fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

亡き父母を供養する子のために 千日尼御返事②

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

千日尼御返事せんにちあまごへんじ

 九界六道の一切衆生各々心々かわれり。譬へば二人三人ないし百千人

候へども一尺の面の内じち(実)ににたる人一人もなし。心のにざるゆ

へに面もにず。まして二人十人、六道九界の衆生の心いかんがかわりて

候ふらむ。されば花をあいし、月をあいし、すき(酸)をこのみ、にが

きをこのみ、ちいさきをあいし、大なるをあいし、いろいろなり。善を

このみ悪をこのみしなじななりかくのごとくいろいろに候へども

法華経に入りぬればただ一人の身、一人の心なり。譬へば衆河の大海に

入りて同一鹹味なるがごとく、衆鳥の須弥山しゅみせんに近づきて一色なるがごと

し。

 提婆だいばが三逆と羅睺羅らごらが二百五十戒と同じく仏になりぬ。妙荘厳王
みょうしょうごんのう


の邪見と舎利弗しゃりほつ正見しょうけんと同じく授記じゅきをかをほれり。これ即ち「〔一と

して成仏せざるは無し〕」のゆへぞかし。四十余年の内の阿弥陀経等に

は舎利弗が「七日の百万反大善根」ととかれしかども、「〔いまだ真実

を顕さず〕」ときらわれしかば七日ゆ(湯)をわかして大海になげたる

がごとし。ゐ(韋)提希だいけが観経をよみて無生忍むしょうにんを得しかども、「〔正

直に方便を捨つ〕」とすてられしかば法華経を信ぜずば返つてもとの女

人なり。大善も用ふる事なし。法華経にあはずばなにせん。大悪もなげ

く事なかれ。一衆を修行せば提婆が跡をもつぎなん。これ等は皆「〔一

として成仏せざるは無し〕」の経文のむなしからざるゆへぞかし。

【現代語訳】
                                
 下は地獄界から上は菩薩界にいたるまでの※1界、それに地獄道から天道までの※2道に

住む一切の衆生の心はみな違っています。たとえば2人3人といった少人数から、100

人・1000人という大勢の人々の顔は、みな1尺ばかりですが、まったく同じ顔は一つも

ありません。それぞれ心が違っているので顔も同じではないのです。まして2人・10人

どころか六道・九界の無数の衆生の心はどれほど変わっていることでしょうか。だから

人は、花を愛したり、月をめでたり、すっぱいのを好んだり、にがいのを好いたり、小

さいのが目にかなったり、大きいのに心を奪われたり、嗜好はいろいろです。また善を

好み、悪におぼれるなど、価値観もさまざまです。このように、人は種々雑多なものでは

ありますが、法華経の世界に入ってしまえば、ただ一人の身、ただ一人の心となってし

まいます。たとえば、多くの川の水が大海に入ることによって同じ塩味となるような、

あるいは、多くの鳥が須弥山に近づけばみな黄金一色となるようなものです。

 あの三逆罪を犯した大悪人の提婆達多※3 だいばだったも、二百五十戒を保って釈尊の十大弟子の

中に加えられた
羅睺羅※4 らごらも、法華経によって同じく仏となりました。バラモンの教えに                   
執着していた邪見の※5荘厳王も、正見で十大弟子中の智慧第一とされた舎利弗も、法華

経では同じように成仏することが予告されました。これは法華経が、「この経を信じる

者は、一人として成仏しないものはない」という経典だからなのです。釈尊が法華経を

説かれる以前の四十余年間の説法のうちの阿弥陀経などでは仏が舎利弗に「七日間、

阿弥陀仏の名号を百万反唱えたならば、その大善根の功徳によって必ず極楽浄土に往生

する」といわれていますが、後に法華経をお説きになる段階で「過去の四十余年間の説

法はみな方便であって、いまだ真実を顕わしていない。これから説くのが真実の教えで

ある」と宣言なさったので、法華経以前の一切経は、あたかも七日間沸かしつづけた湯

をむざむざと大海に投げ入れたようなもので何の効力もないものとなりましたまた、

韋提希夫人いだいけぶにんは観無量寿経を読んで※6生忍の悟りを得ましたが、法華経において釈尊みず

からが「正直に過去の方便の説を捨てる」と宣言なさったものですから、せっかくの韋

提希夫人も、もし法華経を信じることがなかったならばもとの凡女にかえってしまうは

めになったわけです。このようなわけですから、大善だからといってそのまま認めるわ

けにはいきません。なぜなら法華経に裏づけられなければ意味がないからです。また、

大悪だからといって必ずしも歎くに当たりません。なぜなら法華経の一乗法を修行した

ならば提婆達多と同じように成仏できるからです。これらはみな、法華経の「一として

成仏しないものはない」という文句に嘘がないからなのです。(つづく)

【語註】

 ※1 九界:
十界から、仏界を除いた、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天・声聞・縁
           覚・菩薩の九つの世界。

 ※2 六道:迷いと悟りの世界を十種に分けたうちの、迷いの六界。地獄・餓鬼・畜
           生・修羅・人間・天上の六界。衆生はこの六界を輪廻転生するという。
 
 ※3 提婆達多:中インド・カピラ城の斛飯王【こくぼんのう】の子で阿難の兄、釈尊
           には従弟にあたる(異説あり)。幼時より釈尊に対抗意識を持ち、一時は釈尊の
       弟子となったが後に教団を去って分派行動をした。また阿闍世王【あじやせ】を
           そそのかして父王を殺させ、改心した阿闍世王が釈尊に帰依すると釈尊を亡きも
           のにしようとするなど、典型的な極悪人とされる。しかし一方、釈尊が前生で妙
     法蓮華経を得るために給仕した阿私仙人【あしせんにん】こそ今の提婆達多であ
     り、釈尊の成仏は提婆達多を善知識として実現したものであるということが法華
     経・提婆達多品によって説かれてもいる。
 
 ※4 羅睺羅:釈尊の出家以前の実子で、母は耶輸陀羅【やしゅだら】。出家して釈尊
           の十大弟子の一人に数えられ、密行第一とされる。
 
 ※5 妙荘厳王:過去世の雲雷音宿世華智【うんらいおんしゅくせけち】仏時代の国王
    で、外道の教えを深く信じていた人。浄徳夫人と浄蔵【じょうぞう】・浄眼【じ
          ょうげん】二子の尽力によって仏道に帰依する心を発【おこ】、仏から未来に成
           仏して娑羅樹【しゃらじゅ】王仏となるという証言を与えられた。釈尊は、かの
           妙荘厳王は今の華徳【けとく】菩薩であると説いた。
 
 ※6 無生忍:無生法忍の略。なにごとも不生不滅であるという認識を確立して迷いの
     世界を超脱した境地。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
 
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/09/21 05:43 】

亡き父母を供養する子のために  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 亡き父母を供養する子のために 千日尼御返事③ | ホーム | 亡き父母を供養する子のために 千日尼御返事① >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |