fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経普賢菩薩勧発品第28 この経を書写・受持・読誦すれば見るも喜ばしいものに

 ダウンロード (7)

 しかし、世尊よ、この「白蓮華のように最も勝れた正しい教え」という法門が、このジャンブー州(
閻浮提 えんぶだい:人間の住む世界)において流布 るふし、偉大な人である菩薩たちが、その法門を手中のものとするならば、それらの説法者たちは、世尊よ、次のように知られるべきです。

 『普賢という偉大な人である菩薩の威神力によって、また、普賢という偉大な人である菩薩の威光によって、この法門は私たちの手中にあるのだ』と。
 
 世尊よ、それらの衆生は、普賢という菩薩の修行を得たものとなるでありましょう。また、それらの衆生は、多くのブッダたちのもとで善い果報をもたらす立派な行ないを積んだものとなるでありましょう。さらに、世尊よ、それらの衆生は、ブッダの手で頭をなでられたものとなるでありましょう。

 世尊よ、この経を書写し、受持するならば、私のために喜ばしい行為をなしているのであります。この経を受持する人たち、またこの経の意味を覚る人たちは、世尊よ、この経を書写して後、この世で死んで、三十三天の神々たちの仲間として生まれて来るでありましょう。そして、生まれると同時に、これらの人たちに8万4000の天女が近づくでありましょう。それらの人たちは、神々の子となり、太鼓の大きさの宝冠をかぶって、それらの天女たちの真ん中に住するでありましょう。

 世尊よ、この法門を書写して後に、福徳の集合はこのようなものであります。ましてや、この法門を解説 げせつし、一人で暗誦 あんしょうし、思索し、心に留める人たちは、言うまでもないことであります。それ故に、世尊よ、この「白蓮華のように最も勝れた正しい教え」という法門は、尊敬され、全精神を傾けて書写されるべきものであります。

 心を散乱せずに、心を込めてこの経を書写する人には、1000ものブッダたちが手を差し伸べるであろうし、また、臨終の時には、1000ものブッダたちがこの人の面前に出現するでありましょう。また、悪しき境遇に陥ることはないでありましょう。

 その人はこの世で死んで、兜率天 とそつてん(トゥシタ天)の神々たちの仲間として生まれるでありましょう。そこには、その偉大なる人である弥勒菩薩がいて、32種類の勝れた身体的特徴を具え、菩薩の群衆に囲まれ、幾100・1000・コーティ・ナユタもの天女たちに敬われて法を説き示すでありましょう。

 それ故に、世尊よ、良家の息子であれ、良家の娘であれ、賢者は、この「白蓮華のように最も勝れた正しい教え」という法門を敬って書写し、敬って解説すべきであり、敬って暗誦すべきであり、敬って心に留めるべきであります。世尊よ、この法門を書写し、解説し、独りで暗誦し、修行し、心に留めて後に、その賢者にはこのような無量の威徳が生ずるでありましょう。

 それ故に、世尊よ、良家の息子であれ、良家の娘であれ、その賢者は、この「白蓮華のように最も勝れた正しい教え」という法門を受持するべきであります。〔それによって、〕その人には、それほど多くの功徳と称讃があるでありましょう。それ故に、世尊よ、この法門が私の加護によってこのジャンブー州に流布するように、世尊よ、私もまた、まず初めにこの法門を加護することにいたしましょう」と。

ダウンロード (8)

 すると、その時、世尊である正しく完全に覚られた尊敬されるべき釈迦牟尼如来は、普賢という偉大な人である菩薩に感嘆の言葉を発せられた。

 「素晴らしいことである。素晴らしいことである。普賢よ、あなたは、まさにここで、確かに、このように多くの人々の安寧のために、多くの人々の幸福のために、世間の人々に対する憐みのために、衆生の大集団の利益と安寧、幸福のために約束をした。またこのように、考えることもできない勝れた本性を具え、偉大なる憐みに支配された高潔な心によって、また不可思議なことに支配された決意によって、そのあなたは、まさに自発的にそれらの説法者たちのために加護をなした。

 誰であれ、普賢という偉大な人である菩薩の名前を心にたもつ良家の息子たちは、私、釈迦牟尼如来に会ったことになると、知られるべきである。それらの人たちは、この「白蓮華のように最も勝れた正しい教え」という法門を、その釈迦牟尼世尊のもとで直接、聞いたことになるのであり、釈迦牟尼如来に供養したことになるのであり、さらに釈迦牟尼如来が法を説き示している時、『素晴らしいことです』という感嘆の言葉をブッダが発せられることになると知られるべきである。それらの人たちは、この法門を是認して受け容れたことになるであろう。釈迦牟尼如来によって、それらの人たちの頭の上に手が置かれたことになるであろう。また、それらの人たちによって、釈迦牟尼世尊は衣で覆われたことになるであろう。

 また、このような経を聞いたり、書写したり、受持したり、読誦したりして後、それらの人たちには、この経を聞き、書写し、受持し、読誦すること以外の他のことは、快いものではなくなるであろう。それらの衆生は、生まれつきの徳を具えているものたちであると知られるべきである。それらの人たちには、個々人に賢明な心の働きが具わっているであろう。それらの衆生は、自己の福徳の力を所持しているものたちであるし、また、それらの衆生は、他の衆生にとって見るも喜ばしいものとなるであろう。

 普賢よ、良家の息子たちであれ、良家の娘たちであれ、それらの人たちは、ブッダの教えを受け容れたものたちであると知られるべきである。それらの人たちには、ローカーヤタ(順世外道じゅんせげどう)に傾倒することはないであろうし、それらの人たちにとって、詩書に専念している衆生は快くないものたちであり、舞踏者や、力士、格闘家たちも快くないものたちであり、酒を売るもの、羊の肉を売るもの、鶏の肉を売るもの、豚肉を売るもの、淫売のために女性を抱えているもの(淫売屋の主人)たちといった衆生は、それらの人たちにとって、快いものではないであろう。
 
 このような経を受持する男性出家者たちを、貪愛・憎悪・迷妄〔すなわち、貪欲 とんよく
瞋恚 しんに愚痴 ぐち三毒 さんどく〕や、嫉妬、もの惜しみ、他人を軽蔑すること、自分を自慢すること、増上慢、誤った自負が、わずらわせることはないであろう。また、普賢よ、それらの説法者たちは、自分で得たものに満足している(小欲知足)であろう。(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!

スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/07/04 05:30 】

第26章 普賢菩薩による鼓舞(普賢菩薩勧発品第28)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経普賢菩薩勧発品第28 この法門を受持する人をブッダ同様に尊敬すべき | ホーム | 法華経普賢菩薩勧発品第28 普賢菩薩による説法者の守護 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |