fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経如来寿量品第16 私は、繰り返して衆生の世界に出現する

 ダウンロード

 そこで、世尊は、まさに以上の意味するところをさらに重ねて示しながら、その時、次の詩を述べられた。

 「その時、私はこの最高の覚りを得た。そして、その量が決して知られることのない
 幾1000・コーティ劫もの考えることもできない間、私は常に法を説いているのだ。

 私は多くの菩薩たちを教化して、ブッダの知において確立させ、そしてこのように幾
 コーティ・ナユタもの多くの衆生を、幾コーティもの多くの劫にわたって成熟させる
 のである。

 そして、衆生を教化するために、私は巧みなる方便を示して、完全なる滅度の境地を
 現わすのだ。けれども私は、その時、実際には完全なる滅度に入るのではなく、まさ
 にこの世において法を説き続けているのである。

 また、私は自分に神通力をかけてここに
示現 じげんしている。私は、すべての衆生にもまさ
 に同様に神通力をかけているのであって、そのため、理解力が倒錯し、そして愚かで
 ある人々は、私がまさにここに存在し続けているにもかかわらず、私を見ることがな
 いのだ。

 私自身の身体が、完全に消滅したのを見て後、それらの衆生は、遺体に対していろい
 ろな供養をなす。そして、私に会うことがないので、それらの衆生は渇望する心を生
 ずるのだ。そこで、それらの衆生の心は、素直さを得るのである。

 それらの衆生が素直で柔軟で、温和で、また愛欲を離れた状態になった時、その時、
 私は、声聞たちの集団を形成して、霊鷲山 りょうじゅせんに自分の姿を現わすのだ。

 そして、その後、私はそれらの衆生に次のように告げるのだ。『その時、私はこの世
 において、完全なる滅度に入ったのではないのだ。完全なる滅度に入ったように見せ
 るのは、私の巧みなる方便なのだ』と。男性出家者たちよ、私は繰り返して、生き物
 の世界に出現するのである。

 他の国土の衆生は、私を尊敬している。私は、それらの他の国土の衆生に私の最高の
 覚りを示すのだ。ところが、あなたたちは、私の声を聞くことがなく、他方において
 『その世間の保護者は涅槃に入られた』と思っている。

 私は、衆生が悲しみに打ちひしがれているのを見る。しかしながら、私はその時、自
 分の身体を現わすことはない。まず第一に、それらの衆生に私を見ることを熱望させ
 ているのだ。渇望した者たちには、正しい教えを説き示すであろう。

ダウンロード
ブッダ釈尊が法華経を説かれたとされる霊鷲山の香室跡

 私のこの神通の力は、常にこのようなものである。そして、考えることもできない幾
 1000・コーティ劫もの間、私は幾コーティもの寝台や座席を具えたこの霊鷲山から別
 の所へと去ることはない。

 衆生がこの世界を焼かれていると見たり想像したりするときにも、私のこのブッダ
 の国土は、神々と人間たちで満たされているのだ。

 それらの衆生には、いろいろな遊びの楽しみや、幾コーティもの遊園、楼閣、宮殿が
 あり、その私のブッダの国土は、宝石でできた山々や、宝石でできた花や果実をつけ
 た諸々の樹木で飾られている。

 上方では、神々が楽器を鳴り響かせ、曼陀羅華 まんだらけの花の雨を私にふり注ぎ、そして声聞
 たちや、覚りに向かって今、出て立った他の賢者たちに注ぎかけている。
 
 また、私のこの国土は、このように常に存在し続けている。けれども他の人たちは、
 この国土が焼かれていると想像し、世界を極めて恐ろしく、苦しめられ、幾百もの憂
 いが散り乱れている所だと見るのである。
 
 さらに、それらの衆生は、幾コーティもの多くの劫を経ても、私の名前、ブッダとい
 う言葉、ダルマ(法)という言葉、あるいはサンガ(
僧伽 そうぎゃ)という言葉〔、すなわ
 ち三宝 さんぼうという言葉〕さえも決して聞くことがない。悪い行ないの結果はこのよ
 うなものである。
 
 しかし、温和で柔和な衆生が、この人間の世界に生まれた時、生まれるや否や、
 立派な行ないの結果によって、私が法を説いているのを見るのである。
 
 また私は、このブッダの仕事がこのように終わりなきものであることを、それら
 の衆生に対していかなる時にも決して話していない。それ故に、久しい時間の後
 に私は姿を現わし、そこにおいてもまた、私は説くのだ。『勝利者たちは極めて
 会い難い』と。

 私のこの知の力は、決して限界が存在せず。このように、最も輝かしいものであ
 る。しかも、私の寿命は長く、無限の劫にわたっている。私は昔、それを修行を
 して獲得したのである。

 賢者たちよ、あなたたちは、ここにおいて疑いをなしてはならない。そして、疑
 惑を残らず捨て去るがよい。私は、この真実の言葉を語るのだ。実に、私の言葉
 は、いかなる時にも決して偽りではないであろう。
 
ダウンロード (1)

 あたかも、巧みなる方便を獲得したその医者が、倒錯した意識状態の息子たちに対し
 て、生きている自分のことを、『死んだ』と告げたとしても、虚偽という理由で賢者
 がその医者を責めないようなものである。

 
まさにこのように、私は世間の人々の父であり、独立自存するものであり、医者であ
 り、すべての生きとし生けるものの保護者である、そして、凡夫たちが意識の倒錯し
 た患者であると知って、私は、完全なる滅度に入ることはないが、完全なる滅度に入
 った姿を示すのである。

 理由は何か?私を常に見ることで、愚かな無知の人々は、浄信がなく、依存して、愛
 欲に酔いしれていて、怠惰のゆえに、悪しき境遇にするからである。

 私は、常に衆生のそれぞれの行ないを知って、それぞれに応じたやり方で衆生に教え
 を説くのだ。『いったい、どうやって衆生を覚りに到達させようか。どうしたら、衆
 生がブッダの性質を得るものとなるであろうか』と。

 以上が、聖なる「白蓮華のように最も勝れた正しい教え」という法門の中の「ブッダの寿命の長さの章」という名前の第15章である。     (如来寿量品第16おわり)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね! 
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/02/14 05:26 】

第15章 ブッダの寿命の長さ(如来寿量品第16)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経分別功徳品第17 「ブッダの寿命の長さの教説」を聞く功徳 | ホーム | 法華経如来寿量品第16 良医病子【ろういびょうし】の譬え >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |