fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

厄と功徳 太田左衛門尉御返事③

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

太田左衛門尉御返事おおたさえもんのじょうごへんじ

 この方便品と申すは、迹門しゃくもんの肝心なり。この品には、仏十如じゅうにょ実相じっそう

の法門を説いて十界の衆生の成仏を明かし給えば、舎利弗等はこれを聞

いて無明の惑を断じ、真因の位に叶うのみならず、未来華光如来と成っ

て成仏の覚月を離垢世界の暁の空に詠ぜり。十界の衆生の成仏の始めは

これなり。当時の念仏者・真言師の人々、成仏は我が依経に限れりと深

く執するは、これらの法門を習学せずして、「いまだ真実を顕さず」の

経に説くところの名字ばかりなる授記を執する故なり。

 貴辺は、日来ひごろはこれらの法門に迷い給いしかども、日蓮が法門を聞い

て、賢者なれば本執をたちまちにひるがえし給いて、法華経を持ち給うのみ

ならず、結句は身命よりもこの経を大事と思しめすこと、不思議が中の

不思議なり。これはひとえに今のことにあらず。過去の宿縁開発せるに

こそ、かくは思しめすらめ。有り難し、有り難し。

 次に寿量品と申すは、本門の肝心なり。またこの品は、一部の肝心、

一代聖教しょうきょうの肝心のみならず、三世の諸仏の説法の儀式の大要なり。教

主釈尊、寿量品の一念三千の法門を証得し給うことは、三世の諸仏と内

証等しきが故なりただしこの法門は釈尊一仏の己証のみにあらず

諸仏もまたしかなり。我ら衆生の無始已来六道生死の浪に沈没せしが、

今、教主釈尊の所説の法華経にい奉ることは、乃往ないおう過去にこの寿量品

の久遠実成の一念三千を聴聞せし故なり。有り難き法門なり。


【現代語訳】

方便品・寿量品の大切さ

 この方便品というのは、法華経の迹門(人々を救う仏の足跡をのべた法華経前半の14

品)の中の肝心かなめである。この方便品には、仏が諸法の真実の相を十如にわける、

十如実相の法門を説いて十界(地獄餓鬼畜生修羅声聞縁覚菩薩仏)

の衆生が成仏することを明らかにされた。それで、舎利弗等はこれを聞いて無明煩悩の

迷いを無くし、仏となれる最初の段階に達し得たのみならず、未来には華光如来となっ

成仏の覚月は煩悩の垢を離れし世界の暁の空に輝けりと詠じたのであるこれが、

十界の衆生が成仏する始めである。

 現在の念仏者や真言師の人々が、成仏は自分たちの拠り所とする経に限るなどと深く

思い込んで固執するのは、これらの法門を習学せずに、「40余年間の経にはいまだ真実

を表わさない」経に説く名ばかり文字ばかりの授記(成仏の証明)の言葉に執われてい

るためである。

 あなたは、日頃はこれらの法門に迷われていたけれども、日蓮の法門を聞いて、賢者

だから、たちまちに今まで執われていた誤った考えをひる返されて、法華経を信じたも

つのみならず、ついには身命よりもこの法華経を大事と思われるようになった。この事

は不思議の中の不思議である。これはまったく、今生の事によるものではない。過去の

世で結んだ宿縁がこの世で開発されたことによって、このように思われるようになった

のであろう。まことにあり難い、あり難きことである。

 次に寿量品というのは、法華経本門(仏の生命の永遠さをあかす法華経後半の14品)

の肝心かなめである。この寿量品は、法華経一部ぜんたいの肝要の心であり、釈尊が一

代にわたって説かれた聖なる教えすべての肝要の心であるのみならず、三世の諸法が説

法される儀式の大要なのである。教主釈尊が、寿量品の示す一念三千の法門(永遠なる

仏に抱かれる衆生救済の心)を悟り得られたことは、三世の諸仏が心の内に悟ったもの

と等しかったためである。ただし、この法門は釈尊一仏が自己のうちに悟ったのみでは

なく、諸仏もまたこの悟りを得たのである。

 われら衆生は、はるか昔よりこのかた六道(地獄より天にいたる世界)における生死

の海の波の中に沈没してきたが、今経主釈尊の説かれた法華経に値いたてまつることが

できたのは、昔、過去の世において、この寿量品の説く、仏のいのちの永遠さを信じる

ことによって凡夫もまた久遠に生きられるという一念三千の法門を聴聞したことがあっ

たためである。まことにあり難き法門である。(つづく)





↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/10/24 05:38 】

厄と功徳  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 厄と功徳 太田左衛門尉御返事④ | ホーム | 厄と功徳 太田左衛門尉御返事② >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |