fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

仏のはからい 法華証明鈔②

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

法華証明鈔ほっけしょうみょうしょう

 しかるにこの上野うえのの七郎次郎は末代の凡夫、武士の家に生れて悪人と

は申すべけれども、心は善人なり。ゆえは日蓮が法門をばかみ一人いちにん

下万民しもばんみんまで信じ給はざる上、たま球究信ずる人あれば、あるい所領しょりょう

田畠たはた等にわづらひをなし、結句けっくは命に及ぶ人々もあり。信じがたきに

ちゝ故上野殿は信じまいらせ候ぬ。

 又此者このもの嫡子ちゃくしとなりて、人もすゝめぬに心中より信じまいらせて、上

下万民にあるひはいさめ、或はをどし候つるに、ついに捨つる心なくて

候へば、すでに仏になるべしと見へ候へば、天魔外道げどうが病をつけてをど

さんと心み候か。

 命はかぎりある事なり。すこしもをどろく事なかれ。又鬼神きじんめらめ、

此の人をなやますはつるぎをさかさまにのむか。又大火をいただくか、三世

十方の仏の大怨敵だいおんてきとなるか。あなかしこあなかしこ。

 此の人のやまいをたちまちになをして、かへりてまほりとなりて、鬼道きどう

大苦だいくをぬくべきか。其義そのぎなくして現在には頭破ずはぶんとがに行はれ、後生ごしょう

には大無間地獄だいむけんじごくつべきか。ながくとどめよ永くとどめよ。日蓮がことば

いやしみて後悔のちぐえあるべし、後悔あるべし。

二月廿八日

伯耆房ほうきぼう

【現代語訳】
命は限りあるものなり

 しかるにこの上野に住む※ 1郎次郎は、末代の凡夫であり武士の家に生まれて人を切っ

たり傷つけたりする悪人ではあるけれども、心は善人である。その理由は日蓮の法門を

上一人から下は万民に至るまで信じようとしないうえにたまたま信ずる人があると、

あるいは持っている地所や、あるいは田畠にまで難題をつけて取り上げ、結局は命まで

取られそうになる人々がいる。このように信じ難いのに、父である※ 2
上野殿は法華経を

信仰されたのである。

 またこの七郎次郎は、その父の※ 3
子としてだれも勧めないのに、心の底から法華経を

信じられた。周囲に大勢の人々からあるいは注意されたりあるいは脅迫されても、つい

に法華信仰を捨てる心がなかったのでてっきり仏に成るものとばかり思っていたのに

このたびは天魔外道が病気をおこさせて脅かそうとしているのであろうか。

 命は限りあるものである。少しも驚くことはない。また※ 4
神めらよ、この人を病気で

悩ますようなことをすれば、かえって鬼神めらは剣をさかさまに呑み込まされるか、ま

たは大火を抱くような目に遭うのであって、三世十方の仏の大怨敵となるであろう。た

いへんに恐ろしいことではないか。

 この七郎次郎の病気をたちまちのうちに治して、逆に守護神となり鬼病の大苦を抜き

去るべきである。この事を実行しなかったならば、現世では頭が七つに割れるという罪

科を受け、次の世では大無間地獄に落ち入るであろう。永くこの鬼病を中止させるべき

である。日蓮のこの言葉を軽く見るようなことをすると、あとで必ず後悔しなくてはな

らないことになる。後悔することになる。

二月二十七日

※ 5耆房に下す

【語註】

 ※1 七郎次郎:南条兵衛七郎の次郎(次男)、すなわち南条時光のこと。

 ※2 故上野殿:亡くなった南条兵衛七郎のこと。

 ※3 嫡子:正妻から生まれた家督を相続するべき子。南条時光は次男であったが、長
           男の七郎太郎が文永11年(1274)に亡くなったので、時光が嫡子となった。

 ※4 鬼神めらめ:
鬼神が法華経の信行者を悩ますと、仏の大怨敵となることを強調し
           たもので、ここからは鬼神めらに向かって厳しくあやまりをただしていることに
           なる。「頭破作七分」は陀羅尼品に説かれている。

 ※5 伯耆房:六老僧の一人である伯耆房日興のこと。南条時光の看病にあたっていた
          日興がこの手紙を時光に読んで聞かせたのであろう。

【解説】

 弘安5年といえば、10月13日に日蓮が入寂した年である。この手紙は、その8カ月ほ

ど前に書かれた。日蓮は弘安4年の春以来、体調が勝れず、身延の冬の厳しい寒さで病

状を悪化させて新年を迎えていたこの時も日蓮の体調は芳しくなかったのであろう。

この3日前の2月25日に、日朗に代筆させて、南条時光の看病にあたっていた日興に病

への対応を指示していたそれでも満足しなかったのであろう。28日になって日蓮は、

病を押して自ら筆を執ってこの手紙をしたためた。

 手紙の冒頭に「法華経の行者 日蓮」と記して花押がある。普通は文末に書く署名・

花押が最初の行に書かれているのは、「鬼神めらめ、法華経の行者日蓮の言うことをよ

く聞くがよい」という思いを込めているのであろう。

 はじめに、法華経を信ずる者は必ず成仏することを述べたあと、若い南条時光があま

たの迫害に挫けず法華経信仰を堅持したことを称讃する。そして、その南条時光を苦し

める「鬼神めら」を日蓮は、「剣を逆さまに呑む気か」「大火を抱える気か」「三世十

方の仏の大怨敵となる気か」と激しく叱責する。「頭破作七分となり、大無間地獄に堕

ちてもいいのだなーー」とまで迫って、時光の病を直ちに治すだけでなく、守護者とな

べきだとる詰め寄り、日蓮の気魄が文面にあふれている。

 この時、24歳であった南条時光は、この病に打ち勝ち、元気を回復し、74歳の長寿を

全うした。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/10/07 05:24 】

仏のはからい  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 命は第一の宝 可延定業御書① | ホーム | 仏のはからい 法華証明鈔① >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |