fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経提婆達多品第12  龍宮から戻って来た文殊師利菩薩

 ダウンロード (2)

 さてその時、智積 ちしゃく(智慧の集積を持つもの)という名前の菩薩が、下方にある多宝如来の国土から来ていた。その菩薩は、多宝如来に次のように申し上げた。

 「世尊よ、私たちは私たちのブッダの国土にかえりましょう」

 すると世尊である釈迦牟尼如来は、智積菩薩に次のようにおっしゃられた。

 「良家の息子よ、私の菩薩である文殊師利 もんじゅしり(マンジュシリー)法王子とともに何か法についての議論をなして、その後、あなたのブッダの国土に帰ることにして、それまでしばらく待つがよい」

 するとその時、文殊師利法王子が、車の輪ほどの大きさの1000枚の花弁を持つ紅蓮華の中に坐って、大勢の菩薩に囲まれ、敬われて、大海の真ん中の;娑竭羅 しゃから (サーカラ)龍王の宮殿から上方の空中に上昇し、虚空の経路を通って、霊鷲山 りょうじゅせんにおられる世尊のところに近づいた。

 そして文殊師利法王子は、紅蓮華から下りて、釈迦牟尼世尊多宝如来ののそれぞれの両足を頭におしいただいくことによってうやうやしく挨拶し、智積菩薩と向かい合って、親交と喜びの種々の言葉を交わして、一隅に坐った。 
 
 
すると、智積菩薩は、文殊師利法王子に次のように尋ねた。
 
 「文殊師利よ、大海の真ん中に行かれていたあなたは、どれほど多くの衆生を教化 きょうけされたのでしょうか?」
 
 文殊師利が答えた。

 「私は無量の数え切れない多くの衆生を教化した。それらの衆生は、言葉によって知らせることも、心によって考えることもできないほど、それほど無量で、数え切れないのである。良家の息子よ、その瑞相を見るまで、あなたはしばらく待つがよい」

 
文殊師利法王子が、この言葉を言うと直ちに、何千もの多くの紅蓮華が、大海の真ん中から上方の空中へと上昇した。それらの紅蓮華には何千もの多くの菩薩が一緒に坐っていた。そこで、それらの菩薩たちは、まさにその虚空の経路を通って、霊鷲山のあるところへ近づいた。近づいてから、その上空の空中に留まったのが見られた。

 それらの菩薩たちは、文殊師利法王子によって、この上ない正しく完全な覚りへ向けて教化されたのである。

 かつて、大いなる乗り物によって出で立った菩薩たちは、そこで、大いなる乗り物の諸々の功徳と、6種類の完成を称讃した。かつて、声聞であった菩薩たちは、まさに声聞のための乗り物を称讃した。

 しかも、それらの菩薩たちのすべては、あらゆるものごとがくうであるということについても、大いなる乗り物の諸々の功徳についても同じ意見を持っていた。
 
ダウンロード (4)
 
 そこで、文殊師利法王子智積菩薩に次のように言った。

 「良家の息子よ、衆生に対するこの教化はすべて、私が大海の真ん中に行ってなしたのです。その教化の結果が、ここに現われているのです」

 そこで、智積菩薩は、詩によって讃嘆して歌いながら、文殊師利法王子に質問した。

 「大いに祝福された人よ、智慧によって勇者という名前を持つ人よ、数えることので
 きないそれらの衆生を、今、あなたは化導 けどうされました。この威光は、何によるもので
 しょうか?それをお話しください人間の神よ、私は、あなたにこのことを尋ねます。

 それらの人たちが聞いた後に、覚りへ向けて心を生じ、確実に一切智へと渡りうる浅
 瀬を獲得したのは、覚りへの道を教示するどのような法、あるいはどのような経を、
 あなたは説かれたのでしょうか?」

 文殊師利菩薩が言った。

 「大海の真ん中において、私は「白蓮華のように最も勝れた正しい教え」という経を説いたのであり、他の経典を説いたのではありません」

 智積菩薩
が言った。

 「この経は、深遠で、微妙で、見難いものであり、この経に匹敵する他の経典は決して何もありません。諸経の中の宝であるこの経を理解し、この上ない正しく完全な覚りに十分に目覚めることを快く受け容れられる衆生が、誰かいるのでしょうか?」(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2022/12/06 05:20 】

第11章 ストゥーパの出現=続き(提婆達多品第12)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経提婆達多品第12  8歳の龍女の正しく完全な覚り | ホーム | 法華経提婆達多品第12 提婆達多への未来成仏の予言 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |