々も、人間、アスラの集団もなく、地獄も、畜生界も、ヤマの世界もないものに整然とならしめられた。

 また、釈迦牟尼如来は、それらの多くのブッダの国土のすべてを平坦で、喜びに満ちて、七宝造りの樹木で飾られたただ一つのブッダの国土、ただ一つの大地に整然とならしめられた。また、それらの宝樹には、500ヨージャナの高さと幅があり、枝や、葉、花、果実を規則正しくつけていた。
 
 すべての宝樹の根もとには、天上の宝石でつくられた色とりどりで、見るも美しい500ヨージャナの高さと幅を持つ獅子座が設けられていた。それらの獅子座に、次々とやって来た分身のブッダたちは結跏趺坐して坐られた。このようにして、さらにまた釈迦牟尼如来は、一つひとつの方角の他の200万・コーティ・ナユタの世界も完全に清められた。

 それらの次々とやって来たブッダたちが坐るための場所を確保するために、釈迦牟尼如来は、一つひとつの方角のそれらの200万・コーティ・ナユタの世界もまた、
村も、町、城市、国、王国、王城もなく、カーラ山もなく、ムチリンダ山も、大ムチリンダ山もなく、チャクラヴァーダ山も、大チャクラヴァーダ山もなく、スメール山もなく、そのほかの大きな山もなく、大きな海もなく、川も、大きな河川もなく、神々や、人間、アスラの集団もなく、地獄も、畜生界も、ヤマの世界もないものに整然とならしめられた。また、それらのすべての衆生は、諸々の他の世界に移し置かれた。

ダウンロード (2)

 それらのブッダの国土もまた、瑠璃で造られ、七宝や黄金の網で覆われ、鈴のついた網で飾られ、マーンダーラヴァと大マーンダーラヴァの花が撒き散らされ、天上の日傘が差し掛けられ、天上の花の環が垂れ下がり、天上の香料の香りで薫じられ、宝樹で飾られていた。

 また、それらのすべての宝樹は、500ヨージャナの高さを持ち、その根もとには500ヨージャナの高さの獅子座が化作された。そこで、それらのブッダたちは、それぞれ別に、宝樹の根もとにある獅子座に結跏趺坐して坐られた。

 さらにまたその時、釈迦牟尼世尊によって化作され、東の方角におけるガンジス河の砂の数に等しい幾100・1000・コーティ・ナユタものブッダの国土において衆生に法を説き示していたブッダたちのすべてが、サハー世界にやって来られた。さらに十方からそれらの分身のブッダたちがやって来て、八方に坐られた。(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2022/11/15 05:26 】

第11章 ストゥーパの出現(見宝塔品第11)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経見宝塔品第11 扉を開くと多宝如来の姿が出現 | ホーム | 法華経見宝塔品第11 十方のブッダの国土で説法しているブッダの招請 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |