fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経分別功徳品第17 この法門を受持する人はストゥーパを造る必要はない

 ダウンロード

 次にアジタ(弥勒)よ、この「ブッダの寿命の長さについての教説」という法門を聞いて、通達し、信順の志を抱き、理解し、覚る人は、先の一度でも信順の志を生じるものの場合よりもさらに無量の、ブッダの知へと導く福徳を生ずるであろう。

 ましてや、このような法門を聞いて、人に聞かせたり、読誦 どくじゅしたり、受持したり、書写したり、書写させたり、さらには写本にして花や、末香、薫香、花環 はなわ、塗香、焼香、衣、日傘、旗、のぼりによって、あるいは胡麻油の燈明、
酥油 そゆ(バターに似た油)の燈明、香油の燈明によって尊重し、恭敬 くぎょうし、讃嘆し、供養し、尊重させる人が、さらに多くのブッダの知へと導く福徳を生じることは、言うまでもないことである。

 また、アジタよ、その良家の息子であれ、良家の娘であれ、この「ブッダの寿命の長さについての教説」という法門を聞いて、高潔な心をもって信順の志を抱く(深心信解 じんしんしんげ)とき、その良家の息子、あるいは良家の娘には、次の高潔な心の特徴があることを知るべきである。すなわち、その人は、私が霊鷲山 りょうじゅせんにいて、菩薩の群衆に伴われ、菩薩の群衆に尊敬され、声聞の集団の真ん中にいて、法を説いているのを見るであろう。

 しかも、その人は、私のブッダの国土であるこのサハー世界(娑婆世界)が、瑠璃で造られ、大地の表面が平坦で、八方に道が伸びるロータリーに黄金の糸が張られ、宝樹で飾られているのを見るであろう。また、その人は、菩薩たちが、そこにおいて、楼閣で楽しみながら暮らしているのを見るであろう。
 
 アジタよ、このように見ることが、高潔な心をもって信順の志を抱く良家の息子、あるいは良家の娘の高潔な心の特徴であると知るべきである。

 しかるにまた、アジタよ、ブッダの私が、完全なる滅度に入った後、この法門を聞いて、この法門をそしることなく、むしろ喜んで受け容れる人たちをも、私は、高潔な心をもって信順の志を抱いた良家の息子たちというのである。ましてや、この法門を受持し、読誦する人たちは、言うまのでもないことである。
 
 その上、この法門を写本に作りなして、肩にになう人は、ブッダを肩に担っているのである。それ故に、アジタよ、その良家の息子、あるいは良家の娘は、私のためにストゥーパを建てる必要はないし、精舎 しょうじゃを建てる必要もない。またその人は、男性出家者の集団のために病気に対する薬品などの生活必需品を布施する必要もないのだ。

ダウンロード (1)

 それは、どんな理由によってか?アジタよ、その良家の息子、あるいは良家の娘は、既に私の遺骨に対して遺骨供養をなしたことになるのであり、また、幅が次第に細くなり、高さがブラフマー神の世界にまで至り、日傘が設置され、勝利の旗を掲げ、鈴がえた音を鳴り響かせている七宝でできたストゥーパを建てたことになるからである。

 また、それらの遺骨を安置したストゥーパに対して、天上界や、人間界のいろいろな種類の花や、末香、薫香、花環、塗香、焼香、衣、日傘、旗、幟、勝利の旗によって種々に恭敬をなし、甘美で心にかなった冴えた音のする種々の小太鼓、太鼓、大太鼓によって、また楽器の打ち鳴らされる音や、鳴り響く音、音声によって、また量り知ることのできないいろいろな種類の多くの歌や、舞踏、歌舞という方法によって、幾100・1000・コーティ・ナユタもの量り知ることのできない多くの劫の間、恭敬をなしたことになるからである。

 アジタよ、私が完全なる滅度に入った後、この法門を受持し、読誦し、書写し、解説するならば、その人は、精舎をもまた経てたことになるのである。その精舎は、大きく、広く、高い、赤い栴檀 せんだんでできた8層からなる32の高楼があり、幾千人もの男性出家者たちの房舎があり、園林や花で飾られ、そぞろ歩きのための森を有し、寝台と座具を具え、んで食べる堅い食べ物、噛まなくてもよい軟らかい食べ物、飲食物、病気に対する薬品などの生活必需品で満たされ、安楽をもたらすあらゆる用具で飾られているのだ。

 それらの精舎は、多くて量り知ることができないのだ。すなわち、幾100、あるいは幾1000、あるいは幾100・1000、あるいは幾コーティ、あるいは幾100・コーティ、あるいは幾1000・コーティ、あるいは幾100・1000・コーティ・ナユタである。

 しかも、それらの精舎は、私が完全なる滅度に入った後であっても、私の面前で声聞の集団のために与えられたのであり、それらは、私によって享受されたのだと知られるべきである。従って、アジタよ、このようなことから、私は次のように言うのだ。『ブッダの私が完全なる滅度に入った後で、この法門を受持したり、読誦したり、説き示したり、書写したり、書写させたりする人は、私が完全なる滅度に入った後で、遺骨を安置したストゥーパを造る必要はなく、声聞の集団への供養もなす必要はない』と。(つづく)


↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
 
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/02/28 05:33 】

第16章 福徳の分別(分別功徳品第17)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経分別功徳品第17 この法門を受持し六波羅蜜を行ずる人の功徳 | ホーム | 法華経分別功徳品第17 弥勒による釈尊の無限の寿命の讃嘆 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |