fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

亡き父母を供養する子のために 千日尼御返事③

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

千日尼御返事せんにちあまごへんじ

 されば故阿仏房の聖霊しょうりょうは今いづくむにかをはすらんと人は疑ふと

も、法華経の明鏡をもつてその影をうかべて候へば、霊鷲山りょうじゅせんの山の

中に多宝仏の宝塔の内に、東むきにをはすと日蓮は見まいらせて候ふ。

もしこの事そらごとにて候わば、日蓮がひがめにては候はず、釈迦如来

の「〔世尊は、法久しうして後、かならずまさに真実を説きたまうべし〕」

の御舌と、多宝仏の「〔妙法華経は皆これ真実なり〕」の舌相と、四百

万億那由他なゆたの国土にあさ(麻)のごとく、いね(稲)のごとく、星のご

とく、竹のごとく、ぞくぞくとすきもなくつらねゐてをはしましし諸仏

如来の、一仏もかけ給はず広長舌を大梵王宮に指し付けてをはせし御舌

どもの、くぢら(鯨)の死にてくされたるがごとく、いわし(鰯)のよ

りあつまりてくされたるがごとく、皆一時にくちくされて、十方世界の

諸仏如来大妄語の罪にをとされて、寂光の浄土の金なる大地はたとわれ

て、提婆がごとく無間大城にかはと入り、法蓮香比丘尼ほうれんびくにがごとく身より

大妄語の猛火ぱといでて、実報華王じっぽうけおうの花のその(園)一時に灰燼の地と

なるべし。――いかでかさる事は候ふべき。故阿仏房一人を寂光じゃっこうの浄

土に入れ給はずは諸仏は大苦に堕ち給ふべし。ただをいて物を見よ、た

だをいて物を見よ。仏のまことそら事はここにて見奉るべし。

 さてはをとこははしらのごとし女はなかわのごとし

をとこは足のごとし、女人は身のごとし。をとこは羽のごとし、女はみ

(身)のごとし。羽とみとべちべちになりなば、なにをもんてかとぶべ

き。はしらたうれなばなかは地に堕ちなん。いへにをとこなければ人の

たましゐなきがごとし。くうじ(公事)をばたれにかいゐあわせん。よ

き物をばたれにかやしなうべき。一日二日たがいしをだにもをぼつかな

しとをもいしに、こぞの三月の二十一日にわかれにしが、こぞもまちく

らせどもみゆる事なし、今年もすでに七つき(月)になりぬ。たといわ

れこそ来たらずとも、いかにをとづれはなかるらん。ちりし花もまたさ

きぬ。をちし菓(このみ)もまたなりぬ。春の風もかわらず、秋のけし

きもこぞのごとし。いかにこの一事のみかわりゆきて、もとのごとくな

かるらむ。月は入りてまたいでぬ。雲はきへてまた来る。この人の出で

てかへらぬ事こそ天もうらめしく、地もなげかしく候へとこそをぼすら

め。いそぎいそぎ法華経をらうれう(粮料)とたのみまいらせ給ひて、

りやうぜん浄土へまいらせ給ひて、みまいらせさせ給ふべし。

【現代語訳】

 そのようなわけですから、故阿仏房の聖霊は今どこにおいでになることだろうかと人
                                 ※1
は疑問に思うかも知れませんが、法華経の澄んだ鏡に影を映してみれば、霊鷲山にそび
                      ※2
えている多宝塔の中に、東向きに坐って、釈迦・多宝の二仏と対面していらっしゃるお

姿が、私には拝見できるのです。もし、このことが間違っていたとすると、それは私の

偏見ではなくて、釈迦・多宝の二如来や十方の浄土にいらっしゃる無数の如来たちが嘘

をついたことになるのです。そうだとすると、釈迦如来が方便品で「仏はこれまで四十

余年の長い間、方便の説法をしてきたが、今からまさしく真実の教えを説かれるであろ

う」とおっしゃった御舌と、多宝如来が見宝塔品で「妙法蓮華経はすべて真実である」
              ※3
と証明なさった御舌と、四百億那由他という彭大な十方の諸国に、麻のように・稲のよ

うに・星のように・竹のように続々と連なっていらっしゃる諸仏が、神力品で広長舌を

大梵天宮にまで届かせて法華経の真実であることを絶讃なさったその御舌などがみな

死んで腐った鯨のように、群らがり腐った鰯のように、一時に朽ち腐って、全宇宙の仏

たちが大妄語の罪に落とされ、仏の住む常寂光の浄土の黄金の大地がバッと破れて、提
                      ※4
婆達多のように無間地獄にドッと陥り、あるいは法(宝)蓮香比丘尼のように、身体か

ら大妄語の猛炎がパッと燃え上がって実報蓮華蔵世界の花の園にたちまち灰燼の地とな

ってしまうでしょう。――どうしてそのようなことがあり得ましょうか、あるはずのな

いことです。故阿仏房一人を寂光の浄土にお迎えすることができないとするならば、諸

仏は地獄に落ちて大苦におあいになるでしょう。落ち着いてよくよく観察してごらんな

さい。仏のいうところが真実であるか虚偽であるかは、阿仏房が成仏するかしないかに

よって判定できることなのです。

 さてさて、家屋でいうならば、男は柱のようなもので、女はけたのようなものです。身

体でいうならば男は足のようなもので女は胴体のようなものです。鳥でいうならば、

男は羽のようなもので女は体のようなものです羽と体とが別々になってしまったら

どうして飛ぶことができましょうか。柱が倒れたら、桁は地に落ちて家屋は壊れてしま

うでしょう。家庭に男主人おとこあるじがいないと、人の魂が抜けてしまったようなもので頼りな

いでしょう。社会的な権利義務に関することを誰に相談したらいいのでしょうか。おい

しいものを誰に食べさせたらよいのでしょう。男主人とは一日か二日会わなくても不安

がつのることでしょうに、あなたは、去年の3月21日に阿仏房殿に先立たれて、去年1

年間待ち暮らしたのにお会いできませんでした。そして今年もすでに7か月を経過して

しまいました。たとえ阿仏房殿ご自身が来られなかったとしても、どうして連絡だけで

もしてこないのでしょうか。去年散った桜が今年も咲きました。去年落ちた果実このみが今年

りました。春風は去年と変わらずやさしく吹き、秋の景色も去年と同じように心に

しみます。自然はそのようにめぐり来るというのに、どうして阿仏房殿の生命だけが消え

去っていって、もとに戻ることがないのでしょうか。月は入ってもまた出ますし、雲は

行ってもまた来ます。それなのに人は死んだらもう帰ってこないということこそ、天も

恨めしく、地も歎かわしいことです。ご夫君との永別を体験なさったあなたは、特にそ
                                     ※5
のようにお思いになることでしょう。急ぎ急ぎ、法華経を旅の食糧とお頼りして、霊山

浄土へいらっしゃって、阿仏房殿にお会いなさるようになさいませ。(つづく)

【語註】

 ※1 霊鷲山:
中インド・マガダ国の首都王舎城の東北にある山で、釈尊が晩年の8年
           間に法華経を説いた聖地。日蓮聖人は、そこで法華経が説かれたことに大きな意
           義を認め、この山を身延山に擬してもいる。

 ※2 多宝仏:東方宝浄世界の主。法華経の説かれる所には必ず大宝塔の内に端座して
           出現し、この経の正しさを証明する仏。釈尊が霊鷲山で法華経を説いた時にも、
           地底から涌出【ゆじゅつ】して虚空に浮かんだ多宝塔の中から大音声を出して法
           華経が真実の教えであることを称え、座席の半分を明けて釈尊を迎え入れた。こ
           うして虚空中での法会が展開する。

 ※3 那由他:サンスクリット語の「ナユタ」を音訳した、「極めて大きな数量」の意
     味で、一般的には10の60乗を指す。

 ※4 法蓮香比丘尼:菩薩戒を受けたにもかかわらず淫行をし、しかもそれを正当化す
           る詭弁を弄したために、生きながら地獄に落ちた尼。

 ※5 霊山浄土:霊鷲山は、絶対真実の教えである法華経が説かれた聖地であるという
     ところから、日蓮聖人は、時間・空間の制約を超越した信仰的な浄土観をそこに
           展開する。すなわち霊山浄土は、久遠実成【くおんじつじょう】の本仏釈尊が
           常に妙法を説き続けている仏の国であり、法華経の行者が究極的に到達する楽
           園なのである。そしてこの浄土は、娑婆世界から遊離した存在ではなく、法華
           経信仰とともに自在に顕現するものであるとする。その意味からして、聖人は
           身延山を霊鷲山に照応する聖地であると認めている。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/09/23 05:28 】

亡き父母を供養する子のために  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 亡き父母を供養する子のために 千日尼御返事④ | ホーム | 亡き父母を供養する子のために 千日尼御返事② >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |