fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

厄と功徳 太田左衛門尉御返事②

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

太田左衛門尉御返事 おおたさえもんのじょうごへんじ
 
 
御辺ごへんは「今年は大厄」と云々。昔、伏羲ふくぎ御宇ぎょうに、黄河と申す河より

亀と申す魚、八卦はっけと申す文を甲に負って浮かび出でたり。時の人、この

文を取り挙げて見れば、人の生年より老年の終わりまで厄の様を明かし

たり。厄年の人の危うきことは、少なき水に住む魚をとびからすなんどが伺

灯の辺りに住める夏の虫の火の中に入らんとするがごとくあやう

鬼神ややもすれば、この人の神を伺いなやまさんとす。神内と申す

時は、諸の神、身に在って、万事心に叶う。神外と申す時は、諸の神、

識の家を出でて万事を見聞するなり。当年は、御辺は神外と申して、諸

の神他国へ遊行すれば、慎んで除災得楽を祈り給うべし。また木性の人

にてわたらせ給えば、今年は大厄なりとも、春夏のほどは何事かわたら

せ給うべき。至門性経に云わく「木は金に遇って抑揚し、火は水を得て

光滅し、土は木に値って時にせ、金は火に入って消え失せ、水は土に

遇って行かず」等云々。指して引き申すべき経文にはあらざれども、予

が法門は、四悉檀ししつだんを心に懸けて申すならば、あながちに成仏の理に違わ

ざれば、しばらく世間普通の義を用いるべきか。

 しかるに、法華経と申す御経は、身心の諸病の良薬なり。されば、経

に云わく「この経は則ちこれ閻浮提えんぶだいの人の病の良薬ろうやくなり。もし人病有ら

んに、この経を聞くことを得ば、病は即ち消滅して、不老不死ならん」

等云々。また云わく「現世安穏にして、後に善処に生ず」等云々。また

云わく「諸余しょよ怨敵おんてきは、みな摧滅さいめつす」等云々。取り分け奉る御守りの

方便品・寿量品、同じくは一部書いて進らせたく候えども、当時は去り

難きひまども入ること候えば、略して二品奉り候。相構えて相構えて、御

身を離さず、重ねつつみて御所持あるべきものなり。

【現代語訳】
 あなたは、今年は大厄だという。昔、中国の※ 1犠の時代に、黄河という河より亀とい

う魚が、八卦という文を甲羅に背負って浮き出た、その時の人が、この文を取り上げて

みれば、人の生まれた年より年老いて死ぬまでの厄の有様を明らかにしてあった。厄年

の人の危険な事は、少ししか水のない所に住む魚を、鳶や烏などが捕ろうとうかがい、

燈の近くに住む夏の虫が火の中に入ろうとするように危うい状態にある。鬼神がややも

すれば、この人の魂を悩まそうとうかがっている。「神内」という時は、諸々の神がそ

の人の体にいて、万事心にかなうようになる。「神外」という時は、諸々の神は意識の

家から外に出て万事を見たり聞いたりすることである。今年、あなたは、「神外」とい

って諸々の神が他国へ遊行して、あなたの身から離れているから、つつしんで除災得楽

を祈られるがよい。

 また、あなたは本性の人であるから、今年は大厄に当たっているけれども、春夏の間

は何事もない。至門性経には「木は金にあうと抑揚し火は水に消え土は木にあって瘦

金は火に入ると消え失せ、水は土にあうと流れない」と相性のことが書かれている。

さして大切に引用して言うべき経文ではないけれども、私の法門は人々を教え導く4つ

の法施の方法(時代・個人への対応・邪悪打破・真実の第一義の教化)を心がけて言う

ことであるから、しいて成仏の道理に違わなければ、しばらく世間普通の内容を用いる

のである。

 しかしながら、法華経というお経は、身体と精神の諸々の病気に効く良薬である。だ

から、法華経には「この経はすなわち世界の人の病の良薬である。もし人が病んだ時、

この経を聞くことを得れば、病はたちまち消滅して不老不死になる」などと説かれてい

る。また、「現世は安穏にして後生は善処に生まれる」とある。さらに、「あらゆる一

切の怨敵が皆悉く滅びる」ともある。取り分けてお守りとして方便品・寿量品を書いて

差し上げた。同じことなら法華経一部を書いて差し上げたいと思っていたけれども、現

在は大事な用もあり、時間もかかるので、略して二品を書き送った。必ず必ず身から離

さず、つつみ重ねて大切に所持してもらいたい。

【語註】

 ※1 伏犠:中国神話の三皇の一人。蛇身人面,牛首虎尾で、八卦をつくり、漁猟法を
          民衆に教えた聖王。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/10/21 05:32 】

厄と功徳  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 厄と功徳 太田左衛門尉御返事③ | ホーム | 厄と功徳 太田左衛門尉御返事① >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |