fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

命は第一の宝 可延定業御書②

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

可延定業御書かえんじょうごうごしょ

 今女人の御身として病を身にうけさせ給ふ。心みに法華経の信心を立

てて御らむあるべし。しかも善医あり。中務三郎左衛門尉なかつかささぶろうさえもんのじょう殿は法華

経の行者なり。

 命と申す物は一身第一の珍宝なり。一日なりともこれをのぶるならば

千万両の金にもすぎたり。法華経の一代の聖教に超過していみじきと申

すは寿量品じゅりょうほんのゆへぞかし。閻浮えんぶ第一の太子なれども短命なれば草より

もかろし。日輪のごとくなる智者なれども夭死わかじにあれば生犬いけるいぬに劣る。早

く心ざしの財をかさねて、いそぎいそぎ御対治あるべし。

 これよりも申すべけれども、人は申すによて吉事よきこともあり、また我志の

うすきかとをもう者もあり。人の心しりがたき上、先々に少々かかる事

候ふ。この人は人の申せばすこそ(少)心へずげに思ふ人なり。なかな

か申すはあしかりぬべしただなかうど中人もなくひらなさけに

また心もなくうちたのませ給へ。

 去年こぞの十月これに来たりて候ひしが、御所労の事をよくよくなげき申

せしなり。「当時大事のなければをどろかせ給はぬにや、明年正月二月

のころをひは必ずをこるべし」と申せしかば、これにもなげき入つて候

ふ。「富木殿もこの尼ごぜんをこそ杖柱つえはしらともたのみたるに」なんど申し

て候ひしなり。随分にわび候ひしぞ。きわめてまけじたまし(不負魂)

の人にて、我かたの事をば大事と申す人なり。かへすがへす身の財をだ

にをしませ給わばこの病いえがたるべし。一日の命は三千界の財にもすぎ

て候ふなり。まづ御志をみみへさせ給ふべし。法華経の第七の巻に、

「三千大千世界の財を供養するよりも、手の一指を焼きて仏法華経に

供養せよ」ととかれて候ふはこれなり。

 命は三千にもすぎて候ふ。しかもよわいもいまだたけさせ給はず、しかも

法華経にあわせ給ひぬ。一日もいきてをはせば功徳つもるべし。あらを

しの命や、あらをしの命や。御姓名並びに御年をわれとかかせ給ひて、わ

ざとつかわせ。大日月天だいにちがつてんに申しあぐべし。
 
 いよどの(伊予殿)もあながちになげき候へば日月天の自我偈じがげをあて

候はんずるなり。恐恐謹言。

                          日 蓮 花押
尼御前御返事

【現代語訳】
治療と祈り

 今、あなたは、女性であって身に病気をお受けになりました。法華経の予言に当たる

お立場なのですから、試みに法華経の信心をしっかりと持って修行してごらんなさい。

ただでさえ良い効果があがるに違いないのですが、しかもそのうえ、身近に名医がいま

す。中務三郎左衛門殿がそれです。この人は法華経の行者ですから一段と安心です。

 寿命というものは、人にとって第一の宝です。一日でもこれを延ばすならば千万両

の金にも過ぎる価値のあるものです。法華経がすべての経典の中で断然すぐれている

のも、釈尊の寿命が久遠であることを説いた寿量品があるからなのですよ。世界第一

の栄光を担う皇太子であっても、短命では草よりも無意味です。また太陽のように輝

く智者であっても、若死にをしたのでは犬ほどの価値もありません。※ 1
務三郎左衛門

尉殿に対して、早く誠意を尽くしてお願いをし、急いで治療なさらなければいけませ

ん。

 中務三郎左衛門殿には、私からもお頼みしようとは思いますが、人はいろいろで、仲

介者を立てて交渉をした方がよいこともあるし、そのようにすると依頼する本人の誠意

が薄いと思う者もいます。中務三郎殿の場合は、仲介者が間に入ると、少し面白くなく

思う人です。だから私から頼むのはかえって具合が悪いでしょう。仲介者を立てずに、

真心から、ただ一心にお願いなさるのが良いと思います。

 中務三郎殿は去年の10月にここにおいでになりましたが、その折、あなたのご病気の

ことをとても心配だといっていました。そして、「現在は症状が軽いからあまり慌てて

いらっしゃらないようですが、明年の正月から2月ごろには必ず悪化するでしょう」と

言いましたので、私の方も不安がつのって参りましたよ。中務三郎殿は、「富木殿も尼

御前を杖とも柱とも思って頼りとしていらっしゃるのに、お気の毒なことだ」と言って

いました。とても歎かわしげでいらっしゃいましたよ。だいたいあの方は、非常に負け

じ魂の強い人で、同志たちのことを大切にする人です。そのことを心得たうえで、よく

お願いしてごらんなさい。くれぐれも誠意のある行動をしなくてはいけません。それを

怠ったらこの病気は治りにくくなるでしょう。人の一日の寿命は、三千世界の財宝にも

まさって貴いものなのです。まず誠意を尽くしてそれを認めてもらうようになさらなけ

ればいけません。法華経第七巻の薬王菩薩本事品に「※ 2
千大千世界の財宝をもって供養

するよりも、手の指一本を焼いて仏と法華経とに供養せよ。その方が功徳がすぐれてい

る」と説かれているのはそのことを言っているのであって、何よりも誠意を示すことが

大切です。

 命は三千大千世界にも増して尊いものです。それに、あなたは年齢もそれほどお高く

はありません。しかも、法華経にめぐりあって信仰をなさっていらっしゃいます。です

から、一日でも長生きなされば、それだけ功徳がつもるに違いない方です。このように

考えるとあなたの命はとても尊いものであり無駄にしてはいけないものなのですよ。

ご姓名とご年齢をご自身でお書きになり、とくに使者を立ててここまで届けさせてくだ

さい。大日月天の御前で病気平演のお祈りをいたしますから。

 ※ 3
予殿も、あなたのご病気を非常に心配していらっしゃるので、日月天に自我偈を読

誦して平癒祈願をなさっているでしょう。恐恐謹言。

                                日 蓮  花押
尼御前御返事

【語註】

 ※1 中務三郎左衛門尉:四条中務三郎左衛門尉頼基のこと。鎌倉時代中期から後期に
         かけての武士。日蓮の有力檀越。官位が左衛門尉であったので左衛門尉の唐名で
           ある金吾と称され四条金吾とも言われる。

 ※2 三千大千世界:須弥山【しゅみせん】を中心に四方・四維【しい】・上下に広が
           る宇宙を小世界といい、小世界が1000あつまったものを小千世界といい、小千
           世界が1000あつまったものを中千世界といい、中千世界が1000あつまったもの
           を大千世界という。大千世界は小・中・大という3種の千世界よりなるので三千
           大千世界ともいうが、これが一仏の教化する範囲なのである。

 ※3 伊予殿:伊予房日頂(1252~1317)のこと。日頂は富木常忍の養子で、幼い時
           に真間弘法寺(当時は天台宗)に入って出家し、後に日蓮聖人の門下となって六
           老僧の一人に数えられるようになった。日蓮聖人の佐渡配流期にも、身延隠棲期
           にも常に側にあって給仕・修学に勉めた。

【解説】

  この手紙は富木常忍の妻である尼御前に出されたものである。尼御前は文永11年9月

頃から病を患っており、その後、回復に向かったが、依然として再発の恐れがあった。

その病状を翌10月に身延へ登山した四条金吾から聞いた日蓮が、尼御前を慰なぐさめら

れ、病気平癒の方途を示されたものである。

 この手紙には年号と日付がないが、夫の富木常忍に宛てた文永12年2月7日の『富木

殿御返事』と一対の手紙と考えられている。

 この手紙の中で特に注目されるのは、日蓮が病身の尼御前に向かって生命の尊さを強

調していることである。「一日の命は三千世界にも過ぎるもの」「第一の珍宝」と述べ

ているのは、人間の生命を尊重した日蓮の精神を示すものである。

 尼御前は病気がちの身でありながら、夫の杖・柱となり、姑につくした人であった。

その老母が死ぬまで看病し、亡くなると遺骨を身延へ納めるよう夫を送り出した。その

「弓の力」の働きぶりは、「富木尼御前御書」によく示されているところである。

 日蓮は、この法華経の女人へ直接に、あるいは医術に勝れた四条金吾や夫の常忍を通

して、治療に励むよう勧め、法華経の良薬を信服して息災延命を祈るよう説いている。

「ああ惜しい命である」という、切なるまでの心を込めて、病気に悩む人の命の大切さ

を訴えかけている。それは、日蓮が法華経こそ身心の重病を癒やす教えであることを確

信していたからであろう。同時に、人は誰しも命を尊び、死を恐れ、与えられた限りあ

る命を精一杯生かす責任を持っており、また仏の命の中にわが命を生かしていく道を求

めるべきことを願ったからであろう。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/10/12 06:02 】

命は第一の宝  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 命は第一の宝 富木尼御前御書① | ホーム | 命は第一の宝 可延定業御書① >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |