fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経安楽行品第14 「4つの在り方」を実践する人の多くの功徳

 ダウンロード
降魔成道仏(インド・クシナガラ)

 するとその時、世尊はまさに以上の意味を重ねて示しつつ、次の詩を述べられた。

 「人格を完成された人たちによって称賛された卓越した経であるこのような法を、常
 に慈悲の力を示しつつ、常にあらゆる衆生を憐みながら、説き示すべきである。

 〔恐るべき〕後の時代において、在家であれ、出家であれ、また覚りを求めない人で
 あれ、それらのあらゆる人々に対して、その菩薩は、その時、慈悲の力を現わすべき
 である。『法を聞いて後に、それらの人たちが、法をののしることがないように。

 しかも、覚りを得て後、私がブッダの位に立った時、その時、私は巧みなる方便に立
 脚して、それらの人たちを導き、この最高の覚りを聞かせてやりたい』と。

 もちろん軍隊を統率する転輪王は、戦士たちの活躍に満足して、いろいろな種類の黄
 金の飾りを戦士たちに与えるであろう。さらに、象や、馬、戦車、歩兵、町や村を与
 えるであろう。

 転輪王は、ある戦士たちの活躍に満足して、手の飾りや、銀と黄金の糸を与え、さら
 に、その転輪王は満足して、真珠、宝石、螺貝、碧玉、珊瑚、そして種々の召使いを
 与えるであろう。
 
 しかも、そこにおいて、誰かある戦士が、最高の勇敢さによってその転輪王を驚かせ
 る時、『この戦士は、希有なることを成し遂げた』と了解して、その転輪王は王冠を
 はずし、もとどりの中の宝石を与えるであろう。
 
 
ダウンロード
初転法輪像(インド・サールナート)

 まさにそのように、ブッダである私は、法の王であり、忍耐力を具え、多くの智慧の
 蔵を持ち、私は、人々の安寧のために憐憫の情を抱き、同情しつつ、法によってこの
 全世界を統治するのである。

 また、その時、衆生が苦しめられているのを見て、私は幾1000・コーティもの多くの
 経を説く。この世において、煩悩を打破している清らかな衆生の勇敢な前進ぶりを知
 って、

 その時、偉大なる医者で、法の王である私もまた、幾100・コーティもの多くの法門
 を説きつつ、衆生が能力を具え、智慧を有しているのを知って、髻の中の宝石のよう
 なこの経を私は説いたのだ。

 私は世間において、この最後の経を説こう。それは、私のすべての経の中で最高のも
 のであり、私が長い間、保護してきたもので、これまで決して説くことのなかったも
 のである。私は今、それを説き聞かせよう。あなたたちはみな、聞くがよい。

 私が完全なる滅度に入った後で、実践されるべきこれらの4つの在り方は以上のよう
 なものである。だから、最高で最上の覚りを願い求める人たちで、私のために仕事を
 してくれる人たち、

 その人には、憂いも、障害も、醜さも、病もない。さらに、その人には皮膚の黒さも
 なく、粗末な町に住むこともないのだ。

 その偉大なる聖仙は、常に麗しい容姿を持ち、あたかもブッダのように供養されるべ
 きで、その聖仙には常に、侍者として若々しい神々の子たちが伴っているのだ。

 その偉大なる聖仙の継続する身体には、いかなる時にも短剣や、毒薬、さらには棒や
 つちくれでさえも及ぶことは決してない。その偉大なる聖仙に罵りの言葉でさえも言うよ
 うなことがあれば、その人の口は閉ざされてしまうであろう。

 
ダウンロード

 私が完全なる滅度に入った後に、この経を受持する人は、この世において生命あるも
 のたちにとっての親族であり、光明を発し、幾コーティもの多くの生命あるものたち
 の暗闇を取り除きながら、太陽を活発に遍歴しているのだ。

 その偉大なる聖仙は、夢の中で〔自分の〕素晴らしい姿を見る。すなわち、その聖仙
 は、自己の身体が獅子座に坐っていて、多くの種類の法を男性出家者たちや、女性出
 家者たちに説き明かしているのを見るのだ。

 その偉大なる聖仙は、夢の中でガンジス河の砂の数のように多くの種類の神々や、ヤ
 クシャ、アスラ、龍たちを見る。夢の中でその偉大なる聖仙は、合掌しているそれら
 のすべてのものたちに最高の法を説いているのだ。

 その偉大なる聖仙は、夢の中で、ブッダが幾コーティもの多くの生命あるものたちに
 法を説いていて、黄金の皮膚の色を持つ保護者が幾千もの光明と甘美な声を発してい
 るのを見る。

 しかも、その偉大なる聖仙は、その夢の中で、両足で歩くもののうちで最上の人であ
 る賢者を称讃しながら合掌して立っていて、その偉大なる医者である勝利者は、四衆
 のために最高の法を説いている。

 また、その偉大なる聖仙は、その両足で歩くもののうちで最上の人の説法を聞いて、
 喜び、歓喜を生じて、その賢者に供養をなす。さらに、その偉大なる聖仙は、夢の中
 でダーラニーを得て後に、不退転の知を速やかに獲得するのだ。

 
ダウンロード

 また、その聖仙の保護者は、その偉大なる聖仙の意向を知って、その偉大なる聖仙に
 牡牛 おうしのように偉大な人の位に到るであろうという予言をする。『良家の息子よ、あな
 たもまた、この世で未来の世において、この上ないめでたい知を得るであろう。

 あなたのブッダの国土もまた、広大なものであるだろう。また、あなたの四衆たちは
 まさに私の四衆たちと同じように、大変に敬虔 けいけんであり、合掌して、汚れのない広大な
 法を聞くであろう』と。

 さらにまた、その偉大なる聖仙は、夢の中で岩の洞穴において法を修行している自分
 の身体を見る。法を修行して後、また〔法を法たらしめる〕根本の理法(法性 ほっしょう)に
 到達して後、三昧 さんまいを得たその偉大なる聖仙は、勝利者に出会うのだ。

 夢の中で、身が金色 こんじきで、幾百もの福徳の相を具えているブッダに出会って、法を聞
 き、聞いて後に、偉大なる聖仙は、集会においてその法を説き明かした。実にその偉
 大なる聖仙の見る夢は、このようなものなのだ。

 夢の中でも、王国や、後宮 こうきゅう、同じく親族一同をすべて捨てて、すべての愛欲を捨て
 去って出家し、このようにして覚りの座に近づいた。

 覚りを求めるその人は、その菩提樹の根もとにあるその獅子座に坐り、こうして7日
 間が経過した後、ブッダたちの知を獲得するであろう。

 覚りを獲得して、その獅子座から立ち上がって、その偉大なる聖仙は、実に汚れのな
 い真理の車輪を転じ、四衆たちに幾1000・コーティ劫もの考えることもできない長い
 間、法を説いた。

 そこにおいて、汚れのない法を説き示し、幾コーティもの多くの生命あるものたちを
 涅槃に到らせた後に、油がなくなって燈明が燃え尽きるように、その偉大なる聖仙は
 涅槃に入って消え去るのだ。その偉大なる聖仙の見る夢はこのようなものである。

 文殊師利よ、〔恐るべき〕後の時代に、私が巧みに説き示したこの最高の法であるこ
 の経を説き明かす人には、無限の多くの功徳が常に具わるであろう」

 以上が、聖なる「白蓮華のように最も勝れた正しい教え」という法門の中の「安楽の住所の章」という名前の第13章である。          (安楽行品第14おわり)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
 
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/01/13 05:28 】

第13章 安楽の住所(安楽行品第14)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経従地涌出品第15 大地の下から出現した無数の菩薩たち | ホーム | 法華経安楽行品第14 髻中明珠【けいちゅうみょうしゅ】の譬えを説く >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |