fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経如来寿量品第16 良医病子【ろういびょうし】の譬え

 ダウンロード

 
良家の息子たちよ、例えば実に誰かある医学に熟達した人が、学識を具え、明晰 めいせきで、賢く、すべての病を治すことに極めて巧みであるとしよう。そして、その人には、10人、あるいは20人、あるいは30人、あるいは40人、あるいは50人、あるいは100人の多くの息子たちがいるとしよう。その医者は、他の国に出かけていて留守であった。
 
 そして、その医者のそれらのすべての息子たちは、毒物による苦しみを受けるか、または毒薬による苦しみを受けているとしよう。その毒物、あるいは毒薬によって、それらの息子たちは、苦痛を感じてもだえ苦しんでいる。その息子たちは、その毒物、あるいは毒薬によって苦しみながら、大地に倒れている。その時、その息子たちの父であるその医者が、他の国から帰って来た。

ダウンロード (1)

 この医者のその息子たちは、その毒物、あるいは毒薬によって苦痛を感じて苦しんでいる。ある者たちは、倒錯 こうさくした意識状態であり、ある者たちは、正常な意識状態である。それらの息子たちのすべては、まさにその苦しみにさいなまれていたが、その父を見て、喜び、その父に次のように言った。

 『ああ、ありがたいことです。お父さん、あなたは、平穏無事にお帰りになられました。そこで、私たち自身の苦しみであるこの毒物、あるいは毒薬から私たちを解放してください。お父さん、あなたは、私たちに生命を与えてください』と。

 その時、実にその医者は、それらの息子たちが苦しみに苛まれ、苦痛に圧倒され、苦しみながら、大地をのたうち回っているのを見て、そこで色も、香りも、味も具えた卓越した薬物を集めて、石の上でいて粉にし、それらの息子たちが服用するように与えて、次のように言った。

 『息子たちよ、あなたたちは、色も、香りも、味も具えたこの卓越した薬を飲むがよい。息子たちよ、あなたたちが、この卓越した薬を飲めば、直ちにこの毒物、あるいは毒薬から解放されて、快適になり、また健康になるであろう』

 そこにおいて、倒錯した意識状態でないその医者の息子たちは、薬物の色を見て、また香りをかぎ、また味を味わって、直ちに口にした。そして、口にしながら、それらの息子たちはその苦痛からことごとく解放された。

 さらにまた、倒錯した状態であるその息子たちは、その父を歓迎して、父に次のように言った。『ああ、ありがたいことです。お父さん、私たちの医者であるあなたは、平穏無事にお帰りになられました』と。


ダウンロード (2)

 ところが、その倒錯した意識状態の息子たちは、このような言葉を言ったとしても、与えられたその薬を飲もうとしなかった。それは、どんな理由によってか?それは、その息子たちの意識が倒錯していて、与えられたその薬の色も気に入らず、また香りも、味も気に入らなかったからだ。その時、実に医者であるその人は、次のように考えるであろう。

 『この私の息子たちは、この毒物、あるいは毒薬によって意識が倒錯してしまっている。その息子たちは、実にこの卓越した薬を飲もうとしない。けれども、私を歓迎している。そういうわけで、今、私はこの息子たちに巧みなる方便を用いて、この薬を飲ませるとしよう』

ダウンロード (3)

 その時、実にその医者は、それらの息子たちに巧みなる方便によって、その薬を飲ませようとして、次のように言うであろう。

 『良家の息子たちよ、私は
しおれて老衰した老人である。そして、私にとって死の時が差し迫っている。しかしながら、息子たちよ、あなたたちは悲しんではならない。また、落胆に陥ってはならない。あなたたちのために、この卓越した薬を私は与えた。もしも、あなたたちが望むならば、その薬を飲むがよい』

 その医者は、その息子たちを、このように巧みなる方便によって教え導いて、ある国へと出発した。そこに行ってから、その衰弱した息子たちに自分が死んだことを伝えた。その時、それらの息子たちは大変に悲しみ、大いに泣いた。

ダウンロード (4)

 『実に私たちの父であり、保護者であり、私たちに同情してくださるただ一人のその人さえも亡くなってしまった。今、私たちは、寄る辺なきものとなってしまった』と。
 
 さて、それらの薄子たちは寄る辺なきものとなった自分を見つめながら、また保護者なき自分を見つめながら、常に悲しみにくれていた。そして、その息子たちは、常に悲しみにくれていることで、その倒錯した意識状態が正常な意識状態になった。そして、その息子たちは、その薬がまさに色も香りも味も具えているということを認めた。こうして、その時、その薬を口にした、そして、その息子たちは、薬を口にしながら、その苦悩から解放されたとしよう。


ダウンロード (5)

 その時、実にその医者は、それらの息子たちが苦悩から解放されたことを知って、再び自分の姿を現わした。良家の息子たちよ、このことをあなたたちは何と考えるか。その医者が、その巧みなる方便をなして後に、虚偽を〔告げたことを〕理由として、誰かある人が、その医者を責めることがないであろうか?」
 
 それらの菩薩たちが言った。

 「世尊よ、それはありません。人格を完成された人よ、それはありません」
 
 世尊が言われた。

 「良家の息子たちよ、まさにこのように私もまた、量ることも、数えることもできない幾100・1000・コーティ・ナユタ劫ものはるかな過去において、この上ない正しく完全な覚りを覚ったのだ。けれども、良家の息子たちよ、私は時々、衆生の教化のために、このような諸々の巧みなる方便を示すのである。そして、この点において、私には虚言は決して存在しないのである」(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/02/10 05:25 】

海外旅行  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経如来寿量品第16 私は、繰り返して衆生の世界に出現する | ホーム | 法華経如来寿量品第16 ブッダは永遠に菩薩道を実践し、方便として涅槃を現ずる >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |