fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

夫に先立たれた妻のために 妙一尼御前御消息②

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

妙一尼御前御消息みょういちあまごぜんごしょうそく

 しかるに聖霊は或は病子あり。或は女子あり。「われすてて冥途にゆ

きなば、かれたる朽木のやうなるとしより尼が一人とどまりて、この子

どもをいかに心ぐるしかるらん」となげかれぬらんとおぼゆ。

 かの心のかたがたには、また日蓮が事、心にかからせ給ひけん。仏語

むなしからざれば、法華経ひろまらせ給ふべし。それについては、この

御房は「いかなる事もありて、いみじくならせ給ふべし」と、おぼしつ

らんに、いうかいなくながし失せしかば、「いかにやいかにや法華経・

十羅刹じゅうらせつは」とこそをもはれけんに、いままでだにも、ながらえ給ひた

りしかば、日蓮がゆりて候ひし時、いかに悦ばせ給はん。またいゐし事

むなしからずして、大蒙古国もよせて、国土もあやをしげになりて候へ

ば、いかに悦び給はん。これは凡夫の心なり。

 法華経を信ずる人は冬のごとし、冬は必ず春となる。いまだ昔よりき

かず、みず、冬の秋とかへれる事を。いまだきかず、法華経を信ずる人

の凡夫となる事を。経文には、「〔もし法を聞く者有れば、一として成

仏せざるは無し〕」ととかれて候ふ。

 故聖霊は法華経に命をすててをはしき。わづかの身命をささえしとこ

ろを、法華経のゆへにめされしは命をすつるにあらずや。かの雪山童子せっせんどうじ

半偈はんげのために身をすて薬王菩薩のひじをやき給ひしは彼は聖人な

火に水を入るるがごとし。これは凡夫なり、紙を火に入るるがごと

し。

 これをもつて案ずるに、聖霊はこの功徳あり。大月輪の中か、大日輪

の中か、天鏡をもつて妻子の身を浮かべて、十二時に御らんあるらん。

たとひ妻子は凡夫なればこれをみずきかず。譬へば耳しゐたる者の雷の

声をきかず、目つぶれたる者の日輪を見ざるがごとし。御疑ひあるべか

らず。定めて御まほりとならせ給ふらん。その上さこそ御わたりあるら

め。

 力あらばとひまいらせんとをもうところに、衣は一つぶでう、存外

の次第なり。法華経はいみじき御経にてをはすれば、もし今生にいきあ

る身ともなり候ひなば、尼ぜんの生きてもをわしませ、もしは草のかげ

にても御らんあれ。をさなききんだち(公達)等をば、かへりみたてま

つるべし。

 さどの国と申し、これと申し、下人一人つけられて候ふは、いつの世

にかわすれ候ふべき。この恩はかへりてつかへ(仕)たてまつり候ふべ

し。南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経。恐恐謹言。

五月  日                     
日 蓮 花押

妙一尼御前


【現代語訳】
法華経に命を捨てた功徳

 ところで亡きご夫君は、病気の男児がいますし、また女児もいます。「その子たちを

残して冥途へ行ったならば、枯れた木のように衰えている母の老尼が、一人ぼっちにな

って、この子供たちのことをどれほど心配することだろうか」とお歎きではないかと思

われます。

 また、亡きご夫君は、心の一方では、私のことが気になっていらっしゃったと思いま

す。仏のお言葉には嘘がないので、法華経は必ずお弘まりになるでしょう。それにつけ

ても、亡きご夫君は「日蓮が迫害されているような事態も好転して、法華経が隆盛にな

られるであろう」と思っていらっしゃったでしょうに、なかなかそうはいかず、幕府が
                                     ※1
理不尽にも私を配流したので、その時点では「これはどうしたことか。法華経よ。十羅

刹女の守護はないのか」と私も思ったものですが、結局はこうして健在でいられる身に

なったのですから、もしご夫君が今まで生き長らえていらっしゃったならば、私が佐渡

流罪をゆるされた時に、どれほどお喜びくださったことでしょう。また、私が前々から警

告を発していたことが的中して、大蒙古国からの攻勢もあって、日本国の安否が気づか

われるようになっていますので、この件もどれほどお喜びか知れません。もう帰らない

人に対してこのような繰り言をいうのは凡夫の浅はかさですね。

 今法華経を信じている人は寒い冬のようなものです冬は必ず花の咲く春になります

まだ昔から聞いたことも見たことがないでしょう、冬が秋に逆戻りしたなどということ

を。そのように、まだ聞いたことがありませんよ、法華経を信奉する人が成仏をしない

で凡夫のままでいるということを。だから法華経の方便品には「もし、法華経を聞くこ

とがあろう者は、一人として成仏しないことがない」と説かれているのです。


 亡きご夫君は、法華経のために命をお捨てになりました。細々と命を支えるだけの所

領を、法華経のために召し上げられたのですから、法華経に殉死したことになりましょ
               ※2
う。経典の中には、あの涅槃経の雪山童子が「諸行は無常である。これは生じたり滅し

たりする万象の法則なのだ」という半偈を教わり、後の半偈を知るために鬼神の前に身
           ※3
を投げたり、法華経の薬王菩薩が、過去の世で1200年もの長いあいだ自分の身を燃やし

て仏と法華経に供養したということが見えますが、それは聖人の話であって、火に水を

かければたきぎが燃えなくなるように命は後まで残りました。しかし、ご夫君の場合は凡夫

ですから、火に紙を入れると燃え尽きるように命が失せてしまいました。

 あれこれと考え合わせてみると、亡きご夫君はたいへん大きな功徳を積んでいらっし

ゃいます。だから今は、大月輪の中か、大日輪の中かにいらっしゃって、何でも明らか

に映す天の鏡にあなたがた親子の身を浮き出させて、24時間中お守りなさっていること

でしょう。たとえあなたがたは、凡夫の常としてご夫君を見ることも聞くこともできな

くても、それはたとえば、耳の不自由な人が雷の大音響を聞かず、目の不自由な人が太

陽の輝きを見ないようなものです。お疑いになってはいけません。ご夫君は必ずや守護

神におなりのことでしょう。いやそればかりでなく、いずれあなたがたの所をご訪問く

ださると思いますよ。

 私も、体力が許すものならばそちらへお尋ねしようと思っていたところなのですが、

かえって衣を一着お送りいただきましたこと、思いがけずありがたいことです。法華経

はことさらにすぐれたお経ですから、そのご利益 りやくによって、この世に生き長らえる身と

なりましたら、あなたがご健在であっても、あるいは万一のことがおありになったとし

ても
どうぞご覧になってください幼いお子さまたちのお世話は必ずいたしますから。

佐渡の国といい、ここ身延といい、召使いを一人遣わしてくださったことは、いつの世

にも忘れられないほどありがたく思っています。このご恩は、生まれ変わってからお返

しいたしましょう。南無妙法蓮華経。南無妙法蓮華経。

五月  日                           
日 蓮  花押

妙一尼御前

【語註】

 ※1 
十羅刹女:法華経・陀羅尼品【だらにほん】に登場する十種の女鬼で、法華経の
           守護神である。日蓮聖人の時代には鬼子母神の子であるとする説があった。 

 ※2 雪山童子:
釈尊が過去世において菩薩道を求めて修行していた時の名。雪山(イ
           ンドの北方に連なる山)で修行をしたのでこの名がつけられた。「諸行無常、是
           生滅法」という偈(四句から成る)の後半二句を知りたいために鬼神に生命を献
          上することを誓い、「生滅滅已、寂滅為楽」というそれを教わると、誓約どおり
          鬼神の前に身を投げる。鬼神は帝釈天の姿を現わして童子の行為を称えた。(涅
          槃経)
 
 ※3 薬王菩薩:過去世で日月浄明徳仏の弟子(一切衆生喜見菩薩という)であったこ
          ろ、法華経を聞いて歓喜し、身を燃やして仏に供養した。1200年燃え続けた火
          が消えるとともに菩薩の身も滅したが、その功徳によってまた日月浄明徳仏の国
          の浄徳王の家に再生し、仏から滅後の弘教を依嘱された。そこで仏の遺骨を納め
          る八万四千の塔を建てて供養したが、なお満足せずに臂を燃して7万2000年の間
          供養し、無数の人々に菩提心を得させた。日蓮聖人は、薬王菩薩の不惜身命の事
          蹟に正法護持の理想的なあり方を見、自らの範とするとともに、それを門下に勧
          めている。

【解説】

 日蓮聖人は、夫を亡くした妻に向かって、夫婦離別の悲嘆に心を合わせつつ、夫婦の

えにしは決して切れることがないという信仰的生き方を説示した。

 妙一尼という妻のごとく、病気の子や女子を抱え、自身も年老いて丈夫でない体であ

る場合、ことさら夫を亡くしたことの辛さは、たとえようもなかったであろう。もしこ

こで、今度は自分が死んだならば、残された子供たちはどうなるのか、と思えば、その

不安と心配の気持ちは深まりこそすれ、脳裏から離れはしなかったであろう。しかも、

その心は先立っていった夫もまた抱いていた気持ちであった。「年老いた尼が独り残っ

て、この子の行末をいかに心配されることであろうか」という嘆きは、言葉をもはや超

えた所で、妻を想う夫の胸中に他ならなかった。

 日蓮聖人は夫が妻子の行末を思う悲嘆をそれに止まるものと狭く捕らえていない。

夫が老妻と病子にこめた思いというものが、同じように病子を救おうとした「仏の慈

悲」につらなる心である点を強調している。心の病に侵された
阿闍世王を救うことは、

一切の罪人や病人の身を嘆き、救済していく父母の愛をあらわすものであった。妙一尼

と子にも、この限りなき仏の愛は注がれている、と日蓮聖人は言おうとしたのである。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね! 
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/08/24 05:33 】

夫に先だたれた妻のために  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 夫に先立たれた妻のために さじき女房ご返事 | ホーム | 夫に先立たれた妻のために 妙一尼御前御消息① >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |