fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経普賢菩薩勧発品第28 この法門を受持する人をブッダ同様に尊敬すべき

 ダウンロード (9)

 普賢よ、〔恐るべき〕後の時代、後の状況において、後の500年が進行している時に、この「白蓮華のように最も勝れた正しい教え」という法門を受持している男性出家者を見る人は、次のような心を生じるべきである。 

 『この良家の息子は、覚りの座に赴き、悪魔の所有する闘争の車輪に打ち勝ち、真理の車輪を転ずるであろう。この良家の息子は、法の太鼓を打ち鳴らし、法の螺貝 らがいを吹き鳴らし、法の雨を降らせ、法の獅子座に登るであろう』

 〔恐るべき〕後の時代、後の状況において、後の500年が進行している時、この法門を受持する男性出家者たちは、貪欲ではないであろう。衣を貪ることもなく、托鉢 たくはつ用の鉢を貪ることもないであろう。それらの説法者たちは、正直であり、また、それらの説法者たちは、固定的な実体がなく(くう)、自性がなく(無相 むそう)、欲望を離れている(無願 むがん)という三種の解脱を得ているであろう。

 また、それらの人たちには、現世と来世に福徳の果報が生ずるであろう。このような経を受持し、説法する男性出家者たちに困惑を及ぼすものたちは、来世に生まれつきの盲目となるであろう。また、このような経を受持する男性出家者たちに、非難の言葉を聞かせるものたちの身体は、実に現在において斑点を生ずるであろう。

 このような経を書写する人に嘲笑をなし、軽蔑するものたちは、隙間 すきまのある歯を持ち、歯がまばらとなり、醜い唇を持ち、扁平になった鼻を持ち、手足が逆につき、目が逆につき、悪臭を放つ身体を持ち、れ物や、水泡、疥癬 かいせん、発疹、かゆみが全身に拡がるであろう。

 このような経を書写する人たちや、経を読誦する人たち、経を受持する人たち、経を説き示す人たちに対して、真実であれ、不快な言葉を聞かせるものたちにとって、このことは甚だ重い悪業 あくごうであると知られるべきである。

 それ故に、普賢よ、この法門を受持する男性出家者たちに対しては、遠くからでも立ち上がってブッダに対して尊敬がなされるように、そのようにまさにそれらの経を受持する男性出家者たちに対して、尊敬がなされるべきである」

 さて、この「普賢菩薩による鼓舞の章」が、教示されているうちに、ガンジス河の砂の数に等しい偉大な人である菩薩たちにとって、幾100・1000・コーティ回も回転するダーラニーの獲得があった。

 以上が、聖なる「白蓮華のように最も勝れた正しい教え」という法門の中の「普賢菩薩による鼓舞の章」という名前の第26章である。(普賢菩薩勧発品第28おわり)


↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/07/07 05:29 】

第26章 普賢菩薩による鼓舞(普賢菩薩勧発品第28)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経嘱累品第22 菩薩の群衆のすべてに付嘱 | ホーム | 法華経普賢菩薩勧発品第28 この経を書写・受持・読誦すれば見るも喜ばしいものに >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |