fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経分別功徳品第17 五波羅蜜の修行よりも一念信解の功徳

 ダウンロード (6)

 そこで、世尊は、偉大な人である弥勒菩薩に話しかけられた。

 「アジタ(弥勒)よ、この「ブッダの寿命の長さについての教説」という法門が説かれている時、衆生が一度でさえも覚りを求める心を発す信順の志(
一念信解 いちねんしんげ)を生じあるいは浄信を生ずるならばそれらの良家の息子たち、あるいは良家の娘たちは、どれほどの福徳を生み出すであろうか?そのことを、よく聞くがよい。また、よく熟慮するがよい。

 私は、それらの良家の息子たちや、良家の娘たちが、どれほど多くの福徳を生むかということを話そう。それは、アジタよ、あたかも次の通りである。

 良家の息子であれ、良家の娘であれ、まさに誰かある人が、この上ない正しく完全な覚りを渇望しつつ、80万・コーティ・ナユタ劫もの間、5種類の完成(五
波羅蜜 はらみつ)ーすなわち、智慧の完成を除いた布施の完成、戒律の完成、忍耐の完成、努力精進の完成、禅定の完成ーに向けて修行するとしよう。
 
 アジタよ、この「ブッダの寿命の長さについての教説」という法門を聞いて、良家の息子であれ、良家の娘であれ、一度でさえも覚りを求める心を発す信順の志を生じ、あるいは浄信を生ずるとしよう。この良家の息子、あるいは良家の娘の福徳の生成と善根の生成に比べれば、先ほどの5種類の完成に関連して、80万・コーティ・ナユタ劫をかけて完成された福徳の生成と善根の生成は、その100分の1にも及ばないし、1000分の1にも、100・1000分の1にも、100・1000・コーティ分の1にも、1000・コーティ・ナユタ分の1にも、100・1000・コーティ・ナユタ分の1にも及ぶことはない。その差は、数えることも、考えることも、計算することも、譬えることも、近づくこともできないのだ。

 アジタよ、このような福徳の生成を具えた良家の息子、あるいは良家の娘が、この上ない正しく完全な覚りから退くことはありえないのだ」

 その時、世尊は、次の詩を述べられた。

 「この知、すなわちこの上ないブッダの知を求めつつ、5種類の完成を得て、この世
 に生きる人、

 ブッダや、声聞たちに繰り返し布施をなしつつ、まるまる8000・コーティ劫もの間、
 修行に専念する人、

 独覚や、幾コーティもの菩薩たちを、
んで食べる堅い食べ物、噛まなくてもよい軟
 らかい食べ物、衣服、寝台、座具によって満足させる人、

 この世において、栴檀で造られた住居や、精舎、さらにはそぞろ歩きの場所を荘厳す
 る、見るも美しい
園林 おんりんを作らせる人、

 さらにまた、ブッダの知の獲得のために、正しく完全に覚った人によって説かれ、賢
 者たちによって称賛された、清らかで完全無欠の戒律を守る人、

 さらにまた、忍耐することを実行し、心が制御された境地に立ち、意志が堅固で、思
 慮深くあって、多くの
はずかしめを耐え忍ぶ人、

 覚りを獲得していると思って増上慢になっている衆生からの中傷を、ブッダの知の獲
 得のために耐え忍ぶ人、

 常に努力精進に奮励し、専念しており、意志堅固な想念を持ち、幾コーティ劫もの間
 他のことに心を奪われることがない人、

 荒野での生活を続けていて、そぞろ歩きの場所に行っては、無関心と眠気を振り払っ
 て、実に幾コーティもの間、修行する人、

ダウンロード

 禅定に専念し、大いに禅定に励み、禅定を楽しんでいて、心を集中して、8000・コー
 ティ劫より長い期間にわたって留まって、禅定する人、
 
 その勇者は、その禅定によって、『私は一切知者となりたい』と考えて、この上ない
 完全な覚りを求めて、禅定の完成に到るとしよう。

 これらの5種類の完成のための行ないを幾1000・コーティ劫もの間、実践して、既に
 称讃された人たいには、福徳が具わるであろう。

 しかしながら、女であれ、あるいは男であれ、私の寿命の長さが無縁であることを聞
 いて、一瞬でも信じるならば、この場合の福徳は無限である。

 諸々の疑惑や、動揺、妄想を捨て去って、瞬時でさえも信順の志を抱くならば、その
 人には、このような果報があるのだ。

 また、幾コーティ劫にもわたって修行してきた菩薩たちは、考えることもできない私
 のこの寿命の長さを聞いて、恐れることはない。

 しかもそれらの菩薩たちはこの経を頭におしいただくことによって敬礼し、『私
 もまた、未来の世において、このような人になって、幾コーティもの生命あるものた
 ちを救いたいものだ。
 
 獅子のように偉大なる釈迦族の人であり、保護者であり、偉大なる賢者である釈迦牟
 尼
が、覚りの座に坐って、この獅子吼を響かせられるように、

 私もまた、未来の世において身体を有するあらゆるものたちによって恭敬され、覚り
 の座に坐ってこのような寿命の長さについて説き示そう』と考えるであろう。

 高潔な心を持って、聞いたことを完全に受持し、深い意味が込められた言葉を了解す
 る人たちに、疑惑は存在しないのである。(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
 
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/02/21 05:29 】

第16章 福徳の分別(分別功徳品第17)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経分別功徳品第17 弥勒による釈尊の無限の寿命の讃嘆 | ホーム | 法華経分別功徳品第17 「ブッダの寿命の長さの教説」を聞く功徳 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |