fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経見宝塔品第11 扉を開くと多宝如来の姿が出現

 ダウンロード (3)

 するとその時、一つひとつの方角にある200万・コーティ・ナユタもの世界は、それらのブッダたちによって八方の方角から遍く占められた。そこで、それらのブッダたちは、それぞれ自分の獅子座に坐り、それぞれ自分の侍者たちを釈迦牟尼世尊のそばへと派遣された。その際、それらの侍者たちに宝石の花の房を与えて、次のように言われた。

 「あなたたちは、霊鷲山 りょうじゅせん(グリドラクータ山)に行くがよい。行ってから、さらにそこで、その正しく完全に覚った尊敬されるべき世尊の釈迦牟尼如来に敬意を表して後に、私たちの名において、世尊が菩薩の群衆や声聞の集団とともに無病息災 むびょうそくさいでいらっしゃるか、元気でいらっしゃるか、安穏に過ごしていらっしゃるかを尋ねるがよい。また、この宝石の集まりを振り撒き、次のように言うがよい。
 
 
『確かに、世尊であるブッダは、この宝石造りの大いなるストゥーパの扉を開くことについて承諾をされました』と」
 
 このように、それらのすべてのブッダたちは、それぞれ自分の侍者たちを派遣された。

 するとその時、世尊である釈迦牟尼如来は、自分の化作した分身のブッダたちが残らず集合し、それぞれ別々に獅子座に坐ったのをお知りになった。また、それらの正しく完全に覚った尊敬されるべきブッダたちの侍者たちが、派遣されてやって来たのを知り、また、それらのブッダたちが宝塔の扉を開くことについて承諾すると告げたこをを知って、その時、自分の法座から立ち上がり、上方の空中に留まられた。

ダウンロード (4)

 それらのすべての四衆たちは、座席から立ち上がって、合掌し、世尊の顔を仰ぎ見つつ不動のままでいた。

 すると世尊は、空中に留まっているその宝石造りの大いなるストゥーパの真ん中の所を右手の指で開かれた。開いて、さらに二つの壁を大きく拡げられた。あたかも、大きな都城の入口にある半球形をした大きな両扉が、かんぬきをはずされて拡げられるように、世尊は空中に留まっているその宝石造りの大いなるストゥーパの真ん中の所を右手の指で開いて中を顕わされた。

 その宝石造りの大いなるストゥーパが開かれると直ちに、世尊である多宝という正しく完全に覚られた尊敬されるべきブッダの姿が現れた。そのブッダは、身体は干からびきっているが、全身が完全にそろっていて、結跏趺坐して獅子座に坐り、あたかも三昧 さんまいに入っておられるかのように観察された。そして、多宝如来は、次のような言葉をおっしゃられた。

 「素晴らしいことです。素晴らしいことです。釈迦牟尼世尊よ、あなたは、この
「白蓮華のように最も勝れた正しい教え」という法門を巧みに説かれました。釈迦牟尼世尊よ、この「白蓮華のように最も勝れた正しい教え」という法門をを集会の真ん中で説いておられるあなたは、実にまた素晴らしい。世尊よ、私はまさにこの「白蓮華のように最も勝れた正しい教え」という法門を聴聞するために、ここにやってまいりました」

 すると、それらの四衆たちは、多宝如来が、完全なる滅度に入られてから幾100・1000・コーティ・ナユタもの多くの劫が経過しているにもかかわらず、そのように今、語っておられるのを見て、不思議な思いに満たされた。

 その時、それらの四衆たちは、正しく完全に覚られた尊敬されるべきブッダであるその多宝如来と、釈迦牟尼如来に、天上界と人間界の多量の宝石を振り撒いた。(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2022/11/18 05:27 】

第11章 ストゥーパの出現(見宝塔品第11)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経見宝塔品第11 滅後の弘教をテーマに虚空会の儀式が開幕 | ホーム | 法華経見宝塔品第11 釈迦牟尼如来の分身のブッダたちの招集 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |