fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

愛子に先立たれた母のために 上野尼御前御返事③

ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

上野尼御前御返事 うえのあまごぜんごへんじ

 この仏無間地獄に入り給ひしかば大水を大火になげたるがごとし

少し苦しみやみぬる処に、我合掌して仏に問ひ奉りて、『いかなる仏

ぞ』と申せば、仏答へて『我はこれ汝が子息遺竜 いりょうが只今書くところの法

華経の題目六十四字の内に妙の一字なり』とのたもふ。八巻の題目は八八六

十四の仏、六十四の満月と成り給へば、無間地獄の大闇即ち大明となり

し上、無間地獄は『〔当位即妙にして本位を改めず〕』と申し

常寂光 じょうじゃっこう の都と成りぬ。我及び罪人とは皆はちすの上の仏と成りて、只今

都率 とそつの内院へ上り参り候ふが、まづ汝に告ぐるなり」と云云。

 遺龍云はく、「我手にて書きけり、いかでか君たすかり給ふべき。し

かも我が心よりかくにあらず、いかにいかに」と申せば、

 父答へて云はく、「汝はかなし、汝が手は我手なり。汝が身は我身な

り。汝が書きし字は我が書きし字なり。汝心に信ぜざれども、手に書く

故に既にたすかりぬ。たとへば小児の火を放つに心にあらざれども物を焼

くがごとし。法華経もまたかくのごとし。存外に信を成せば必ず仏にな

る。またその義を知りて謗ずる事なかれ。ただし在家の事なれば、いひ

しことkとさら大罪なれども懺悔しやすし」と云云。

 この事を大王に申す。大王の言はく、「我願既にしるし有り」とて遺

竜いよいよ朝恩をこうむり、国またこぞつてこの御経を仰ぎ奉る。――
 しかるに五郎殿と入道殿とは尼御前の父なり子なり。尼御前はかの

入道殿のむすめなり。今こそ入道殿は都卒の内院へ参り給ふらめ。

 この由をはわき(伯耆)どのよみきかせまいらさせ給ひ候へ。事々そ

うそうにてくはしく申さず候ふ。恐恐謹言。

十一月十五日                    
日 蓮 花押

上野尼ごぜん御返事

【現代語訳】

 この仏が無間地獄に出現なさったら、まるで大水を大火にかけたように苦しみがやや

治まったものだから、私は不思議に思って『あなたは、どういう仏でいらっしゃるので

すか』とお聞きすると、仏が『私は、お前の子の遺竜が今度書いた法華経の題字64のう

ちの妙という一字である』とお答えになられた。法華経8巻の題目は〈妙法蓮華経巻第

といった8字の8倍で64字になるがその一字一字が仏となり満月となられるので、

無間地獄の大闇黒に大光明が差しこんで明るくなったばかりでなく、『何ごとももとの

位相を改めることなくそのままで妙なるはたらきを現わす』といわれる通り無間地獄は

そのまま常寂光の浄土となった。私も他の罪人たちも、みな蓮の上の仏となって、今、

弥勒菩薩のいらっしゃる都率天の内院に参上するところだが、何よりも先にこの奇特な

出来事をお前に知らせるために現われたのだ」と答えました。

 遺竜が「しかし、法華経の題目は私がこの手で書いたのですよ。それなのになぜ父上

が救われなさるのでしょう。しかも私は、心ならずもいやいや書かされたというのに。

いったいなぜなのでしょう」と云うと、

 父の天人が答えるには「お前は思慮が足りないな。お前の手は私の手、お前の体は私

の体なのだ。だからお前の書いた字は私が書いた字なのだよ。お前は仏法を心から信じ

ていたわけではないが、手が法華経を書写したので、その功徳によって私が救われたの

だ。たとえば、子供が火をもてあそんでいて知らないうちに物を焼いてしまうようなも

のだ。法華経の功徳も同様に、意識はしなくても信仰の世界に接触すると、それだけで

必ず仏になる。このことをよく心得て、おろそかに扱ってはいけないよ。それにしても

私たちは、もともとが仏法とは縁の薄い在家の身であったので、いったことが大罰に当

たることであっても、懺悔をすることによってすぐ救われたのだろう」

 夢心地から覚めた遺竜は、このことを大王に申し上げました。大王は「朕の法華経書

写の願は、もうさっそく効験を現わした」と喜び、遺竜はその後ますます王から庇護ひご

受け、国中の人々は挙げて法華経を信奉するようになりました。――

 烏竜・遺竜の話にひき比べて思えば、故五郎殿と故六郎入道殿とは、尼御前あなたの

子であり父である。
尼御前は故六郎入道殿の娘にあたります。尼御前の法華信仰の功徳

によって今はもう故入道殿は都率天の内院へ参詣していらっしゃることでしょう。
               ※1
 この手紙に書いた内容について伯耆坊日興殿が読み聞かせて解説なさってください。

いろいろと急いでいることがあるので詳細は省略します。恐々謹言。

十一月十五日                          
日 蓮  花押

上野尼御前御返事

【語註】

 ※1 
伯耆坊日興ほうきぼうにっこう日蓮聖人が岩本実相寺を訪問し、一切経を閲覧された時、日興
     は13歳で大聖人の弟子となり伯耆房という名をいただいている。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!

 
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/08/15 05:33 】

愛子に先立たれた母のために  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 愛子に先立たれた母のために 上野殿母尼御前御返事  | ホーム | 愛子に先立たれた母のために 上野尼御前御返事② >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |