fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

亡き父母を供養する子のために 南条殿御返事⑤

ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

南条殿御返事なんじょうどのごへんじ

 今の御心ざしみ候へば、故なんでうどのはただ子なれば、いとをしと

わをぼしめしけるらめども、かく法華経をもて我がけうやうをすべしと

はよもをぼしたらじたとひつみありていかなるところにをはすと

この御けうやうの心ざしをば、えんまほうわう(閻魔法王)ぼんで

ん(梵天)たひしやく(帝釈)までもしろしめしぬらん。釈迦仏・法華

経も、いかでかすてさせ給ふべき。かのちごのちちのなわ(縄)をとき

しと、この御心ざしかれにたがわず。これはなみだをもちてかきて候ふ

なり。

 またむくり(蒙古)のをこれるよし、これにはいまだうけ給はらず。

これを申せば、「日蓮房はむくり国のわたるといへばよろこぶと申す

これゆわれなき事なり。かかる事あるべしと申せしかば、あだかたき

(仇敵)と人ごとにせめしが、経文かぎりあれば来るなり。いかにいう

ともかなうまじき事なり。

 とがもなくして国をたすけんと申せし者を用ひこそあらざらめ。また法

華経の第五の巻をもて日蓮がおもて(面)をうちしなり。梵天帝釈これ

を御覧ありき。鎌倉の八幡大菩薩も見させ給ひき。

 いかにも今は叶ふまじき世にて候へばかかる山中にも入りぬるな

各々も不便ふびんとは思へども、助けがたくやあらんずらん。よるひる

(夜昼)法華経に申し候ふなり。御信用の上にも力もをしまず申させ給

へ。あえてこれよりの心ざしのゆわ(弱)きにはあらず。各々の御信心

のあつくうすき(厚薄)にて候ふべし。たいし(大旨)は日本国のよき

人々は一定いちじょういけどりにぞなり候はんずらん。あらあさましや、あらあ

さましや。恐恐謹言。

後三月二十四日                  日 蓮 花押

南條殿御返事

【現代語訳】
孝養の心

 今、貴殿の私に対する厚いお志を、亡き父上がご覧になったならば、どれほどお喜び

のことでしょうか。もともと直系の子のことですから可愛いとは思っていらっしゃった

でしょうが、まさか、成人の後にこのような法華経によっての追善孝養をするに違いな

いなどとはお思いにならなかったことでしょう。お父上が、たとえ罪を蒙って悪道に堕

ちていらっしゃったとしても、このご孝養のお志を、閻魔法王・梵天王・帝釈天までが

ご存じになって、お救いくださるでしょう。また釈迦牟尼仏も法華経も、どうしてお見

捨てになることがありましょうか。あの大橋太郎の子が父のなわを解いたことと、貴

殿が尊いお志によって父上をお救いになることとは違いがないのです。今、私は感涙を

流しながらこの手紙を書いているのですよ。

 話は変わりますが、蒙古がまた攻めてくるという情報は、この身延山にはまだ届いて

いません。私は日ごろから法華経の教えに随って、謗法ほうぼうの国には他国から侵攻があると

説いているので、「日蓮房は蒙古が攻めてくるのを喜んでいる」という人がいますが、

それはたいへんな誤りです。他国が侵攻するという予告に対しては、みなが私を怨敵の

ように責めたてますけれども、経文に明記されていることですので、いかに忌避しよう

としてもかなうものではありせん。

 世間は、何の過失もない私、そして、ただ純粋に国の危機を救おうと思って諫言かんげんする

私を排斥していますそればかりか法華経の第五巻で私の顔を殴打しました。この巻に

は、法華経の行者は刀杖瓦石とうじょうがしゃくの難に会うということが記されているのでまことに感

銘深いことなのですが、この事実を梵天も帝釈天もご覧になりました。また鎌倉の八幡

大菩薩も見ておいでになりました。
 とにかく今はどうにもならない
濁悪じょくあく
の世でありますので、このような深い山中に分

け入ってしまったのです。門下の皆さんを本当に気の毒だとは思いますが、お助けでき

ない条件がいっぱいです。しかし、私はこの山中で昼夜を分かたず法華経に祈りをこら

しています。貴殿も、信心の上にも信心を重ねて力の及ぶ限り祈念なさってください。

誓願が成就しないとしたら、それは私の方からの祈りが弱くなって及ばないのではあり

ませんよ。各々のご信心が厚いか薄いかによって決まることです。結局は、日本国のおも

った人々はきっと蒙古の生捕りになってしまうのでしょう。ああ、言語道断この上な

く悲しいことです。恐々謹言。

閏三月二十四日                         日 蓮  花押

南条殿御返事

【解説】

 
この手紙は、かたびら・塩・油の供養に対する返事であるが、日蓮は供養の品々に関

連することに言及して、感謝や、激励の言葉を展開している。

 南条時光の父、兵衛七郎への初めての書簡が文永元年(1264)であることから、父が

日蓮に帰依するようになったのは、日蓮が43歳の時以前と考えられる。その手紙の翌年

(文永2年3月8日)に父は亡くなった。その後、日蓮の佐渡流罪があり、赦免後に日

蓮は身延に入山した。

 父が亡くなって9年後(文永11年7月)に南条時光が身延へと訪ねて来た。それは、

日蓮が身延に入山して2カ月後のことであった。

 この手紙は、それから2年後の手紙である。この時、次郎時光は数えで18歳、弟の五

郎は12歳であった。今で言えば、高校生と小学生である。富木常忍への手紙は漢文体だ

が、この手紙を一見して、平仮名の多さに気づかれるはずである。日蓮は、このように

相手に応じて文体も表現もガラリと変えて手紙をしたためている。

 しかも、ここには全くと言っていいほど、理屈は語られていない。説話文学や、具体

的な実話をもって説き聞かせる内容になっている。それも、噛んで含めるように、亡く

なった父親に代わって子に語って聞かせるような趣の手紙である。

 この大橋太郎についての説話の出店を調べると、この『南条殿御返事』しか出てこな

い。ほかには見当たらない。そのような話を聞いた日蓮が、記憶をもとに綴った文章で

あろう。それにしても、劇作家の作品を読むような思いに駆られる。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/09/14 05:34 】

亡き父母を供養する子のために  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 亡き父母を供養する子のために 上野殿御返事 | ホーム | 亡き父母を供養する子のために 南条殿御返事④ >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |