fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

愛子に先立たれた母のために 上野殿母尼御前御返事⑤

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

上野殿母尼御前御返事うえのどのははあまごぜんごへんじ

 故七郎五郎殿は、当世の日本国の人々にはにさせ給はず。を

さなき心なれども賢き父の跡をおひ、御年いまだはたちにも及

ばぬ人が南無妙法蓮華経と唱へさせ給ひて仏にならせ給ひぬ。

「無一不成仏」は是なり。ひ願くは、悲母我子ひもわがここいし思食おぼしめ

給ひなば、南無妙法蓮華経と唱へさせ給ひて、故南条殿・故五

郎殿と一所に生まれんと願はせ給へ。一つたねは一つ種、別の種

は別の種。同じ妙法蓮華経の種を心にはらませ給ひなば、同じ

妙法蓮華経の国へ生まれさせ給べし。三人おもてをならべさせ給は

ん時、御悦びいかがうれしくおぼしめすべきや。

 そもそもこの法華経を開いて拝見つかまつり候へば、〔「如来すな

わち為に衣をもってこれをおおいたまうまた他方の現在の諸仏の

護念ごねんするところとならん」等云云。経文の心は東西南北八方

並に三千大千世界の外、四百万億那由佗なゆたの国土に十方の諸仏ぞ

くぞくと充満せさせ給ふ。天には星のごとく、地には稲麻とうまのや

うに並居なみいさせ給ひ、法華経の行者を守護せさせ給ふ事、たとえば大

王の太子を諸の臣下の守護するがごとし。


 ただ四天王一類のまほり給はん事のかたじけなく候に、一切

の四天王・一切の星宿せいしゅく・一切の日月・帝釈たいしゃく梵天ぼんてn等の守護せ

させ給ふに足るべき事なり。その上一切の二乗一切の菩薩・

兜率内院とそつないいん弥勒みろく菩薩・迦羅陀山からださんの地蔵・補陀落山ふだらくさんの観世音・せい

涼山りょうざん文珠師利もんじゅしり菩薩等、各々眷属けんぞく具足ぐそくして、法華経の行者

を守護せさせ給ふに足るべき事に候に、またかたじけなくも、

釈迦・多宝・十方の諸仏のてづからみづから来り給ひて、昼夜

十二時に守られ給はん事のかたじけなさ申すばかりなし。

 かゝるめでたき御経を、故五郎殿は御信用ありて仏にならせ

給ひて、今日は四十九日にならせ給へば、一切の諸仏、霊山りょうぜん

土に集まらせ給ひてあるいは手にすへあるいはいただきをなで、

あるいはいだき、あるいは悦び、月の始て出でたるがごとく、

花の始てさけるがごとく、いかに愛しまいらせ給らん。

 そもそも、いかなれば三世さんぜ十方の諸仏はあながちに、この法

華経をば守らせ給ふとかんがへて候へば、道理にて候けるぞ。法華

経と申すは、三世十方の諸仏の父母なり。めのとなり。主にて

ましましけるぞや。かえると申す虫は母の音を食とす。母の声

を聞かざれば生長する事なし。から(迦羅)ぐら(求羅)と申

す虫は風を食とす。風吹かざれば生長せず。魚は水をたのみ、

鳥は木をすみかとす仏もまたかくのごとく法華経を命とし、

食とし、すみかとし給ふなり。魚は水にすむ、仏はこの経にす

み給ふ。鳥は木にすむ、仏はこの経にすみ給ふ。月は水にやど

る、仏はこの経にやどり給ふ。この経なき国には、仏まします

事なしと御心得あるべく候。

【現代語訳】

妙法蓮華経の種子

 亡くなられた七郎五郎殿は、現代の日本人としては珍しい人である。幼少の時から賢

い父のあとを継ぎ、まだ二十歳にもならないのに、南無妙法蓮華経を唱えて仏に成られ

た。「法華経を聞いた者は一人として成仏しない者はいない」と経文にあるとおりであ

る。願わくば母として我が亡き子を恋しく思ったならば、南無妙法蓮華経と唱えて、先

に亡くなられた夫の南条殿と亡き子供の五郎殿といっしょの所へ生まれかわるようにと
                          ※1
願うようにしなさい。一つ種子は同じ一つの種子であり、別の種子は結局別のものであ

る。同一の妙法蓮華経の種子を心の田に植えれば、同じ妙法蓮華経の芽が生まれ花が咲

いて、同じ国へ生まれることができるのである。親子三人で顔を並べて見合う時に、そ

の悦びはいかに深いものであろうか。

法華経は諸仏の主人

 さて、この法華経を開いて拝見してみると、法師品の中に、「如来はこの経を信ずる

人々を衣で覆い、数多くの仏によって守護してもらえるであろう」とある。この経文の
                                                   ※2
意味は東西南北の四方八方ならびに三千大千世界の外、400万億那由佗の国土に、十

方の諸仏がぞくぞくとみちあふれ、天の星のように、また地上の稲や麻のようにたくさん

集まってこられて、法華経の行者を守護してくださる。例えば大王が太子を数多くの臣

下に命じて守護をさせるようなものである。
          ※3
 ただ四天王の一族のものが守ってくれるだけでも有難いことなのに、すべての四天王
                             ※4     ※5
を始め、星宿や日月・帝釈・梵天等までが守護してくださるということは、まことに満

足すべきことである。そのうえ、すべての二乗や菩薩、兜率の内院にいる弥勒菩薩、迦
                    ※6
羅陀山の地蔵、補陀落山の観世音、清涼山の文殊師利菩薩等がそれぞれ随順する者をつ

れて、法華経の行者を守護してくださるということは、満足すべきことであるのに、さ

らにもったいないことには、釈迦・多宝を始め十方の諸仏が自ら来て昼夜を問わず守っ

てくださるとのことで、なんとも言いようがないほど有難いことである。

 このような尊い法華経を故五郎殿は信仰されて仏に成られ、今日は四十九日忌を迎え

られたので、すべての諸仏が霊山浄土に集まり、あるいは掌に乗せられ、あるいは頭を

なで、あるいは抱いて喜び合い、ちょうど月が初めて昇ってきた時のように、また花が

初めて咲き出したように、大変に愛し慈しまれておられることであろう。

 どうして三世十方の諸仏が、特にこの法華経を守るのであろうかと考えてみるのに、

それは道理のあることである。そのわけは法華経は三世十方の諸仏の父母であり乳母

であり、また主人である。蛙は母の声を食物とするので、母の声を聞かないと成長し

ない。迦羅求羅からぐらという虫は風を食物とするので、風が吹かないと成長しない。また魚

は水を頼りにし鳥は木を住家すみかとする。仏もまたこのように法華経を命とし、食物とし

住家となされる。ちょうど魚が水の中に住むように、鳥が木に住むように、仏は法華

経に住みたもうのである。また月は水に宿るように、仏はこの経に宿られるのである。

この法華経のない国には仏もおられないものと心得えるように。(つづく)

【語註】

 ※1 別の種は別の種:例えば、柿の種はどこまでいっても柿の種であり、ほかの種と
      はなりえないことを意味する。柿の種が長いあいだにリンゴの種に変わることは
           ありえないように、南無阿弥陀仏をいくら長い年唱えても、それは南無妙法蓮華
           経にはならないことを意味しているのである。

 ※2 三千大千世界:宇宙のすべての世界。現代の太陽系に相当する一世界が1000集
    まって小千世界(銀河系に相当する)、小千世界が1000集まって中千世界中千
    世界が1000集まって大千世界と呼ぶ。
大千世界はその中に、小・中・大の3種の
    千世界を含んでいるから、三千大世界ともいう。

 ※3 四天王:仏法に帰依する者を守護する四天王、すなわち持国天王(東方)、増長
    天王(南方)、広目天王(西方)、多聞天王(北方、毘沙門天ともいう)。

 ※4 帝釈天:須弥山の山頂に住し、三十三天の頭領である。釈尊が修行中に帝釈は身
     を変えてその信念をためし、釈尊が仏になってからは守護を司った。

 ※5 梵天:大梵天王は帝釈天とともに、つねに仏に従って説法を聞き、守護の役目を
     果たす。

 ※6 補陀落:補陀落はサンスクリット語のポータラカの音訳。観音菩薩が降臨する霊
     場。観音菩薩の化身とされるダライラマが住んだポタラ宮もこれにちなむ。
     
↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
 
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/07/28 05:37 】

愛子に先立たれた母のために  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 愛子に先立たれた母のために 上野殿母尼御前御返事⑥ | ホーム | 愛子に先立たれた母のために 上野殿母尼御前御返事④ >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |